税理士法人テラス 代表税理士 笠浪真
かさなみまこと

笠浪真

京都府生まれ
職業:税理士法人テラス 代表税理士
趣味:ウィンドサーフィン、マラソン
座右の銘:三方よし

1978年生まれ。京都府出身。藤沢市在住。4児の父。税理士・行政書士・MBA/滋賀大学経済学部卒業、慶應義塾大学大学院 医療マネジメント専攻 修士号。大学卒業後、大手会計事務所・法律事務所等にて10年勤務。税務・法務・労務の知識とノウハウを習得して、平成23年に独立開業。現在、総勢30名のスタッフを抱え、クライアント数は法人・個人を含め300社を超える。息子が交通事故に遭遇した際に、医師のおかげで一命をとりとめたことをきっかけに、今度は自分が医療業界へ恩返ししたいという思いに至る。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

学生時代、父の会社が倒産し、連帯保証人となっていたために自宅を差し押さえられるという苦境に立たされました。その少し前には阪神・淡路大震災を経験しており、その際、「会社は、震災や景気の影響で立ち行かなくなることもある。それなら何か手に職をつけよう」―そう思ったことが、今の道に進む第一歩でした。まずは、どうすれば自宅差し押さえを回避できたのかを知りたいと思い、税理士を目指しました。最初は会計事務所で税理士の基礎業務を、その後は法律事務所でも実務経験を積み、30歳で税理士となりました。その後、事業再生コンサルティングをメイン事業とする税理士法人、そして再度原点に戻るべく大手税理士法人に勤めました。複数の事務所で働いて学んだことは、「お客様が抱える問題は、税理士だけでは解決できない」ということでした。弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士…さまざまな専門家が必要になってきます。私は税理士と行政書士の資格しかありませんが、異なる業種の事務所での実務経験から、誰に何を相談すればよいのかを正しく判断できる。自分が窓口になれば、おおよそ裁判以外はすべて解決できると確信し、「会計・税務・法律系アドバイザー」として、起業を決意しました。開業後、経営方針として医療に舵を切ったのは、息子の交通事故がきっかけです。人の命を預かる医師という素晴らしい仕事に感銘を受け、医療に恩返ししたいという思いに駆られました。税理士という仕事の先に、人の命を助けるという医師の大義があることで、新たなやりがいを見出しました。様々な経験を経て、最後に1本の進むべき道になったと思っています。

現在の仕事への想い

自分の仕事の原点は、「医療業界に恩返ししたい、良くしたい」という思いです。自分が持つ税理士、行政書士、会計と法律の経験と知識、そして大学院の医療マネジメント部で学んだ最前線の医療知識と、弁護士や司法書士といった専門家の人脈を使って、医院経営全般のあらゆる問題を解決する窓口でありたいと思っています。医師・歯科医師の先生方が、ヒト・モノ・カネといった経営にまつわる問題に煩わされることなく診療に専念できる体制を整えることで、医院に利益は自然と生まれてきます。その利益を、スタッフや環境(医療機器や設備)に還元することが、一人でも多くの患者さんを救うことにつながります。医療の原点に、税理士という立場から自身も携われることに、やりがいと喜びを感じています。

あなたにとって覚悟とは

経営方針を「医療専門」に決めたときです。当時は6,7人体制で、それなりの数の案件をこなしていけば、家族を養っていけるくらいの利益は出ていました。ですが多くの医院を支えていくとなると、20人、30人の体制が必要になる。それだけの社員を抱えるということは、社員の家族も養っていくことになりますし、自分自身も、自分の時間を最大限に捧げる必要が出てきます。そのときが人生の覚悟を決めた瞬間です。そこで得たものの中で大きいのは、やはり自分のやりがいですね。税理士というと「節税、節税」と言われるばかりで、どうしてもモチベーションが下がりがちになります。「医師を支えることで患者さんを救う」という社会的意義を見出せたことが最大の成果です。医療専門と決めてからは組織も順調に拡大し、医師の信頼も得ている感じています。自分の方向性は社会的にも受け入れられ、間違っていなかったと思っています。

カッコイイ大人とは?

仕事上、多くの開業医の先生方と接していますが、ドクターはやはりカッコいい方が多いですね。開業医というと華やかなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、私利私欲に走る先生はほとんどいません。病院の勤務医ではなく、開業医、そして経営者として、リスクを全て背負い、自分の目指したい医療を実現する。そして、人の命を救うという大義を持っている。医療専門に舵を切ったのは、そんな開業医の先生方の魅力にひきつけられた部分もあると思います。カッコいい大人になるために大事なのは、やはりそこに社会的意義があるのかどうか。理想に近づくためには、自身の座右の銘でもある、「三方よし」の理念が必要なのだと思っています。

今後の展望

今の組織は、自分が思い描いていた規模・体制に近づいてきており、多くの開業医の先生方をサポートさせていただいています。しかし、自分たちだけでできることには限界があると感じています。全国に困っている開業医の先生方はたくさんいるのに、税理士業務は人が絡む仕事ゆえに、限定的なエリアでしか活動できていません。目標は、自分と同じ理念を持つ税理士を、全国に増やすこと。同業である税理士に、勉強会や教育・研修などを通じて、啓蒙活動をしていきたいと思っています。自分の理念に賛同してくれる協会のようなものを作るのもいいですね。あとは、医療業界を良くしていきたいという目的のもと、医療機関をサポートする会社(医療機器や内装、HP業者、銀行やコンサル、社労士など)で集まり、異業種勉強会を行うなどして、開業医の先生方をサポートする体制をもっともっと整えていきたいです。

日本を背負う若者へのメッセージ

自分の行動に、社会的意義があり、社会貢献ができているかをぜひ考えてほしいです。これから日本はどんどん高齢化社会になっていき、医療・福祉はどの分野でも最重要課題になっていきます。人間は誰でも老い、いずれ亡くなっていくものですが、自分が年老いて、患者になったときに、安心した医療を受けられる国であってほしいというのは、誰もが願うこと。医療業界にも、AIという技術、クラウドといった概念がどんどん入ってきています。ぜひ若い方にも積極的に関わってもらい、体制を整えることに力を貸してもらえたら嬉しいですね。その中でも、私を知っていただいた皆様に、「税理士でもこういうことができるんだ」と思い、目指してくれる人が増えるといいなと思っています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元格闘家 武蔵

元格闘家
武蔵

岡山大学病院 心臓血管外科長 佐野俊二

岡山大学病院 心臓血管外科長
佐野俊二

衆議院議員 長島昭久

衆議院議員
長島昭久

お気に入り

電卓

税理士の必須アイテム、電卓。10年以上愛用しています。他の人の電卓ではどうも調子が出ません(笑)

時計

結婚10年を記念して、妻から贈られた時計。肌身離さず持っています。