プロダクトシンク株式会社 代表取締役 加藤昌
かとうまさし

加藤昌

愛知県生まれB型
職業:プロダクトシンク株式会社 代表取締役
趣味:仕事、料理(お手伝い程度)、健康食品、ランニング、プログラミング、マンガ
座右の銘:生涯現役

愛知県出身。学生時代はマクドナルドやガソリンスタンドなのでアルバイト。社会人時代はパチンコメーカーなどに勤務しIT企業に入社。2部上場IT企業にて、技術部門の責任者(副本部長)及び、営業部門で4メガバンク・大手農機具メーカーの営業担当を経験。2018年プロダクトシンク株式会社設立。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

20代の時からプログラミングに興味を持ち始めまして、いつかシステムという仕事をしたいという思いを持っていました。システム業界において、多くの手法はドキュメントを使ってお客様と会話をするのが一般的ですが、当社は徹底的に話し合い、納得していただいた上で進めていく事を大切にしています。

現在の仕事への想い

自分の想い、熱量を大切にしています。自分の想いをモノ(システム)に託してお渡しするのが私のやり方です。お客様から納品した際に「便利になった」など気づいて頂くことができた時は嬉しかったです。性別や年齢、世代が違うと考え方も違うのでお互いに想いを伝え、落とし所を見つけていくのがすごく重要だと思っています。

あなたにとって覚悟とは

今を捨てることです。元々システムを自分で作って皆さんのお役に立ちたいと思っていました。そこで会社員をしながら起業し、サービスを世に出しましたが1年間1回も売れませんでした。このまま会社を潰そうかすごく迷いましたが恩師から1つ仕事を頂けたんですね。当時は人材育成の立場でしたので「今更プログラミングをまた書くのか」と思いましたが自分にはこれしかないと思い、それまでの会社員という立場を捨ててもう一度、プログラミングでやって行くんだと覚悟を決めました。

カッコイイ大人とは?

夢と共に歩んでいける人です。夢は叶えるのではなく歩んでいくものだと思っています。私はシステムを通じて世の中を幸せにしたいという夢があります。常に勉強をしてシステムと決めたらそこだけの情報だけでいいと思います。なぜなら今私がこうして生きているからです。

今後の展望

今後は考えれる大人を育成していかなくてはいけないので、子どもたちに向けた考える力をつけれるようなプログラミング塾を作って行きます。プログラミングができることが重要ではなく、プログラミングを通じて考える力がつくと思っています。物事を論理的に考える力をつけて欲しいです。

若者へのメッセージ

これから皆さんは起業など色々なことをしていくと思います。自分の歩んでいける夢を決めて一生懸命磨いて欲しいです。最後には夢にたどり着けると私は信じていますし、皆さんの夢が叶うように一緒に歩んでいきたいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

広島県庁 知事 湯﨑英彦

広島県庁 知事
湯﨑英彦

女性学研究者 田嶋陽子

女性学研究者
田嶋陽子

プロライフセーバー 飯沼誠司

プロライフセーバー
飯沼誠司

お気に入り

名刺入れ

大切な人との出会いの必需品です。

時計

あえて自動巻の時計にしてます。たまに時間がズレるのがかわいいです。