NPO法人永代供養推進協会 代表理事 小原崇裕
おはらたかひろ

小原崇裕

東京都生まれA型
職業:NPO法人永代供養推進協会 代表理事
趣味:読書
座右の銘:過去を追わず、未来を願わず

亜細亜大学法学部卒業。銀行業界新聞記者から独立、教育系業界出版社経営を経て、2002年にNPO法人永代供養推進協会を設立し、代表理事に就任。無料仏事相談を窓口にして、一般市民の立場からお墓、葬儀、永代供養等のアドバイス、支援活動を行っている。相談実績は2万5千件以上。2012年に僧籍を持ち、僧侶としても活動している。著書に『安心できる永代供養墓の選び方』(草思社)

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

人の役に立って生きていければという思いをずっと抱いていました。一般市民とお寺のかかわりにおいて、立場が同等ではなく、お寺、僧侶に対して聞きたいこと、確認したいこと、説明したいこと等が言えないままの人が多いことから、お寺と一般市民の間の架け橋となり、一般市民の立場で役に立ちたいということで始めました。お寺、僧侶は一般市民に対して上から目線での対応が多く、仏事のことで困惑したときに、わからないこと、確認したいこと、不満なこと、納得できないこと等を解消、払拭できないまま、お寺、僧侶への不満を募らせている人が多いのが現状です。ですから、そんな一般市民に対して一般市民の立場、心、気持ちに寄り添ってわからないこと、不安なことを解消、払拭することに努めています。僧侶としてお勤めをするときも、同目線で仏様の教えを伝える役目、真の僧侶のあり方を身をもってしています。

現在の仕事への想い

老若男女全ての人に対して同目線で、自分という人間、人間性、持ち味、持ち合わせている知識、知恵、笑顔全てを惜しまず活用して、感謝される活動を心がけています。人間対人間の自分の分野の仕事なら大資本、大組織に負けないと自負しております。

あなたにとって覚悟とは

借金まみれのとき、持ち合わせのお金を全てつぎこんで手掛けたことが失敗したとき等いろいろと経験しましたが、人生はやり直しはできなくても、見直しはできます。今は思うがままにならなくて当たり前、人生には上り坂、下り坂、まさかがある。今を大事にして、焦らず、1日1日を「一日一生」として反省はしても悔いのない1日を生きています。

カッコイイ大人とは?

やろうと思ったことを、成功するしない関わらず覚悟を決めてやる人です。特に尊敬していたのは父親です。高校受験の際は、どの高校に入ってもその中で実力をつければいいと言ってくれ、進路を決める際は、何になってもいいがその代わりトップになれと選んだ道でベストを尽くす大切さを教えてくれました。職人、料理人、画家、経営者、事業主、自分の力で勝負して自分を誇りとして生きている人は全てカッコイイと思っています。

今後の展望

仕事を増やしたいです。無償の活動、有償の活動、仕事の両方が私のお勤めで、生計がなりたつ限りは無償、有償の区別はありません。潤沢な資金が必要な時に資金が用意できるように、活動、仕事を拡大していきたいと思っています。

若者へのメッセージ

遊びでも仕事でも自分のやれることしかできないのだから、やりたいことはやるべき。困難が生じたら、立ち止まって遠くを見てまだまだ先は長い、焦っても仕方ない、どうにもならない、ゆっくり行くしかないという気持ちに切り替える。思った以上に順調な時は、遠くを見て期待を膨らますのではなく、足元を見てすべきことをエラーしないようにするといいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

バレーボール選手 清水邦広

バレーボール選手
清水邦広

プロビーチバレー選手 草野歩

プロビーチバレー選手
草野歩

アテネ五輪・競泳メダリスト 中西悠子

アテネ五輪・競泳メダリスト
中西悠子

お気に入り

ストール

おしゃれの必須ツールとしています。

作務衣

遊び着、仕事着(僧侶のお勤め以外の)、普段着として常時、オール愛用。ストールでおしゃれ、センスアップもできるうえ、丈夫なので1年中愛用で手放せない物です。