インバースコンサルティング 代表取締役 齋藤和寿
さいとうかずとし

齋藤和寿

新潟県生まれAB型
職業:インバースコンサルティング 代表取締役
趣味:読書
座右の銘:人生3万日

大学卒業後、銀行へ入社し融資業務・資産運用業務を経験。その後、外資系証券会社にて上場企業をはじめとしたM&Aやエクイティファイナンスに従事。その後は中小企業専門のM&A仲介会社にて、これまで培った金融に関する知見を駆使して数多くのM&A成立に尽力。証券会社時代からのお付き合いであったお客様が、転職後も「どこの【会社】か、ではなく齋藤さんという【人】にM&Aをお願いしている。」という言葉が独立のきっかけになり、インバースコンサルティング株式会社を設立。また、数多の特殊な案件の経験から「戦略的M&Aコンサルティング」を開発。これまでのM&Aによる取引金額の累計は約195億円に上る。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私は学生の頃からM&A等の投資銀行業務に憧れを持っていました。実はサラリーマン金太郎(マネーウォーズ編)という漫画やハゲタカというドラマの影響を受け、「世の中にこんなにダイナミックな仕事があるのか!」と夢を見ていたのです。結局、「地元に帰ろうかな」という考えもあり地方銀行へ入社しました。ただ、銀行員を経験してみて思ったことは、間接金融だけでは中小企業への価値提供には限界があるということです。「お金に色はない」と良く言われるとおり、どこから借りても金利が異なるだけでほぼ一緒です。私は、このような業界構造の中で、自分が価値を提供できているという「自己充実感」や「自己重要感」が感じられなくなっていました。もちろん、貴重な情報を提供したり、その他の様々な形で付加価値を生み出している優秀な銀行員がいらっしゃることは分かっています。しかし、今の環境で得られる知識・経験では自分が理想とする価値は提供できないと思い、「一生に一度の人生なのだから、前から憧れていた投資銀行の世界へ飛び込もう!」と転職を決断しました。数える程度しか行ったことのない東京へ出ていくことに正直不安もありましたが、運よく人に恵まれて数々のM&Aの仕事をさせていただきました。ところが、ある日自分が勤めていた会社が外資系企業に買収されることとなり、その案件に携わりました。つまり、奇しくも私の初めて体験したM&A案件とは、自分が買収される側の社員だったのです。詳細は省きますが、最終的に待っていたのは、最高の未来でした。M&Aの結果、大手外資系企業の一員となった私は、世界的に有名な超一流企業出身の優秀な人材と一緒に働く機会を得て、会社としても・個人としても大きく成長することができました。私はM&Aのおかげで、人生が今までとは比べようのないほど好転したのです。この経験から、企業と個人の両方を飛躍的に成長させ、ビジネスの新たな展開を即時的にもたらすM&Aの素晴らしさを強く感じました。

現在の仕事への想い

私が体感したM&Aの素晴らしさをもっと多くの経営者に知ってもらい、「M&A」を当たり前の選択肢の一つにしていただきたいと思っています。中には「M&Aによる売却は、会社を捨てる行為なんじゃないか…」と不安に思われている経営者も多いようです。社長にも・従業員にも・取引先にも・引き受け会社にとっても、そして社会にとって最高のM&Aというものが存在します。経営者の中には「会社のこと・従業員のこと・お金のこと・未来のこと」等に想い悩んで、眠れない夜を過ごした方もいらっしゃるのではないかと思います。会社への責任や仲間を想う気持ちと「長年背負ってきた肩の荷を下ろしたい」という自分の気持ちとの狭間で動けない方もいらっしゃると思います。M&Aを実行するということは、言い換えれば、経営者にとって「新しい環境」へ飛び込むということです。私の場合は飛び込んだ後にさらなる環境の変化が待っていましたが、10年・20年と経営を続けられてきた方にとって、新たな環境へ飛び込むことはとても不安で勇気のいることだと思います。私は経営者のパートナーとして、そのような不安を解消し、新しい可能性に満ちた未来を掴み取るご支援を続けていきたいです。

あなたにとって覚悟とは

「自分の器を広げること」だと思っています。辞書を引いてみると分かりますが、「覚悟」とは「困難なこと、不利なことを予想して、それらを受けとめる心構えをすること」と出てきます。「経営者は決断の連続だ」という言葉も良く聞きますが、同時に覚悟の連続だと思っています。売上を伸ばすために、広告を打ったり、人を雇ったり様々な決断をしていますが、その裏には、常に「外したらお金が出ていっただけ=資金繰りの悪化」といった最悪のケースが存在します。仮に最悪のケースになったとしても会社が存続できるようにすることが経営者の仕事ではあるのですが、これを受け止め続けて前に進んでいくには、器が大きくないとできないことだと思います。覚悟の大きさと回数が自分の器を広げてくれるので、これからも「新しい環境」へ飛び込んでいきたいです。

カッコイイ大人とは

自分の中心を分かっている大人がカッコイイと、私は思います。自分の中心が分かっていないと、他人の言葉や目を気にして、生き方がいつまでも定まりません。生き方が定まっている人はカッコいいです。例えば、本田圭佑さんとかは定まっている感が全面に出ていますので、分かりやすいかもしれません。もちろん必ずしも全面に出す必要はないです。皆それぞれ、自分の心の中の居場所であったり、信念ともいえる中心があると思っています。この「自分の中心」というものは日々の経験の中で少しずつ変わっていきます。それこそ新しい環境へ飛び込めば、必ず影響があります。自分の中心を分かった上で、子供のように新しい環境を楽しみながら、経験を取り込んでいける大人に憧れます。大人はこれまで培ってきた固定観念が邪魔をして、自分の中心から頑なに動かないこともありますが、自分の中心を捉えつつも柔軟に変えていきたいです。

今後の展望

質の高いM&Aコンサルタントをもっと増やしていきたいです。やはり、私一人でこのサービスを提供できる人数はせいぜい年に数人だと思います。中小企業は300万社以上あると言われていますが、圧倒的に人が足りていません。一番大きい企業である日本M&Aセンターでも300人を超えている程度です。まだまだ歴史が浅い業界でもあり、コンサルタントの質にバラつきが大きいというのが現状です。M&Aコンサルタント養成講座で質の高いコンサルタントを増やして、多くの経営者の方にM&Aサービスを届けていきたいです。

若者へのメッセージ

積極的に新しい環境へ飛び込んでいくことが大切です。それには覚悟が必要ですが、その先できっと良い経験を得ることができます。もし悪いと思う経験をしてしまったら、反面教師として、良い経験に変えてしまえば問題ありません。また、大きな流れの中で自分を見失わないよう、自分の中心を捉えながら歩んでいってください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

柔道家 瀧本誠

柔道家
瀧本誠

ヴァイオリニスト 木嶋真優

ヴァイオリニスト
木嶋真優

元シンクロスイマー 武田美保

元シンクロスイマー
武田美保

お気に入り

LAVIEのPC

元々欲しいモデルがあったのですが、在庫切れだったため購入したものですが、情報革命中の今、仕事でもプライベートでも絶対欠かせません。情報収集はもちろん、コンサルタントにとってPCが価値提供の源泉です。

GALAXYのスマホ

移動中でも使えるコンパクトなPCですよね。電車の中でもちょっとした隙間時間でも電子書籍などで情報収集ができるし、分からないことはすぐに調べられます。このアイテムのおかげで成長が加速しています!また休日は家族写真をよく撮影しています。