覚悟の瞬間(とき)

ANV 代表取締役 山下隼輝
やましたはやき

山下隼輝

静岡県生まれA型
職業:ANV 代表取締役
趣味:読書、サッカー、ゴルフ
座右の銘:人生紙一重

産業能率大学情報マネジメント学部卒業。新卒で某大手総合人材会社へ勤務。法人営業1年経験。その後、約半年間独立の準備を経て、2021年10月に株式会社ANVを設立。独立から約5カ月で従業員数15名以上をかかえ、通信事業をメインに活躍中。今後は、「若者が輝ける日本にする」をテーマに様々なビジネス展開を予定。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私は1人の出会いから”経営者になろう”と決断しました。しかし、その時は大学3年生で、経験も知識も何もありませんでした。その日から多くの経営者の方にお会いさせていただき、経営者になった経緯や、今までの経験談、経営の知識などを学びました。経営者になろうとは決めたものの、サッカーしかやってこなかった自分にはやりたいことがまったくありませんでした。その時に2つの条件でファーストビジネスやろうを決めました。1つ目が「信頼・信用できる社長様のビジネスを真似る」2つ目が「安定したビジネス」です。そして大学4年生の時に、今の事業を1から教えてくださる社長様に出会い、そこから約1年で起業に成功しました。今でもその社長様とは非常に密な関係を築かせていただいており、本当に感謝しています。

現在の仕事への想い

経営をする上で心がけていることは、感情的な目線を入れずに、俯瞰的に物事を判断するようにしています。人間だれしも感情があるため、好き嫌いで判断してしまいそうな時があります。しかし、経営でその判断をしてしまうと一緒に働いてくださっている社員さんの不満が溜まりますし、会社としての軸がブレブレになってしまいます。そのため常に俯瞰的に物事を観る癖をつけています。時々感傷的な目線が入ってしまう時はもちろんあります。しかし、心掛けていることで感情的な目線が入った時は気づくようになりました。これから先会社が大きくなることで、感情的な目線で見てしまう局面が増えてくるかと思いますが、会社のため、社員さんのためにも常に俯瞰的な目線で判断していきます。

あなたにとって覚悟とは

私が人生において覚悟を決めた時は、高校3年生の時です。当時は、サッカーをしており全国でも厳しいと有名なチームでした。高校3年生の時にキャプテンを務め、静岡県の高校総体で準優勝に導く結果を出すことができましたが、リーグ戦で3連敗していまい監督・チームから「キャプテンをやめてくれ」と告げられました。その日の夜に母親に泣きながら電話をし、キャプテンを辞めた旨を伝えました。その時に母から言われたことが「あなたがキャプテンを辞めさせられるなら私はもうこのチームを応援しない。まだ、あなたの中でキャプテンに戻りたい気持ちがあるのであればそれを監督・チームメイトに伝えなさい」と言われました。しかし、私はキャプテンに戻ると監督・チームメイトに伝えることができず、そのままキャプテンを辞めました。こんなに応援してくれている家族がいるのに無力な自分が恥ずかしく本当に生まれてきたことも否定したくなりました。高校生活全てをサッカーに費やし、誰よりも練習に励んでもこんな苦しい思いをするなんて、本気で神様を恨みました。今でもたまに当時の光景が夢に出ることがあります。しかし、あの瞬間に覚悟を決めました。「人生においてこれだけ辛い想いをすることは一生涯ない。だから後は突き進むだけ」。当時の経験があるから今があると心の底から思っております。監督当時は本当にありがとうございました。

カッコイイ大人とは?

私にとってカッコイイ大人とは、「常に謙虚な方」です。年齢や、地位、育った環境などから勝手に「自分でこういう人」と決めつけてしまい、無駄なプライドが高い人がいます。逆に、人とのご縁を大切にし、誰に対しても腰が低く謙虚な方は、カッコいい大人だなと感じます。あと、「ありがとう、ごめんなさい」を年齢関係なく伝えらる大人も非常にカッコイイと感じます。私も、自分が想うカッコイイ大人になれるよう日々意識し続けていきたいと思います。

今後の展望

夢はいくつかあります。海外に住みたいですし、海外事業をしたいです。あと、今後の日本を背負う20代特化のオンラインサロンも作りたいと思っています。他には、ANVの立ち上げに携わってくださったメンバーのやりたいことも実現してあげたいと本気で思っています。ANVという会社は私一人の力で立ち上げられたわけではありません。多くの方が力を貸してくださり、立ち上げることができました。その中でも僕を除いて11名の初期メンバーには本当に感謝しています。この先メンバーが考えるビジネスを実現させてあげたいと思っています。あっという間に時間は過ぎてしまうので、1日1日を夢・目標に近づける日々を送っていきたいです。

若者へのメッセージ

僕も現在24歳の若者代表です。僕からお伝えできることは「人間性・人徳」を最も大切にしてほしいです。現代は、SNSの普及により便利になった一面もありますが、表上の「派手さ」に惑わされて、「すぐ成功したい!」「お金持ちになりたい!」と感じることが増えたかと思います。しかし、すぐに成功できることや、お金持ちになれることはあるかもしれないですが、継続的な成功は手に入れられません。全ての仕事共通だと思いますが、結局人生において成功するには「人間性・人徳」がすべてだと思います。人が集まるところからビジネスは始まります。そのため目先の成功よりも長期的な成功のために時間を費やしてほしいと思います。私もまだまだ未熟ですが、胸を張って若者代表を言えるよう精進して参ります。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

山岳医療救助機構 医学博士 大城和恵

山岳医療救助機構 医学博士
大城和恵

演出家 小池博史

演出家
小池博史

元参議院議員 松田公太

元参議院議員
松田公太

お気に入り

オーダージャケット

このジャケットは、お世話になっているオーダージャケットを経営されている方に、登記祝いで作っていただきました。生地にこだわり抜いた一着で、人生初めてのオーダージャケットですので大切に着用したいと思っています。

G-SHOCK

これは、20歳くらいの時に幼馴染の地元の友人からいただいたG-SHOCKの時計です。この時計をつけてから人生の転機と遭遇する機会が増えました。本当に今の自分があるのは、この時計をつけていたからといっても過言ではありません。また、同じものを1年以上持ち続けることはめったにないくらい忘れ物が非常に多い中で、この時計は4年目です。本当に愛着がわいています。