覚悟の瞬間(とき)

キャッシュフロートラベラー 紺野健太郎
こんのけんたろう

紺野健太郎

東京都生まれ
職業:キャッシュフロートラベラー
趣味:マイルを駆使した世界の旅、乗馬、サーフィン
座右の銘:やるか、やらないか。

1978年生まれ、東京都出身。17歳で高校中退後、海外で競馬の騎手を目指しオーストラリアの競馬学校へ留学するも夢破れて帰国。20代で年収100万円、自己資金50万円という底辺のときに不動産投資とセミリタイアという仕組みに気付く。この方法なら自由な世界観が持てると思い、以後徹底して、不動産投資の専門家になるため、実務と知恵が学べる企業へ入り、必要なスキルや資格を身につけ、約10年間に渡る経験を積む。34歳でサラリーマンを退職し同日スーツケースを持ち、そのまま世界周遊へ。現在も不動産投資をベースとした複数のキャッシュフローをつくりながら旅をするというライフワークを行なっている。著書に【不動産投資で人生を変える! 最速でお金持ちになる絶対法則---資産ゼロでも毎月100万円を稼ぐ仕組み(ダイヤモンド社)】を出版。雑誌メディアでは、プレジデ
ント、プレジデントオンライン、プレジデントムック、マネーポスト、bigtomorrow、全国賃貸住宅新聞、SPA、満室経営新聞、家主地主に掲載される。保有資格:宅地建物取引主任者、ファイナンシャルプランナー2級、上級損害保険資格者、賃貸不動産経営管理士、少額短期保険募集人資格、日商簿記3級、日本馬術連盟騎乗者資格。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

誰しもが決まった時間の中で生きています。いつデットラインがくるか分からない中、一生の中でやりたいことができる人とできない人がいます。そこにはお金、時間、場所、情報、パッションなど様々な壁がキーワードとして立ちはだかります。人には自分が追い求めるものがあります。僕は人生のテーマを自由(余裕)に向けました。これを総合的に実現できるのが不動産投資とブロガーだと考え現在に至ります。不動産投資やブロガーはお金、時間そして場所すらも自由にできる仕事の仕組みです。これによりキャッシュフローやマイルをつくりながら自分だけの旅を自由に生きるトラベラーとしてブログなどで、その生き様を発信しています。この個人の時代において、キャッシュフロートラベラーという世界観を生み出し、それをいまの自分の仕事にしています。

現在の仕事への想い

自由をもたらしてくれた不動産投資やブロガーというライフスタイルに憧れ、そして共感してくれる人々が国内外から相談に来てくれるようになりました。その人たちへ再現性の高い方法を伝えるのも僕の仕事になっています。自分自身が生涯継続できるよう、そしてお金、時間、場所の不自由さに悩みを抱えた人の問題解決ができるように日々この2つのテーマは研究するようにしています。同じライフスタイルを目指す仲間に囲まれ、役に立ち生きるのは自分にとって、とてもやりがいがあることです。自分ひとりだけではつまらないものです。周囲の成功が自分の成功になり、適切な結果が出れば自然と仲間が増え、良いことをすると良いスパイラルを生み出すことができるので、目の前にいる人がもし自分なら??僕はどういう方法、決断をとるか。相手を自分に置き換えて仕事をしています。その相手と旅に行くなんてこともありますから相手のことを考えて出し惜しみせず、しっかり仕事したいです。

あなたにとって覚悟とは

僕の人生テーマは自由(余裕)。これに必要なのは仕組みです。ここが間違っているとハシゴを違うところにかけて、自ら違う目的地に向かって進んでいることになります。お金、時間、場所の自由を実現するアーリーリタイアが目指すべきところでした。しかし20代の時に仕組みに一向に気が付くことがなかった時は、暗闇で鍵を探す毎日が続きました。何度も何度も間違ったところにハシゴをかけていましたが、ついに自由(余裕)への鍵は、この仕組みだとわかったことで、この仕事をブレずに諦めずにやりきってアーリーリタイアするんだ!という覚悟の瞬間でした。もし、この仕組みで結果がでなければ、僕はもう他の仕組みに気づくことはないんじゃないかと思って諦めずに走りました。

カッコイイ大人とは?

ブレずに独自の世界観と余裕があり、相手にインスピレーションを与える力があり、何事も自分のやりたいことを選択できる人。例えば、僕の中の世界観では日本にいるときはバシッと黒髮で銀行などに行くのですが、海外にいるときはピンクヘアで行くなど、そんな大人はカッコいいと思ってしまいます。

今後に向かって

17歳の時に競馬の騎手を目指して海外へ行くところから僕の旅はスタートします。海外競馬の世界、乗馬の世界では、お金がないと選択できないという壁が現れました。次に行ったホテルの世界でも自分は昼夜問わず労働しなければならないのに、お客様は悠々と過ごし、時には数千円のチップをいただいたこともあります。自分はこのまま低賃金で生涯労働なのか??と、仕事をまわればまわるほどお金とリンクしてしまう疑問と不安が常にありました。本当にやりたいことは馬の近くにいるライフスタイルです。それを不動産投資やブロガーである程度の自由を手にすることができたものの、いまはさらに余裕をつくった上、自分の馬を保有して乗馬の大会に出たり、馬主になって世界のレースで優勝するのを夢見て、準備をしています。

若者へのメッセージ

あなたが、こう生きたい!と一度決めたならブレずに自分の心が示す方向に進んでください。そして必要だと思うものだけを手にして、いらないと思うものは手放してください。頭の中をシンプルに。人生のリュックに入れられるものには限りがあり、いつまでも背負える訳ではないのだから。迷ったなら時間を作って紙とペンを出して書いてみると意外にやりたいことはシンプルだったりします。何事も初めては1度だけ!その1度は特別な体験だ!だから何事も楽しんで迷わず自信とパッションを持って決然としてましょう。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

衆議院議員 柴山昌彦

衆議院議員
柴山昌彦

作家 竹田恒泰

作家
竹田恒泰

タイタン 代表 太田光代

タイタン 代表
太田光代

お気に入り

スーツケース

リモアのクラッシック版に世界の航空会社のステッカーを貼った旅の相棒

Mac Book

不動産投資、ブロガーの相棒なのでフルスペック仕様