うんすい宅建 代表社員・宅地建物取引士 阿部浩一
あべこういち

阿部浩一

山口県生まれA型
職業:うんすい宅建 代表社員・宅地建物取引士
趣味:読書、書店めぐり、料理、ミニカー収集
座右の銘:行雲流水

定時制高校を卒業後、保育士を志し、専門学校へ進学するも中退。地元の書店に非正規社員として10年間勤務。2006年に上京後、NGO団体の職員として8年間勤務する。退職後、フリーランスのイベンター、社会福祉法人の職員、NPO専門コンサルティング事務所の運営などを経て、2021年4月、合同会社うんすい宅建を創業する。30年来、シンガーソングライターとしても活動。楽曲制作や下北沢を中心に演奏活動も行っている。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

以前から、宅地建物取引士の資格を持っていたことは大きいと思います。ひとりで不動産業を始めたいと思っても、自分が資格を持っていなかったら、誰か有資格者を雇わなければいけませんからね。当時は自己啓発の目的で資格を取り、それをどこかで活かすということはあまり考えていませんでした。

現在の仕事への想い

私はずっとNPO業界に居たのですが、その中でいっとき、児童養護施設にかかわる仕事に携わりました。児童養護施設はさまざまな事情から親権者と暮らすことができない子たちが生活する場所です。ところがそんな子どもたちも、18歳になれば原則として、施設を出なければなりません。そうはいってもまだ経験値の少ない若者たちです。その上、虐待や育児放棄に遭ったような子たちは、社会へ出てもうまく人間関係を築くことができず、仕事も失い孤立してしまう例は少なくありません。親を頼れる子なら、親元で再起をはかることも可能です。ですが、施設出身者はそうはいきません。自分が出た施設の先生方も今いる子たちのことで精一杯ですし、なじみの職員が退職してしまったりすれば、疎遠になってしまいがちです。そういう子たちが一時的に身を寄せる場として、不動産を寄付される方がいることを知り、寄付者と受益者をつなぐ仕事をしてみたいと考えました。私自身がゲイの当事者ということもあり、LGBTsの住居問題があることも知っており、ずっと気になっていました。そうした経緯から私自身、大病を患い、またコロナ禍でそれまでの仕事を失っていたこともあり、今の会社を創業することに迷いはありませんでした。

あなたにとって覚悟とは

毎日を生きていることだけで、十分覚悟だと思います。私はこの世に生まれてきたことは何かの罰だと考えています。ただ勘違いしてほしくないのは、それはあきらめや厭世観、悲観的な意味とは違います。そもそもこの世は荒れ地であって、お花畑ではないということが言いたいのです。初めからお花畑だと考えているから、こんなはずはない、あんなものは嫌だと苦しまなければなりません。私は荒れ地に種を植えるのが人生と考えています。一生、花は咲かないかもしれないけれど、ただの種まきにも何かしらの喜びを見つけられること。自分の人生なんて特別なものでもなければ、卑下するものでもないと知ること。幸せは当たり前のものではないと認めること。それが覚悟かもしれませんね。

カッコイイ大人とは?

世の中には自分とは異なる意見があって、それを認め、ずっと討論を続けていくことがこの社会に生きるということであると、きちんとわかっている人はカッコイイと思います。特に最近は立派な地位にある人が、反論や異なる意見を言われると激高して、力でそれを黙らせてしまう、物言えば唇寒し秋の風のような場面を、私たちは目の当たりにしてきましたから。

今後の展望

今までもこれからも、良き出会いをしていくことが第一です。滝のように水が流れた後で渇水に苦しむことがあるくらいなら、ちょぼちょぼでもいいから流れを止めない水でありたいと思っています。勝つのではなく、負けない経営。事業を拡大して大会社に育てあげたいなどとはさらさら思っていません。私の土俵はそこにはありませんから。

若者へのメッセージ

残念ながら、このままでは日本の将来は明るくないと思います。でも、いいではないですか。勝手に生きて勝手に死んでいけばいいのです。日本では「人に迷惑をかけてはいけません」と教えられますが、インドの親は子どもに「おまえは他人に迷惑をかけるのだから、他人からかけられる迷惑も許してあげなさいよ」と教えるのだそうです。困ったときは自分ばかりを責めず、いろんなものを頼ってください。そして、周りの人や知らない人も助けてあげてください。「社会」という存在は、あなたに頼られてつぶれるほどやわじゃないです。どこを頼ったらいいかわからないことがあったら、私に連絡してください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

バレーボール全日本女子監督 眞鍋政義

バレーボール全日本女子監督
眞鍋政義

脳科学者 澤口俊之

脳科学者
澤口俊之

タレント 小島慶子

タレント
小島慶子

お気に入り

文庫本「うらおもて人生録(色川武大著・新潮文庫刊)」

うらおもて人生録(色川武大著・新潮文庫刊)。ギャンブラーとしても知られた作家のエッセイです。特に人生を私の好きな大相撲の本場所(15日間)にたとえて、人生は9勝6敗を狙うのがちょうどいいという話は、まだ20歳になるかないかくらいのときに初めて読んで、今でも私の人生観に大きな影響を与えています。

音楽CD「GODIEGO BOX」

私にとって、音楽と本のない人生など考えられません。日本のロックバンド「ゴダイゴ」の音楽に出会ったのは、中学2年生のときのことでした。コンサートへ足を運び、その音楽に生で触れるたびに、感激の涙があふれて止まりません。