A’s Bee 代表取締役 近持篤
ちかもちあつし

近持篤

大阪府生まれA型
職業:A’s Bee 代表取締役
趣味:ゴルフ・唄(ボーカルユニット)・ボウリング
座右の銘:自分の頭で考えて行動!

1964年生まれ。大阪市出身。2004年友人の紹介を受けて歯科医療の事務長として浜松市に赴任。4年間の歯科医療の業界で事務長業に邁進し東京都渋谷区と磐田市に新規歯科医院2院を開設する。2008年に医療法人社団浜松平良内科の事務長に着任。以降11年間に及ぶ事務長職(現在も請負で継続中)の間に介護施設三事業所を統括し、サービス付き高齢者向け住宅「おおるり三島」を1年6ヶ月で黒字化。2015年独立。翌16年に「株式会社A’s Bee」を開設。独立した医療法人とは事務長の請負として良き関係を継続。2017年に浜松市認可の小規模保育事業に着手し「みつばち保育園」を開設。同時に病児・病後児保育室も併設。2018年 高齢者生涯生活支援事業「華厳の会」を設立。社会貢献を目指しながら高齢化社会に一石を投じるために日夜奮闘中。現在に至る。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私は大阪出身で39年間大阪の土地を出たことがありませんでした。父親・母親と一緒に商売をしておりましたが、父・母共に他界し気が付いてみると自分一人では何もできない状態になっておりました。言い換えれば親の陰に隠れてぬくぬくと過ごしていただけであったと今振り返ると反省しています。そんな中、親から引き継いだ商売を自分一人では運営して行けない状況になり倒産致しました。昔からの知人の厚意で何とか生活を続けておりましたが、たまたま他の友人から「浜松市で歯科医院の事務長を探しているので推薦しておいた」と連絡をもらい、自分を変えるべく「転地」をして出直しを図りました。それから紆余曲折があり浜松で生活すること15年になりましたが、約4年前に現在もお世話になっている医療法人の理事長に「社員から独立してはどうか?」と勧められ個人で事業を始める事となり、その時点で考えたのは、悪い事続きだった大阪から浜松に移りやっと独立出来るまでになれたのも、この浜松の地と地域の人によって育てて頂いたという思いが非常に強かったことを今でも覚えております。これが私の仕事へのモチベーションです。

現在の仕事への想い

前述しました通り、地域の人に育てて頂いたという思いがありますので、今後の事業展開は「社会貢献」がキーワードになってまいります。独り勝ちでなく皆がwin&winになる事こそ私の理想です。

あなたにとって覚悟とは

非常に難しい質問と思います。単純に今だけを見れば、保育園を設立し従業員を抱えた時に、「同じ失敗を二度と繰り返さないぞ!」と思い保育園運営を始めた時なのですが、それ以前に大阪の地を離れる際、「自分はどんなことをしてももう一度這い上がっていく!」と心に誓って浜松に移った時なのかもしれません。でも今の私の覚悟は「自分の信じたことをブレることなく最後まで行う。」ということです。

カッコイイ大人とは?

仕事で夢を語れる人。私の年齢(55歳)以上になって遊ぶということが出来、その遊びで心から笑える人
他人の為に泣ける人。

今後の展望

考え出すときりがない程夢は多くあります。高齢者支援事業の拡大により支援事業のネットワークが構築されることによって連携する人や物が多くなると、地域包括支援の在り方が変わってきます。世の中が変わるということです。高齢者支援事業ではそれを目指します。保育事業については人口減少とともに生き残り合戦が始まっていくと予想しておりますので、どの保育園にもない独自性を打ち出しての保育事業を目指します。またそこからの派生で、現在核家族化の中、弊害として子供を虐待したりそれ以上の悲劇があったり…。その一部でも救済できるような悩み相談書き込みアプリの創設、その中に弊社の保育園で働く保育士などのアドバイスや先輩親御さんからの提言などを入れることが出来るネットワークづくりを行いたいです。考え出すと色々出てきて頭の中がまとまらなくなります。

日本を背負う若者へメッセージ

やはり一番訴えたいのは「自分の頭で考えろ!」という事かな…。仕事を見ていても指示を待たなければ出来ない人が多すぎると思います。皆が等しい(平等)ということと、皆が同じ(同一)ということは絶対に違います。自分の道を進んでほしいと思います。そのためにも考えることが大切になってきます。少しの差が10年経つととんでもない差になりますよ!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

服飾評論家 市田ひろみ

服飾評論家
市田ひろみ

元F1レーサー 片山右京

元F1レーサー
片山右京

スカッシュプレーヤー 松井千夏

スカッシュプレーヤー
松井千夏

お気に入り

自分で焙煎したコーヒー

コーヒー好きが行き過ぎて生豆を購入し自分で焙煎し飲んでいます。来客者には自らコーヒーを立て皆様に楽しんで頂いてます。ちなみに苦いコーヒーしか置いていません。

Martin acoustic guitar

高校生の時には高価で手が出なかった逸品を自分へのご褒美で買いました。いい音が出るのですが、技術が伴いません。