覚悟の瞬間(とき)

下田循環器・腎臓クリニック 院長 花房雄治
はなふさゆうじ

花房雄治

東京都生まれA型
職業:下田循環器・腎臓クリニック 院長
趣味:読書・旅行・自然探索・歴史探訪・アウトドア
座右の銘:確乎不抜・虚心坦懐・一撃必殺

昭和大学大学院卒業。1996年国立循環器病センターレジデント・医員、神戸大学附属病院呼吸・循環器外科助手、太田西ノ内病院心臓血管外科部長を経て現在に至る。卒業以降14年間心臓血管外科に従事。2005年より静岡県下田市の横山クリニック(現在の所属施設に名称変更)で、透析含めた地域医療に従事。日本循環器学会専門医、日本透析医学会専門医・指導医、日本腎臓学会専門医・指導医など

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

多額の父の会社の連帯保証債務を負うこととなり、心臓血管外科を辞することとなってしまいました。定年後は信州か伊豆に移住することを考えていましたので、その夢を前倒しする形となりました、当初は心臓血管外科への未練も強くありました。たまたま、下田市の透析施設院長の募集があり、面接に伺った際、理事長の人柄や雰囲気、そして何よりも学生時代から何度も訪れ、思い入れのある土地への移住に魅力を感じたため、透析医療に身を投じることとしました。透析医療に従事すると、今までの経験が非常に生かされること、そしてなによりも透析医療の奥深さに触れることで、探求心が触発され、一意専心することとなりました。

現在の仕事への想い

患者さん・スタッフに満足してもらえる仕事を心がけています。真心と探求心を常に持ちながら、仕事へのモチベーションを維持しています。和をもって尊しとなすという、聖徳太子の言葉がありますが、スタッフ間では和を大事にしています。医療に対しては常に探求心を持ち、勉強の毎日です。

あなたにとって覚悟とは

乾坤一擲の大勝負なる経験はありませんが、万事休すとなったことは幾度となく経験しました。特に父の負債を背負ったときは、自己破産かという場面が何度もありました。不思議なもので、いろいろな方に支えられ、何とか乗り切ることができました。あとは、「臓血管外科を辞して、伊豆へ移住を決めたとき」「現在のクリニックを立ち上げたとき」は覚悟をもって臨んだときであったと思います。また、心臓や血管手術の際は、毎回覚悟をもって臨んでいました。特に、重症な患者さんに対しては、その度合いはさらに強いものとなります。執刀した弓部全置換館館患者さんが対麻痺を合併し、万事休すという場面を経験しました。しかしながら懸命な治療によって、その患者さんは独歩で退院しました。このような患者さんに向き合うときは常に覚悟を持って臨んでいたと思います。

カッコイイ大人とは?

自分の好きなことに一意専心している人はカッコいいと感じます。それによって、その道の泰斗となった方には憧れます。また、自分の才能や能力を隠して、その力を必要としたときに初めて発揮するする人もカッコいいと感じます。特に今まで出会った人間の中で、小生の人生で影響を与えてくれた7人の中で、医師としてあるべき姿を指南してくださった4名は本当にカッコいいと感じます。今でも彼らの教えを胸に刻んで医療に従事しています。また、歴史上の人物や、会ったことのない方でカッコいいと思う人は枚挙に暇がありませんが、久坂玄瑞や土方歳三、西堀栄三郎、三島由紀夫や物理学者の山本義隆、俳優の成田三樹夫などカッコいいと思う人に挙げられます。特に俳優の成田三樹夫は小生が最も好きな俳優の一人で、小生のブログにも載せました。「ダンディズム、ニヒル、エロティシズムさらに付け加えるならインテリジェンスをすべてを持ち、それを体現する稀代の俳優であり、小生のようなペダンティックな輩とは対極に位置する人物です。常に諧謔的な振る舞いそして言動とは真逆で、その博識ぶりと、読書、将棋、俳句に対する精励恪勤な姿勢は、まさに博学才穎というほかはなく、それでいて、それらを自己韜晦する稀有な人物であり、……」本当に憧れます。自分とは真逆ですから。

今後に向かって

現在のクリニックはおかげざまで地元では多くの方々に支持されているようです、賀茂地区におけます透析医療としては中心的な役割を果たしており、自らも地域医療の一端を担っているという矜持をもって日々邁進しています。今後の目標は、より多くの患者さん、そしてスタッフやその家族が健康で、充足した日々を過ごすことができ、そして、なによりもこのクリニックを好きになってくれる方が一人でも多くなるような存在でありたいと考えています。さらには、静岡県で一番、そして全国区のクリニックにすることが目標です。また、信州方面に新たな施設を作りたいと考えており、目標にしています。あと、夢は科学者?ですね。今でも科学者への夢は捨てていません。アマチュアでもいいので何かできないかと常に思案しています。

若者へのメッセージ

好きなことを徹底的に探究する。探求心を持つことが大事なのではないでしょうか。また、挫折は経験するべきです。それを乗り越えることで、必ず道は開けますし、次の波を乗り越えるだけの度量が備わります。そして最後にもう一つ。友人や先輩、後輩をとにかく大事にしてください。小生も2名の友人に裏切られたこともありましたが、覚悟を決めたときに、手を差し伸べてもらったことは何度もありました。一例を挙げます。父の会社が不渡りを出した際、小生もその借金返済のために貯金も使い果たし、八方塞りの状態でした。そんな時、横須賀の親友が多額のお金を用立ててくれました。そして一言!「お前にはいろいろと世話になったから返さなくていいよ。」と。このおかげで、何とか難局を乗り越えることができました。もちろん借金は全て返済しましたよ。本当の友人を持つことは人生にとってとても大事ではないかと考えます

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

衆議院議員 長島昭久

衆議院議員
長島昭久

海洋生物学者 佐藤克文

海洋生物学者
佐藤克文

宮内建築 棟梁 宮内寿和

宮内建築 棟梁
宮内寿和

お気に入り

万年筆

日常で使用しているペリカンとカランダッシュの万年筆です。

ランボーナイフ

アウトドアに必須のサバイバルナイフです。ランボーを浪人時に見て以来、強い影響を受けました。