サンライズ 代表取締役 酒井一謹
さかいかずのり

酒井一謹

神奈川県生まれB型
職業:サンライズ 代表取締役
趣味:ゴルフ
座右の銘:冬は必ず春となる

新卒で清水建設株式会社に入社、(泉ガーデン新築・宗教法人神殿建築・大船中央病院新築)に携わる。その後、日神不動産株式会社にてマンション販売の営業に従事。2009年より現株式会社サンライズ代表取締役に就任。現在に至る。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

今の仕事に至った経緯は、父が病気で倒れた事です。それは、今の会社の前身となる解体屋を父が経営をしていて、父の融資の保証人であった私が、病気で倒れて長い間働けなくなった父の融資を引き継がなくいけなくなったからでした。『でっかいビルを建てたい』という幼い頃からの夢をかなえる為に、建築デザイン科を卒業して、スーパーゼネコンである清水建設に入社し、最初の現場で泉ガーデンの新築工事に携われた時は『夢が叶った』と誇らしく、やりがいと充実感の中、無我夢中で仕事をしていました。そんな中、父が倒れ仕事を辞めざるを得なくなり、今の仕事をすることになりました。

現在の仕事への想い

スタートした時は、やりたい仕事でも無く、クレームもたくさん受けて本当に嫌な仕事だなと毎日思っていました。それから12年が経ち、辛い事も倒産の危機もありましたが、たくさんの素晴らしい得意先や一緒に仕事をしてくれる仲間にも恵まれ、仕事を通して関われた方々の事が好きすぎて、今は本当にこの仕事を選んで良かったと思っています。

あなたにとって覚悟とは

『父の負債を背負って会社を立ち上げた時』ですね。この時は、人生に何回もない『本当の覚悟』をしました。弁護士さんにも絶対に破産した方がいいと言われてましたが、どうしても破産したくなかったんです。自分自身の人生の負けを認めたような気がして、常識に反して意地を張った覚悟でもありました。その覚悟で得たものは、やはりかけがえのない『人』を得たと思います。本当にたくさんの方々に助けられ、可愛がられ、時には怒られながら成長してきました。どの場面を振り返っても『あの時あの人がいなければ今の自分はない』と思わせてくれる人がたくさんいます。それだけが自分の財産だと思っています。

カッコイイ大人とは?

立ち振る舞いや考え方が『あの人みたいになりたいな』って思わせる人がカッコイイ大人だと思います。自分の周りにはそういう大人がたくさんいます。だから、その理想に近づくためには、カッコイイ大人と時を共にし続ける事だと感じます。自分もいつかは『あの人みたいになりたいな』と思われる大人になりたいです。

今後の展望

今年40歳になります。人生の分岐点というか、あと何年元気で仕事し、思いっきり遊べるか?と考えると今までよりも一日一日が大事に思えてくるようになりました。後悔の無い一日にしたいとか、無駄な時間は過ごしたくないとか、時間が本当にもったいないと思うようになった今の夢は、本当に好きな人たちと好きなことが出来る様に仕事をして、気づいたらその好きなことが仕事になってることです。

若者へのメッセージ

自分はカッコいい事や『信念と努力』が大事なんて事を言える人生ではありませんでした。自分の人生を通して一つだけ言えることは、『逆境や苦悩から逃げずに自分の人生を自分自身が諦めなければ必ず道は拓ける』ということだけです。私は、どんだけ自分はついてないんだとか、何で俺だけこんな境遇なんだと嘆いた事は何度もありました。でもそれと同時に必ず自分なら乗り越えていけるという根拠のない自分の内側から発する自信がいつも自分を助けてくれました。『自分を信じれない奴が人から信じられるわけがない』と言われてから自分に自信を持つを大事にしてきました。だから、今の若者の皆様にはどうか自信を持って下さいと言いたいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元WBA世界ミドル級王者 竹原慎二

元WBA世界ミドル級王者
竹原慎二

華道家 前野博紀

華道家
前野博紀

スカッシュプレーヤー 松井千夏

スカッシュプレーヤー
松井千夏

お気に入り

今治タオル

近隣挨拶で配っている『今治タオル』です。

野球帽

子どもの野球チームのコーチの帽子です。