ドライブシヤフト合同会社 代表取締役 石原鉄郎
いしはらてつろう

石原鉄郎

東京都生まれO型
職業:ドライブシヤフト合同会社 代表取締役
趣味:旅行、筋トレ、動画作成
座右の銘:過ちて改めざる 是を過ちと謂う

普通科高校卒業後、国立大学工学部に入学するも中退。フリーターを経て就職後、建設業、ビル管理業の資格取得に励む。7回転職を繰り返した後、8回目の転職に失敗し減収。2010年、44歳のとき、減収を補うために建設業、ビル管理業の資格指導講師の副業を始める。2014年、資格指導講師業(個人事業屋号)「ミスターte」開業。2017年、ビル管理会社を退職、51歳で独立。53歳のとき、2019年2月22日、資本金222万円でドライブシヤフト合同会社を設立。著書は「ビル管理の法律」第一法規ほか25冊以上。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

普通科高校卒業後、国立大学工学部に入学し、新聞奨学生として上京するも、大学中退。フリーターを経て、なんとか就職しました。その後、正社員として20年以上サラリーマンをしましたが、会社員生活に馴染めずに、その間8回も転職を繰り返しました。そして、44歳の時に8回目の転職に失敗して年収が200万円ダウンしました。なんとか減収分を副業で補うために建設業、ビル管理業の技術系国家資格の指導講師をはじめたのが、現在の仕事についた経緯です。わたしは、23歳から51歳まで会社員でしたが、会社組織の中で仕事するのが性質に合わず、8回も転職を繰り返していました。51歳で独立して、今は従業員ひとりの会社を経営しています。会社員時代よりも仕事をしている時間が増えましたが、会社員時代よりも自由を感じていますので、これからもこの仕事を続けていきたいと思っています。

現在の仕事への想い

今現在、50歳を超えているので自分のレベルが急に上がったり、ここから会社を大きくしようとかは考えてないです。自分のできる範囲で会社を1人で経営していきます。これからも少しでも人の役に立てるように私は教えるのが仕事なので教えることで社会貢献していきたいです。

あなたにとって覚悟とは

会社を辞めて、資格指導講師として独立した時です。これからどうなるのか分からない中、資格指導講師として始めました。今も常に不安は付き纏います。でも不安は期待と裏腹だと思います。先が見えてしまうと面白くありません。失敗しても自分の人生で後悔のない選択をしたいです。

カッコイイ大人とは?

挑戦してチャレンジしている人です。駄目だと思うと挫折で終わってしまいます。これは上手くいかなかったからこうしようとかこれはやめておこうなどと、もがき続けて頑張る人です。何回も辞めようかな、投げ出しそうな時はあると思いますが途中で辞めてしまうと全てが無になってしまうので、何かしら形が残るまで頑張り続ける人がカッコイイと思います。また、苦行みたいにやると続かないので楽しみながらやる。私も、もがきながら頑張り続けたいです。

今後の展望

現状維持です。現状維持するために日々行動していく。小さな目標だが講師になりたい人を育てたい。もう一つは私が大学を辞めている人間ですので大学を辞めた人の支援や再就職をできない人に対して支援をしていきたいと思います。私も50歳から起業したので40歳・50歳から再チャレンジする人の応援もしていきたいです。

若者へのメッセージ

わたしは、大学を中退したときに思ったことがあります。それは、「大学を辞めてよかった。」といえる人生にしようということです。それは今でも変わりません。災い転じて福となそうと思いました。また、大学だけが勉強の場でなく、社会にもたくさん勉強の場はあります。そして、勉強するのに遅すぎるということもなく、何歳になっても勉強するのに遅いということもまたないと思います。しかしながら、勉強は、若いうちに、そして、優れた環境で行うことが効果的だと思います。状況が許す限り、若いうちにできるだけ高等な学府で勉強するのがベストだと思います。若者へのメッセージとしては、40代50代でも新しい挑戦は可能ですが、それは、現実的には実績のうえに積み上げたものからの挑戦になりますので、それまでにいろんな経験をして実績を積み上げる必要があります。実績を積み上げるためには、同じことを繰り返していては積みあがりません。毎日、毎月、毎年、少しずつ新しい挑戦をして成長することが不可欠です。とにかく、トライしてみましょう。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

演出家 テリー伊藤

演出家
テリー伊藤

デザインディレクター 川崎和男

デザインディレクター
川崎和男

元ラグビー日本代表 大畑大介

元ラグビー日本代表
大畑大介

お気に入り

著書、執筆、監修した書籍

10年で26冊の著書、執筆、監修をしました。編集者との共同作業で作りあげたものです。

資格者証

30年で30種の資格取得をしました。50代からは10種の資格を取得しました。