株式会社アドリンク 代表取締役・経営者 上治太紀
うえじたいき

上治太紀

兵庫県生まれA型
職業:株式会社アドリンク 代表取締役・経営者
趣味:バレーボール
座右の銘:信念を持って、自分らしく

立命館大学経営学部卒業。2012年に合同会社アドリンクを立ち上げ、2013年に株式会社化。京都の観光フリーペーパーの制作などを経て2014年より外国人観光客向けの通訳ガイドサービスを開始、現在のインバウンド対応総合サポートサービスに至る。京信起業家大賞やみたかビジネスプランコンテストなどの受賞歴やNHK
WORLD-JAPAN、APPLE DAILY、テレビ大阪、日経新聞、京都新聞などメディア掲載多数。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

大学の起業家教育プログラムの受講がきっかけで起業という選択肢を考え出しました。初めは1人でビジネスアイデアを考えたりするだけでしたが、大学2回生の秋頃に同じクラスだった友人と組織化し、お金を出し合って大学周辺の店舗の方々にお願いをして学生向けの広告を始めたのが最初です。それから様々なビジネスコンテストに参加し、京都のインキュベーションオフィスの無料利用権を副賞として頂き、もともと観光による地域活性に興味があったので、今現在の業務に近いことを始めました。

現在の仕事への想い

「僕らのアイデアが地域を変える。株式会社アドリンクは絶えず新しいアイデアを出し続け、地域社会の発展に寄与します。」という企業理念のもと、インバウンド観光を通じて地域をどのように活性化させられるかを自分たちのアイデアや経験からその地域にとって最適な対策を提案・実施できるように心がけています。
最終的には生まれ育った地元にも貢献できるような仕事にしていきたいです。

あなたにとって覚悟とは

大学3回生の冬に就職活動をせず、今の会社を続けていくことを選んだ時、その後資金調達を実施して株式会社化をした時が大きく覚悟を決めた瞬間でした。周りが就職していく中で休学をして今の会社に専念をした時の不安と資金調達を受けて失敗できなくなったという将来への不安はとてつもなく大きかったですが、そのおかげで今のアドリンクがあり、様々なことにチャレンジさせてもらうことができています。

カッコイイ大人とは?

僕が一番尊敬するのは高校時代の部活の顧問の先生です。信念を持ち、常に新しいことに取り組んで、弱小校で素人同然だった自分たちを大舞台まで連れていってくれて”夢”を見させてもらいました。周りに流されず、信念を持って突き進んでいくことで周りに大きな影響を与えられるような大人がカッコイイと思います。

今後の展望

これまで京都を中心に数年間インバウンド観光に携わってきました。昨年から京都で培った経験やノウハウをもとに日本全国の地域で観光分野での地域活性に取り組んでいっています。まだまだ小さな会社でなかなか全国各地で活動を拡げていくことは難しいですが、少しずつ活動の幅を拡げていくことができています。これから日本の観光産業が大きく発展していく中で日本全国に欠かせないような存在になることが目標です。

若者へのメッセージ

これから日本を背負う若者に対してですが、どちらかというと僕自身これからの日本を良くしていくために頑張っていかないといけない世代だと思っているので、応援メッセージという言い方をするのは難しいですが…
自分たちのような若い世代でも何か行動することで、日本のどこかを動かすことができると今の仕事をしていて感じる時があります。何も考えず勢いだけで動いていた20歳の時だったからこそ、大胆な決断ができたと思っていますし、とにかく若いうちに何かを感じたり、思いついたりした時にすぐに動き出すことが大事だと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

和歌山県知事 仁坂吉伸

和歌山県知事
仁坂吉伸

元全日本女子バレーボール代表・キャプテン 竹下佳江

元全日本女子バレーボール代表・キャプテン
竹下佳江

東京医科大学 泌尿器科学分野 教授 大堀理

東京医科大学 泌尿器科学分野 教授
大堀理

お気に入り

スマホ

最近買い替えたiPhoneで1日中肌身離さず持っています。仕事をするにもゲームをするにも音楽を聞くにも普段の生活で一番の必需品です。

アイウェア

目は2.0で良いのですが、メガネやサングラスが好きで私服の時はたまに着用しています。