岡山県 知事 伊原木隆太
いばらぎりゅうた

伊原木隆太

岡山県生まれAB型
職業:岡山県 知事
趣味:テニス、ゴルフ、スキー、アルト・サックス、料理
座右の銘:常識というものは成人するまでに身につけた偏見のコレクションである

90年東京大学工学部卒業後、外資系経営コンサルティング会社入社。
米スタンフォード大学でMBA取得後、96年天満屋取締役。
98~2012年社長。12年11月岡山県知事就任(現在2期目)

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私が中学生になったときに、祖父(伊原木伍朗)の人生を詳しく知り、官僚にも弁護士にもなれる資格を持ちながら、あえて事業家の道を選び、結果的に戦後、岡山の復興に貢献した祖父は私の誇りでした。自分も祖父のように社会全体をよくしたいと思うようになり、ビジネススクールで学んだことや民間企業の経営者としての知識や経験を行政で生かし、皆さんが豊かな生活を送れるよう岡山の経済を成長させたいと考えました。また、経営者として実績を積んだ同級生が広島県知事に当選し、経営者と知事の仕事は共通点が多いと教えてくれたのも後押しになりました。

現在の仕事への想い

常日ごろから県の施策においても、「できる限り小さく産んで、うまくいったら大きく育てる」ということが、リスクを少なくし、成果を大きくするコツだと考えています。それぞれの場所でうまくいった例をできるだけ早く知ることによって、いい取り組みを広げていく。自分たちが考えたことでないから知らないではなく、ほかの県や業界が始めたことであっても、よさそうなことに関しては、好奇心を持ち、小さいことであれば失敗しても、別に大丈夫との気持ちで、いろいろ試してみることが大事であると思っています。

あなたにとって覚悟とは

スタンフォード在学中、ニューヨークの銀行にも就職が内定しているなかで、父親の仕事を手伝うため、岡山に戻ってきてもらいたいと母親から言われ、友人のアドバイスなどもあり、岡山に戻ることを決心したときです。

カッコイイ大人とは?

小林陽太郎。国際派の財界人として知られる経済会のリーダー。各国からも一目置かれ、日本で何が起こっているのかは、この人に聞けばわかると信頼も高かった。国際的にも活躍され、カッコイイ方だと思います。

今後の展望

目標は大きく2つ、経済の活性化と教育の再生です。これらはいずれも、岡山県の限りない発展の礎となるものであり、既存の枠組みに決してとらわれることなく、あらゆる手段にチャレンジし、成功事例を生み出していきたいと考えています。社会保障関係費の増加や世界経済の動向など、懸念材料の多い県財政において、これらの現状を打破し、将来への不安を払拭することで、私の夢でもある「生き活き岡山」、つまり、「すべての県民が明るい笑顔で暮らす岡山」が実現できると考えています。

日本を背負う若者へメッセージ

次代を担う若者の皆さんには、社会を構成する一員として自分に合った役割を担おうという自立への意欲を持っていただき、失敗を恐れず挑戦し、働くことを通じて自己実現を図り、社会に貢献することに誇りを持っていただくことを期待しています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元シンクロナイズドスイミング選手 青木愛

元シンクロナイズドスイミング選手
青木愛

順天堂大学医学部心臓血管外科教授 天野篤

順天堂大学医学部心臓血管外科教授
天野篤

元ラグビー日本代表 大畑大介

元ラグビー日本代表
大畑大介

お気に入り

腕時計

前職の天満屋社長時代にそれまでの最高益を出し、翌年、それを更新したときに、自分へのご褒美も兼ねて購入したものです。

キーケース

結婚時から使用しており、中には妻と娘の写真を入れています。