Gライン 代表取締役 荒牧敬雄
あらまきたかお

荒牧敬雄

東京都生まれA型
職業:Gライン 代表取締役
趣味:ゴルフ、ドライブ、車の洗車
座右の銘:勇往邁進

高校卒業後、海上自衛隊横須賀基地勤務その後、佐川急便株式会社入社、店長職を経て脱サラを経て平成13年5月Gライン株式会社設立、現在は運送事業(H16年スタート)同時期にグループ会社GLL株式会社設立現在に至る。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

元々海上自衛隊に入隊していたころ、このままではいけないな、と漠然と人生に不安を覚えており、25歳の時に、当時業界的に厳しいと言われていた大手運送会社で自分の人生にチャレンジをすることを決心しました。腕試し、と言う気持ちで飛び込んだ仕事でしたが、やっていくうちに運送業の面白さや重要性に気付きました。いつのまにか運送業の虜でした。自然とこの業界を極めたい、と感じるようになり起業しました。

現在の仕事への想い

私自信、「全てが私の責任である」という行動理念に基づき、行動しております。そして従業員、その家族が少しでも満足していただけるように幸せ度・満足度があがるような職場の環境づくりを意識しています。我々には経済を支える重要な仕事に携わっているという使命感はありますが、まだまだ運送業に対する社会の評価・イメージは向上しておりません。そのために、労働環境を整備したり、制服を創業7年で3回変更するなど、工夫しております。常に人にみられているという緊張感や使命感を従業員に強く意識してもらい、支える家族や携わるお客様にイメージアップを測っていけるようなところを全力で取り組んでいきたいです。

あなたにとって覚悟とは

今まで積み上げてきたものがすべてなくなるという危機感に直面した時に何かまた新しいものを積み上げていかなければいけない、また0から1を作っていかなければいけない。その作業に対して、まずは逃げないという環境を作り、とりあえず前に進んでいく。それが私が一番覚悟した瞬間です。それが、私がトラックを一気に30台増車した時です。駐車スペースもなければ、運送業としての営業活動をしていたわけでもない、ドライバーの確保もしないまま、先にトラックを増車しました。会社を存続させていくためにはここで会社を運送業にシフトするしかないと覚悟しました。全員いなくなるかも、とも思いましたが、その言葉を信じてついてきてくれた従業員もいました。そんな従業員に対しても、期待に応えなければいけない、という覚悟を感じました。

カッコイイ大人とは?

真っ先に思うのは、自責の人です。何か困難にぶつかったり、不満足な結果がある時に、環境のせいにして言い訳をするのは、本当に生産性がなくただ、人間関係が悪くなるだけです。前職時代に責任を持って結果を出していく先輩たち、素晴らしい人格者の方々をみていて、自分もこういう人になりたいなと自然と思うようになりました。そういう方達と仕事をしている中で、自分の考え方や感覚が変わっていきました。

今後の展望

携わる従業員・ドライバーたちが誇りをもてる環境整備をしていきたいです。そのために他のドライバーの模範となる運転をする必要があります。安全運転を実践するように、教育と指導をしております。そういうことを続けていくことが、業界全体のイメージアップに繋がると願っております。

若者へのメッセージ

好きなこと、やりたいことも大事だと思いますが、まず今自分ができること、やらなければならないことに対して、全力で取り組んでください。そうすれば必ず結果は出ていきますし、またご縁でいろんな人が助けてくれます。自分の人生を充実させていけるように頑張ってください!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

プロフリークライマー 尾川智子

プロフリークライマー
尾川智子

元サッカー選手 釜本邦茂

元サッカー選手
釜本邦茂

プロバスケットボール選手 青木康平

プロバスケットボール選手
青木康平

お気に入り

数珠

一年に一度、創業以来高野山へ参拝の際に毎年交換していただき一年間の無病息災を願って身に着けているラッキーアイテムになります。

制服

運送会社らしくない運送会社を表現していく為に欠かせないアイテムの一つです。今年フルオーダーメイドで4回目のリニューアルをし、従業員が【着たい!】と思うような制服をご用意してます。