武蔵野中央病院 理事長・院長 牧野英一郎
まきのえいいちろう

牧野英一郎

群馬県生まれA型
職業:武蔵野中央病院 理事長・院長
趣味:各種音楽鑑賞 バイオリン演奏
座右の銘:目の前の課題に対しつつ大所高所から考える

慶応義塾大学医学部卒業 東京芸術大学音楽学部楽理科卒業 同大学院修了
慶応義塾大学病院、 国立千葉病院で研修医・レジデント後、医療法人社団総合会
武蔵野中央病院(小金井市)医師。 平成13年同病院院長、平成23年 同法人理事長

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

両親の作った病院の敷地内の院長宅で育ち、「医者になって病院を継がないならご飯食べなくていいから出て行け」と言われていたので、生き延びるためまず医者になるしかありませんでした。

現在の仕事への想い

医師になっても音楽への夢止み難く、こっそり東京芸術大学音楽学部楽理科に入りましたが父が死去し、病院に戻り母(医師)と建て直し、そして私の感性も溶かし込み発展へという平成時代でした。内科患者さんのベッドサイドをバイオリンを弾きながら廻りリクエストされる曲を即座に弾く活動を続けてきました。職員たちに患者さんは趣味や歴史が一人一人異なるという全体像に気づいてほしいという思いもありました。ある時オムツ交換して廻る職員たちとすれ違ったとき考えました。バイオリンとオムツとどちらが大事か? 。もちろんオムツがさっぱりしてこそ患者さんも音楽を楽しめるわけですが、患者さんに「心地良さ」を提供するという点ではオムツ交換もバイオリンも同じだと気づきました。音楽や美術に限らず心地良いこと・・・鳥たちが窓辺に来て歌うよう樹木を整えること、気持ちよい挨拶、オムツ交換、もちろん適切な医療や看護・・・心地良さを提供することは当院ではアート、提供する職員をアーティストと呼び、「ここからアート(心・体・アート)」 の病院と呼んでいます。この当院の機能を地域に生かしていくのがこれからの課題です。

あなたにとって覚悟とは

一昨年母も死去し、恥ずかしながら還暦すぎた今、ようやく自分の人生の意味が分かってきた気が致します。『日本人のための音楽療法』のあとがきを考えながら、これまでの人生を音の系譜で思い起こしました。幼い頃聴いた病院内の声や音、職員や患者さんの歌や芸能や演奏、芸大に導いたピアノやバイオリン等西洋クラシック音楽、芸大で出会った日本の伝統音楽・民俗音楽や世界の民族音楽、病院再建時代に聞いた声や言葉、「ここからアート」というイメージが見えてきた近年の病院内での音楽・芸能・バイオリン流し・・・。医療と音楽の二股人生と思っていましたがひとつであったと気づき、自分はここに生まれたくて生まれてきたのだと思い至りました。

カッコイイ大人とは?

自分の体験だけから思いますと「自分の立っている場所ひいては日本人の本音の歴史を知り、現在の自分がそれを現代にどう生かし今後を開いていくか試み、その過程や結果を広く世界にも発信できる人。です。

今後の展望

病院は「ここからアート(心・体・アート)を院内のみならず地域で展開すること。私個人は日本の音楽文化をモデルとした音楽療法を院内、地域そして世界で展開すること。

若者へのメッセージ

自分のやりたいこと・気になることを、あきらめず挑戦し続けて下さい。たとえ二つの分野であっても、山歩きでも、ひとつの斜面に限らず二つの斜面を見渡せる尾根を歩くと彼方の山々も見えてくるように、いまの自分に限らない可能性に気づきます。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

レーシングドライバー 山本左近

レーシングドライバー
山本左近

腹話術師 いっこく堂

腹話術師
いっこく堂

総合格闘家 所英男

総合格闘家
所英男

お気に入り

聴診器(リットマン社製)

精神科医でも、入院患者さんには身体面の診察も必ずするよう習慣づけており、心身両面から診る基本を忘れさせないでくれるアイテムです。最近のように高齢で高血圧・糖尿病・脳卒中等を合併した、うつや認知症等の方が増えるとますますこの基本が大切ですので。

バイオリン (番場順氏1997年製作)

7歳で弾いた子供用の初代から数えて5台目、私を音楽の道へも誘ってくれたガリアーノ工房作から数えて3台目です。300年前に伐採された木材を日本人の名工がイタリアで入手し製作。病棟内の流しや大勢の患者さんたちの歌の伴奏、屋外での盆踊りの際でも音が立ち上がり、院外の大ホールや被災地の避難所等でも力強く透明感ある音が届く、私の分身と思っています。歌や語りが主役のバイオリン演歌の際は、柔らかい弓を使って伴奏します。