覚悟の瞬間(とき)

スポーツ庁 長官 鈴木大地
すずきだいち

鈴木大地

千葉県生まれO型
職業:スポーツ庁 長官
趣味:子供とあそぶ
座右の銘:挑戦

競泳選手として1984年ロサンゼルス、1988年ソウル五輪に出場。ソウル五輪では男子100メートル背泳ぎで、日本競泳界16年ぶりの金メダル。順天堂大学大学院を卒業後、米コロラド大学ボルダー校客員研究員、ハーバード大学のゲストコーチなどで留学を経験。2007年には順天堂大学で医学博士号取得し、2013年同大学教授。2013年には日本水泳連盟会長、日本オリンピック委員会理事に就任。2015年10月よりスポーツ庁長官(現職)。また2016年10月にはアジア水泳連盟副会長、2017年7月には国際水泳連盟理事にそれぞれ選任された。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

就任のオファーを戴いてから、尊敬する人生の先輩に相談をしました。そのやりとりの中で、自分がこの仕事に就くべきではないかと自ら決断しました。スポーツの魅力を多くの人に伝えていくことにやりがいを感じたわけです。当時、水泳連盟の会長をしていましたが、「水泳人の前に日本人である。水泳界だけでなく、スポーツ界のため日本のために自分なりにできることをしてみたい、挑戦してみたい」と思いました。国のために働けることに誇りを感じましたし、スポーツの力、スポーツの価値については関係者であればよく認識していることであると思いますが、それを多くの国民に理解してもらい、広くその力や価値を認めてもらいたいと考えました。特に2020年自国開催のオリンピック、パラリンピック大会時に競技力向上を含めたスポーツの仕事に従事できることは何よりの幸せと考えています。

現在の仕事への想い

一言で言うと、国の発展に尽くすことが重要だと思っています。国家公務員という身分にあって、常に大局観を持ち、日本に資する仕事ができるよう心掛けています。スポーツを通じて国をどう発展させていけるのかを常日頃から考えるようにしています。スポーツは一部の競技者だけのものではなく、 多くの人に開かれたものでないといけません。小さいお子さんにとってのスポーツ、障害のある方にとってのスポーツ、お年を召した方にとってのスポーツ。都会に住む人にとってのスポーツ、地方に住む人にとってのスポーツ。それぞれの立場の方にとって、「スポーツって最高!」と実感してもらえるような仕事をしていきたいと思っています。

あなたにとって覚悟とは

何度か覚悟の瞬間が人生においてあったかと思います。オリンピック出場を目指そうと思った瞬間。大学進学先を決定したとき。オリンピックの決勝を前に自らの作戦の変更を決断したとき。今回のスポーツ庁長官のオファーを受けようと思ったときが覚悟の瞬間ではなかったでしょうか。自分がなぜ生きているのかについて考え、自分の生き方について見つめ直し、自分の使命を意識したときに、覚悟を決めることができると思います。

カッコイイ大人とは?

人生をたのしんでいる大人ですかね。家族、仕事、社会を大事にしているバランスよい生き方をしている大人がカッコイイ大人だと思います。

今後に向かって

先程と繰り返しになるかもしれませんが、スポーツ庁在職中に、"スポーツの力"を増して、"スポーツの価値"を上げていくことです。また、日本で開催される2019年ラグビーW杯、2020年東京大会、2021年ワールドマスターズゲームズ関西を成功させながら、日本中でスポーツに興味関心を持つ人が増え、健康で活力ある国にしていくことです。

若者へのメッセージ

若い人にお伝えしたいことは、皆さんの未来は可能性に満ちたものであるということです。自分がどういう人生を送りたいのか?そのために何をすべきかよく考えていただきたいと思います。といっても、いきなり答えを出すのも簡単ではないかもしれません。よい本と出会い、よい音楽を聴き、よい映画を見て、見知らぬ所を旅し、いろいろな人と会話をすることで自分の人生が何のためにあるのかを理解することでしょう。今、ある環境の中で、常にベストを尽くしながら、人生を楽しんで欲しいと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

声優 三ツ矢雄二

声優
三ツ矢雄二

元プロ野球選手 黒木知宏

元プロ野球選手
黒木知宏

ダンスアーティスト ケントモリ

ダンスアーティスト
ケントモリ

お気に入り

スニーカー

たまたま入ったお店でたまたま見つけたスニーカーです。履いてみるとなかなか履き易くてお気に入りの一足です。

チューブ

空いた時間に使用しています。肩周辺のストレッチと筋力の維持向上に欠かせません。