美容家・タレント IKKO
いっこう

IKKO

福岡県生まれA型
職業:美容家・タレント
趣味:韓国ドラマ鑑賞・韓国屋台等の動画鑑賞・ウォーキング
座右の銘:常識の角度を塗り替える

19歳で上京。美容室に住み込みから始まり、27歳でヘアメイクのフリーランスの世界へ。30代でアトリエIKKOを主宰。数々の女性誌の表紙をはじめ、テレビ・CM・舞台などのヘアメイクを通じ『女優メイクIKKO』を確立。41歳でテレビの世界へデビューし、45歳「どんだけ~」で大ブレイク。2008年女性誌「マリ・クレール・ジャポン」にて初の人物賞を受賞以降、多くの賞に輝く。中でも2009年にはBBクリームの経済効果を表彰され、韓国で最も権威のある賞のひとつ「ソウル観光大賞」を受賞。50代を機に美容のみならず、書道、着物を通じ各分野で数々の賞を受賞。近年では「ベストフォーマルウェアアワードKimono Queen」を2年連続受賞。特に昨年は美容家としての実績を認められ、@cosme主催の『BEAUTY PERSON OF THE YEAR 2020』を受賞。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

母が美容室を経営しており、その空間が私の一番の落ち着く場所でした。そこから、美容師を目指し、19歳の頃に九州から上京し、8年間美容師に従事しました。その後、27歳で女性誌やファッション誌などの撮影の世界に飛び込みました。そこで、女優さんなどのメイクを通して、徐々に美容家としての一面を少しずつ確立していき、化粧品や美容グッズのプロデュースを手がけるようになりました。

現在の仕事への想い

相手の喜ぶ顔を想像しながら仕事を進められているかが重要だと考えています。成功は相手は喜んで頂くというところにしか存在しません。相手に喜んでもらうためには、自分の軸をしっかりと持っているかどうか。その軸の1つが「礼儀」です。いつも綺麗にしていくことが美容家として大事にしていることで、いかにその年代の自分と向き合い、自分なりの礼儀を持って相手を向き合えているかを大事にしています。

あなたにとって覚悟とは

1度目の覚悟が、19歳の時に九州から住み込みで上京したことです。その際に、母から「あなたの人生なんだから、あなたの思うように生きなさい。ただ、自分で決めた人生なんだから、何があっても最後まで貫きなさい。私はそれまで1円の援助もしない」という言葉を受け、成功するまで地元に戻ってこないという覚悟で上京をしました。2度目の覚悟が、8年間美容師として働き、今まであった環境やお給料を捨てて新しく0から始めたことです。その際に家具やものを捨てることで全てをリセットしました。3度目の覚悟が美容家として生きていきたいと確信を得た時です。ビジネスマネジメントの事務所に入り、そこから、美容家として商品開発や韓国、ハワイ、沖縄での活動を増やしていきました。その際の覚悟は「プライベートを捨てること」。美容家という1つのことに懸けたのがこの時でした。

カッコイイ大人とは?

思いやりのある大人がかっこいい大人だと思います。「時に厳しく、時には優しく」その両方を兼ね備えた人間です。そして、「守破離」の精神を持った人が素晴らしいと考えています。基本をしっかりと身につけた人、それでいて、きちんと自分のものとし、それを自分の形へ変化させることができる人です。

今後の展望

不老⻑寿の女性になっていきたいです。若作りをするという意味ではなく、不老⻑寿の肌の持ち主だったり、生き方を美容家として実践していきたいと思います。そして、美容家として商品や知識を、いかに消費者へ簡単に興味深く伝えていくことができるかが永遠の美容に対する勉強だと思っています。自分が勉強したのをそのまま伝えるのではなく、より深く、いかにメリットがあるものなのかを伝えていくことが大切です。

若者へのメッセージ

新しい世界に飛び込んでいく機会が皆さんあると思います。その際、若い皆さんの目の奥にある輝きやフレッシュさを味わえる一瞬の時だと思います。私も新しい一歩を踏み出す方々を見て、私もそんな時もあったなと自分を鼓舞するきっかけにもなっています。若いからといって人を感動させることができないということは全くなくて、若いからこそできることがあると思います。そのためにも、今あるその目の輝きを持ち続けて頑張ってください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

プロライフセーバー 飯沼誠司

プロライフセーバー
飯沼誠司

タレント パンチ佐藤

タレント
パンチ佐藤

ゴルフツアープロコーチ 谷将貴

ゴルフツアープロコーチ
谷将貴

お気に入り

まな板

一人暮らしを始めたときから長年使っていたまな板です。思い出として、こういう時代もあったと当時を振り返ることができる私の宝物です。

エルメスのクロコのバーキン

30代の時に、本物が知りたい、一流に触れるために購入していたエルメスの中でも、特に思い入れの強いクロコのバーキンです。将来、歳を重ねてもずっと使い続けることのできる一生物です。