いきいきフィットネスライフ 代表 森口尚子
もりぐちなおこ

森口尚子

新潟県生まれO型
職業:いきいきフィットネスライフ 代表
趣味:フラ・テニス・仏閣神社巡り
座右の銘:人生、無駄なし。

東洋女子短期大学 欧米文化学科卒業。新卒でソニー株式会社に入社し、主に秘書として7年半勤務。エアロビクスダンスインストラクターの資格を取得した後、フリーランスのインストラクターとなる。2018年4月、いきいきフィットネスライフを開業。「今日も、明日も、元気つづけ!」を理念に、介護施設や企業、地域ケアプラザ等で、オリジナル椅子体操「ナイス体操」を軸とした出張エクササイズ指導を展開。体操振付師としても活動し、 振付制作やオリジナル体操の考案、監修も担っている。2019年9月、株式会社リンクの「ビズテル体操」で、振付考案・監修・モデル出演を果たし、現在全国タクシー内で放映されている。「健康で自活するために!ナイス体操」(自社初のDVD)と、「森口尚子のナイス体操 ~座ってできる有酸素運動~」(販売元 : 株式会社GOBOU)が好評発売中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

31歳の頃、某企業で、体力測定ならびに健康習慣アドバイス、椅子体操を担当していました。当時、座って行う体操で、参加者に効果を実感してもらえるのかと不安でしたが、改良を重ねるにつれて、肩や腰が楽になったり、倦怠感が和らいだり等、心身のリフレッシュに繋がる、身体によい変化をもたらす体操に変わっていきました。椅子体操の無限の可能性を感じた私は、運動強度を変化させる構想を思いつくと、介護施設向け、企業向け、親子向け等、体操の種類と共に、活動の場も広がっていきました。誰でも気軽に、座ったままできるナイス体操を軸とした事業で、人々の健康を支援し、健康寿命の延伸に貢献したいと開業し、現在に至ります。

現在の仕事への想い

幼い頃より、マラソン、合唱、硬式テニス等、目標や楽しみを持って生活してきました。目標をクリアした先に広がる新しい可能性を信じ、一心不乱に挑戦することで鍛えた心と身体が、いつも私を支えてくれました。いつも私のやりたいことを応援してくれた家族と、切磋琢磨した良き友人に恵まれたこと、いまでも大切な思い出です。実は、会社員時代に通ったインストラクター養成講座の講師に、言われた衝撃の言葉があります。「見た目と指導のギャップを、埋めなさい」この言葉は、私のインストラクター人生において、常に悩みの種でした。見た目は、いいレッスンをしてくれそうな講師。だが、実際は能力が伴わない、期待に添えられない講師。見た目と指導のギャップを埋めるためにもがき続け、鏡の前で何度も練習を重ねたり、他の講師のレッスンに参加したりして、よりよい指導を学び続けました。そんな時、家族から「実力は経験を重ねないと身につかないし、焦らなくていいのでは?」と言われ、肩の力を抜くことができました。また、友人からも「尚子の笑顔は無条件に人を元気にする力がある」と言われ、やみくもに技術を学ぶのではなく、自分らしく伝えていくことにシフトした、私らしいフィットネスを提供しよう!と思うようになりました。それから自然と、活動の場が広がっていきました。今の私が自分らしくいられるのは、家族や友人をはじめ、活動を応援し、支えて下さっている全ての皆さんのおかげだと、心から感謝しています。ナイス体操を軸とする当社の事業で、心も身体も前向きに、いきいき活力あふれる人を増やして、人々の健康寿命を延伸へ導くこと。これこそが、自分の使命です。そして、一人ひとりの描く健康、そして明るい未来「いきいきフィットネスライフ」へ、お役に立てれば幸いです。

あなたにとって覚悟とは

一番の覚悟の瞬間は、自分が最も輝けることを仕事にすると決め、ソニーを辞める決断をした時です。20歳の時に、社内の施設で体験したエアロビクスは、簡単な動きでも気持ちよく汗がかけ、心身リフレッシュできるなど、とても衝撃的でした。もともと身体を動かすことは好きでしたが、仲間やその場で初めて会った人たちと心を一つに、一緒に動いて楽しめるエアロビクスを、私も創り出したいと思うようになりました。会社に通いながらエアロビクスを基礎から学び、講師資格を取りました。周りからは、“あんな良い会社、どうして辞めたの?”と言われましたが、辞めることに迷いや後悔は一切ありませんでした。フィットネスの知識を学ぶ度に、伝えたいことがどんどん増えていきます。この素晴らしいエアロビクスをはじめとするフィットネスの理論の学びを生かし、健康で活力溢れる人を増やしていけるこの職に就く覚悟を決めたことを、とても誇りに思っています。

カッコイイ大人とは?

「どんな状況でも、相手への感謝と敬意を忘れない大人」がカッコいい大人だと考えます。いつも私が目指している姿です。新型コロナウィルス感染拡大の影響で、多くの方が心身共に疲弊した日々を過ごしています。私も数ヶ月失業しました。健康でいきいき活力あふれる人を増やし、健康寿命の延伸に貢献したいと活動していましたが、何もできず、無力な自分を憂う日々でした。それでも、地域の事業家仲間や友人に励まされ、できることをコツコツとHPやSNSで発信することにしたのです。緊急事態宣言下で着手した、ナイス体操の生配信。オリジナルDVDの制作。そして、クラウドファンディングの挑戦と成功。一人では成しえないことを、多くの方のご協力と後押しで実現でき、とても幸せです。辛い時、苦しい時、どうしても自分を見失いがちです。ですが、自分の軸を持ち、どんな状況でも相手への感謝と敬意を忘れず過ごすことが、互いの支え合いと発展に繋がると信じています。

今後の展望

全国で浸透している「ラジオ体操」と並ぶ、国民に愛される「椅子体操」の制作を行いたいです。椅子を使ってできる体操やトレーニングは、未知数です。私自身、まだ発見できていない手法もあり、可能性にあふれています。座って気軽に始められる健康づくりとして、もっと多くの方にナイス体操を体験し、実践してもらえる活動をしたいと考えています。そのために「全国椅子体操連盟」(仮称)を立ち上げ、椅子体操の全国マニュアルを作成し、多くの自治体や企業様で活用していただけるような物の制作も検討したいです。また、既に何社か納品していますが、従業員の健康づくり、生産性の向上の一環として、企業オリジナル体操の制作も、進めていきたいです。夢はいろいろありますが、椅子体操で人々の健康を支援し、健康寿命の延伸へお役に立てる活動を続けたいです。一人ではアイディアに限界があるので、有識者のお知恵を頂きながら進めていけたら嬉しいです。

若者へのメッセージ

「自分の可能性を信じよう!」ナイス体操の出張指導でとても印象的だったのは、まだ指導の経験が少ないなかで、介護施設で介護度の高いご入居者のレッスンを担当したときです。職員の声掛けにあまり反応しない方も、私がレッスンに伺うと、「1、2、1、2」と声を出したり、一緒に動いたり、手をたたいて喜んでくれたりしました。最後、レッスンの感想を伺うと、「先生の笑顔で、元気になれた!」「みんなで笑って、動いて、楽しいね!」「次はいつくるの?待ってます!」との言葉をいただき、とても感激しました。参加者の反応は、活動を続ける上でとても励みになりました。いきいき活力あふれる人を増やし、健康寿命の延伸に繋がる活動をすることが、私の使命になりました。何事も前向きに取り組んでいけば、自分にプラスとなる効果が返ってきます。それが、人生をより豊かにする、生き甲斐に変わっていきます。どんなときも、自分の可能性を信じましょう!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

作曲家 澤野弘之

作曲家
澤野弘之

チアリーダー 柳下容子

チアリーダー
柳下容子

元総合格闘家 髙田延彦

元総合格闘家
髙田延彦

お気に入り

企業カラーのスカーフ

亡くなった母方の祖母の形見です。大好きなブルーとピンクの配色で、仕事ではいつも身に付けています。ブルーとピンクは、いきいきフィットネスライフのコーポレートカラーになりました。いつも祖母が見守ってくれていると信じて、今日もスカーフに力をもらっています。

スーツケース

着替えやオーディオ等持って運ぶのに欠かせないスーツケースです。コンパクトな割に沢山物が入り、形も可愛く気に入っています。2年前に購入したものですが、既に3回修理に出しています。あちこち連れてあるくので、すぐキャスターが故障してしまいますが、私の大切な相棒です。