~Solana~ソラナ柔整体院 代表 院長 松本隆博
まつもとたかひろ

松本隆博

大阪府生まれO型
職業:~Solana~ソラナ柔整体院 代表 院長
趣味:ドライブ、読書、スポーツ観戦
座右の銘:痛みを半減、喜びを倍に

大阪私立初芝高等学校体育科卒業。ハンドボールのインターハイ最終予選に怪我で出場できず、挫折を味わう。21歳でガラス・サッシ施工販売業の主任へ25歳で佐川急便に転職。更に27歳で運送会社に転職。長距離トラックドライバーを経験。12年後、高校時代、サポートしてくれた整骨院の先生のような人間になりたいとの想いから、42歳で柔道整復師の国家資格を取得し、46歳の時に高柳整骨院(平野院)の経営権を買取り独立する。47歳の時に現~Solana~ソラナ柔整体院へと院名を変更し、完全自費治療院への再スタートを切り、49歳で羽曳野市にもう1院開院。現在2院経営。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

高校時代にスイムインストラクターをしていたこともあり、子供へのスポーツ指導にも興味がありました。高柳整骨院では野球教室もあったので、そちらのアシスタントが出来ることもあり、門を叩いたのがきっかけです。高校時代には腰痛と坐骨神経痛に悩まされ、整骨院に通院していました。当時、私を診てくれた院長先生はケガの治療だけではなく色んな悩みも聴いてくれたり、アドバイスを頂いたり、すごく心強かった記憶が残っていたのです。私も、後に何十年もその記憶が残るような影響を与え、勇気を与え、人から頼りにされ喜んで頂けるような人間になりたいと一念発起しました。自分には遅いかもしれないと思いつつのチャレンジでしたが、その思いにブレることなく39歳からこの業界に飛び込みました。

現在の仕事への想い

整骨院時代、違和感を感じたことがありました。それが健康保険の適用です。整骨院で健康保険が適用できる症状は、捻挫・打撲・ムチ打ち・寝違い・ぎっくり腰など急性症状に限るにも関わらず、ご来院くださる90%以上が慢性症状でお困りの方だったのです。ということは、求めてこられる患者様が一番困っているのは慢性症状であることに気付いたのです。にも関わらず、院経営の為にムリやり健康保険を適用させてきた現状に「何の為に国家資格取ってこの道を志したのか?」という疑問との葛藤が続いたのです。よって、健康保険の取扱いをやめることを決意し、慢性症状でお困りの方を対象に「とことん寄り添い、背中を押し、手を引き、なりたい自分に導く!」を治療理念とし現在は本当にやりたかったことが実現できております。当院の治療理念の基礎は紀元前400年の哲学者「ヒポクラテス」の格言がベースとなっております。

あなたにとって覚悟とは

年齢に関係なくとは思いつつも39歳から専門学校に通いながらこの道に飛び込んだことです。必ず独立して自分の院を立ち上げると決め健康保険を適用していた普通の整骨院からの脱却をはかり、自費に切り替えるのは相当な覚悟がいりました・・。自費の患者様が、ある程度の高額プランで通院を決意されたと同時に、私は患者様が目指す頂に導く覚悟を決めます!どんなに辛いことが起こっても絶対に諦めない覚悟で挑んでいます。総括して「決めた!」を「必ず達成する!」までブレさせない覚悟ですね。

カッコイイ大人とは?

常に人に囲まれていて、人を引き付けるような思いやりのある人です。人の応援をしてくれて、利他的な心を持っている人。利他的思考と、利己的思考を兼ね備えていて利他的思考を優先できる人。利己もおろそかにせず、自分のことにも一生懸命な人がカッコいいと思います。

今後の展望

不健康長寿国日本、寝たきり長寿国日本から脱却する為の貢献です。世界の長寿国と言われる日本であるが、決して健康長寿国とは言えない。そのような現状がなぜ生まれてしまったのか?それは、私達人間が本来備え持っている「生きる力」の凄さ「人間の未知なる可能性」の凄さを私達人間自身が知らないからです。人間は人間が快適に過ごす為に、様々な発展によってとても豊かな生活環境になったかもしれません。しかし、私はそれらの恩恵をただ喜んで受け続けることが果たして本当に喜ばしいことなのか? と疑問を感じます。今後は益々便利な世の中に発展していくことに間違いないでしょうが「便利の裏側にあるリスク」に気付いて頂きたいのです。私は今まさに「人間は原点回帰の時代に来た」と考えます。「健康」ではなく本当の「健幸」に導く活動として幅広く情報発信をして沢山の人々に「自分の身体は自分で守ることができる!!」を常識の中に入れていきたいのです!

若者へのメッセージ

仕事仲間が27歳で肺がんになりました。今まさに療養中です。しかし、私とヒアリングを続けていた為に現代医学の常識から脱却することができて、かなり重度のガンであっても私のメソッドを取り入れ回復に向かっております!27歳の彼はこのように言いました。「自分はこの若さがあって健康に関しては全くの無頓着だった。松本先生と出会ってなかったら、きっと自分を憎まず、病を憎み、幻滅し、虚無感に打ちひしがれ、身体を傷つける医療行為をしていたことでしょう。だから私のように若くて健康意識が低い人達を松本先生が救ってください!」私は若い人へのメッセージとして、お金よりも時間よりも健康が最も大切である!ということを伝えたいのです。確かに今という若さを楽しめるのは若い今かも知れません。しかし人生という航海は一度きり。明日がわからない「今」も、もちろん大切ですが、未来を末永く素晴しい人生にする為の「今」も大切であるということに気付いてほしいです。未来の為の「今」を過ごすことができれば、わからない明日はありません。未来に向かって、既に航海は始まっています。しかしゴールがない航海は大海原を漂流している船に乗っているのと同じです。是非、こうなってやるんだ!という自分を目指して後悔のない航海を全うしてほしいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

公立豊岡病院但馬救命救急センター センター長	 小林誠人

公立豊岡病院但馬救命救急センター センター長
小林誠人

北関東循環器病院 院長 南和友

北関東循環器病院 院長
南和友

プロレスラー 武藤敬司

プロレスラー
武藤敬司

お気に入り

A6ノート

常に肌身離さず持ち歩きます。すべてのメモはこの1冊に集約しています。

高松の弘憲寺というお寺の数珠

こちらのお寺は知る人ぞ知るヒーラー住職が、先祖を含めた様々な供養をしてくださるお寺です。人生観が変わります。こちらの住職から頂いた数珠も肌身離さず持ち歩いています。常に気は浄化され様々な災いから身を守ってくださっております。