覚悟の瞬間(とき)

宮崎工務店 経営者 宮崎良太
みやざきりょうた

宮崎良太

神奈川県生まれB型
職業:宮崎工務店 経営者
趣味:釣り、スノーボード
座右の銘:人は財産

福井県出身。敦賀工業高等学校卒業後、福井ダイハツに入社。一年後に退社し、神奈川県に上京。建築業界に入り、10年間経験を積んだ後独立。建築工事、リフォーム関連事業を主に行う。お客様一人ひとりが思い描く心地よい暮らしを叶えるため邁進中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

どこの現場に行っても現場監督がやることはほぼ同じで、現場を見ることや人の手配をしたり、材料の手配をしたりすることが主な仕事です。その中でも理不尽なことがどの会社も多いと思います。しかし、誰しもが嫌な気持ちで仕事をすると作業に出ると思うので、それなら「自分で会社を作ればいいんじゃないの」と思い始めました。最初から最後まで自分たちで作っていくことが面白いと思います。できたときに直にお客様から感謝をもらえるところも魅力だと思います。

現在の仕事への想い

壁や天井など、大きさも違えば形も違うので、なるべく理想に近づけるように努力しています。お客様は実際に見たものをイメージしてオーダーされますが、自分たちは写真などで見る形になるので、根掘り葉掘りイメージを伺い、汲み上げるようにしています。意識というよりはそこから現場が始まっていると思います。打ち合わせがしっかりとできていないと、理想と全く違ったものができてしまうので、お互いに近づけていけるよう「会話」を心がけています。

あなたにとって覚悟とは

自分を信じてついてきてくれている人を「大事に守っていく」ことです。守るためのやり方は福利厚生や給与、ボーナスを上げるなど色々あります。しかしそれだけではなく、社員である以上実力も伴わないといけないですし、会社が家族だけを守るというだけではなく、社員が知識を付けてより色々なことをできるようになってもらうことが、結果的に家族を守ることに繋がるのではないかと思っています。なので社員教育にも注力しています。

カッコイイ大人とは?

「素直に言える人」がカッコイイと思います。誰しもミスは起こそうとしなくても起こしてしまうと思います。しかしそれを誰かのせいにしたり、隠したりというのは嫌なので、怒られるのはしょうがないと割り切って、その後の対応をきちんとすることが大切だと思います。怒られても最初の勇気が必要になると思うので、嘘をつかずに素直に言える人がカッコイイです。

今後の展望

55歳くらいで引退したいと考えています。それに向かって、会社を更に安定させないといけないというのがあるので、それが目標です。今は自社で仕事を獲得していく部分や社員を育てていく部分において、自分が表立って話をしますが、今後は更にそれを若手にも教えていかないといけないですし、自分で考えて要望などを誠実に応えていけば返ってくるという考え方を大切に、技術だけではなく考え方の部分でも教育に力を入れていきます。

若者へのメッセージ

自分がやった行いは今後自分に返ってきます。どういう風なことを行って、どういう風に生きていくかは正直若いときは分からないと思いますが、こういう風にやりたいと思ったら、精一杯取り組むことが大切だと思います。頑張ってください!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ヴァイオリニスト 木嶋真優

ヴァイオリニスト
木嶋真優

国立ファーム 代表 高橋がなり

国立ファーム 代表
高橋がなり

東京外語大学教授 伊勢崎賢治

東京外語大学教授
伊勢崎賢治

お気に入り

携帯

息子の携帯カバーです。

時計

大切にしている時計で、いつも身に着けています。