医療法人藍整会 なか整形外科 理事長/院長 樋口直彦
ひぐちなおひこ

樋口直彦

京都府生まれA型
職業:医療法人藍整会 なか整形外科 理事長/院長
趣味:スノーボード、サーフィン、マウンテンバイク
座右の銘:奇跡は諦めない奴の頭上にしか降りてこない!

立命館大学文学部中退、帝京大学医学部卒業。その後数々の病院で勤務し、2017年3月には日本整形外科学会認定専門医を取得。2021年1月に医療法人藍整会 なか整形外科 京都西院リハビリテーションクリニック開業。バレーボールVリーグのサントリーサンバーズのチームドクターも務める。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

冒険家に憧れていたので南極越冬隊や海賊船、いわゆる冒険するチームに必要な職業を考えていました。高校卒業後は、本気で料理人を目指していたが、人生迷いに迷って、父親が医師であったこともあり、医師の道へ。いわゆるチョッパーです。

現在の仕事への想い

杖なしで孫の七五三に行きたい、怪我してしまったが高校最後の試合に出たい、自営業だが息子にはまだまだ仕事を任せられないので肩の痛みをなんとかしたい、膝が痛いがあちこち旅行に行きたい、など、患者さんそれぞれの夢のお手伝いができたらと、それそれの患者さんの背景も考えてオーダーメードの治療を提供している当院の待ち時間への考えや、治療方針や、診察の仕方、説明仕方は、一般的な医師や病院とは概念が違うことを実感してもらえると思います。

あなたにとって覚悟とは

研修医として菅平の診療所でお手伝いをしていた時です。診療所には毎日怪我をしたラグビー選手がくるのですが、中には骨折したり、試合に出れないほどの怪我をしている選手がいてそのことを告げると涙する選手が沢山いました。その診療所ではその後の治療はしないのですが、仮にその選手が地元に帰って変な治療を受けたりでもして選手生命が終わってしまったり人生が変わってしまっては嫌だな、と思いつつ招待状を書いていたことを鮮明に覚えています。その時に、まずは自分自身がちゃんとした治療ができる整形外科医にならなきゃいけなと思い、整形外科医になろうと決心しました。

カッコイイ大人とは?

遊びも仕事も変わらず本気、遊びの延長に仕事があります。大人が真剣に遊び続けると、それが仕事になります。没頭し、自分の直感を信じる勇気と、直感と勇気を得るための多くの経験をすること。とにかくなんでもやってみて、確固たる実力と結果を得る。できない理由を探す友人を何人か見てきましたが、まず動けと思います。動かないと何事も始まらないですし、そして夢は逃げません。逃げるのは言い訳を探す自分であり、あきらめなければ必ず道があります。そうすれば奇跡が頭上に降りてくるはずです。

今後の展望

宇宙飛行士にもなりたいし、世界中を旅したいです。世界中でスノーボードやサーフィン、マウンテンバイクをしたいです。その夢は若い頃から変わらない。そして、たくさんの患者さんやスタッフの夢のお手伝いができたらと、日本で一番、夢の叶えられる整形外科クリニックを目指します。

若者へのメッセージ

「奇跡は諦めない奴の頭上にしか 降りてこない!”奇跡”ナメんじゃないよ!」運や奇跡は、頑張って諦めないでやり続ける人にの上にしか降りて来ないと思います。君の未来はまだ決まっていません。誰でもそうです。未来は自分で切り開くものです。だから頑張っていきましょう!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ミュージシャン 中村敦

ミュージシャン
中村敦

衆議院議員 長島昭久

衆議院議員
長島昭久

写真家 ハービー・山口

写真家
ハービー・山口

お気に入り

サントリーサンバーズのサイン入りユニフォーム

チームドクターを務める今シーズンVリーグで優勝したサントリーサンバーズの選手全員のサイン入りユニフォーム。開院祝いに頂きました。

小学校の時の恩師からの開院祝いの手紙

この先生がいたからこそ、今の自分があると思います。本当の意味での自由を教わりました。