覚悟の瞬間(とき)

三浦歯科医院 院長 三浦靖
みうらやすし

三浦靖

岩手県生まれA型
職業:三浦歯科医院 院長
趣味:スポーツ観戦、ジョギング、歴史
座右の銘:挫折と書いて飛躍と読む

昭和60年東京歯科大学卒業。平成2年同大大学院卒業 歯学博士。平成4年~平成9年東京歯科大学講師。平成10年~臨床歯科研究会講師。平成15年~東京歯科研究会講師。平成19年~三浦式波動研究会会長。現在、千葉県市川市で開業中。
オリンピックの金メダリストや、各界のチャンピオンなどが通院し、2004年アテネオリンピックにおいては、当時の全日本柔道代表監督斉藤仁先生より、オリンピックの同行を依頼されたほど、超一流のアスリート達の支持を得ている。東京医科歯科大学で講師をしていた福田先生は、「寝た切り老人でも、どうしても歩きたいという人に三浦式で治療すれば、ほぼ100%の人が歩き出す」と言っていた。当院へは、お医者さんが治せない患者が来院し大きな成果を出している。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私が子供の頃、歯医者は少なく早朝から並ばなければ、受診できない状態でした。それを解消するため兄が歯医者になると言って歯科大学へ入学しました。兄が歯科大に入ったので、私は東北大学医学部を目指すことにしました。私は高校生活で自分の理想とする高校をつくりあげようと、1年生の時野球部に入ったのですが、生徒会の仕事を始め、野球部が続けられなくなりました。運動もしたかったので、皆が帰ってから一人で練習できる陸上部にも入ることにしました。生徒会長と陸上部の練習のため帰宅は毎晩遅く、母親は止めることを望んだのですが、父親は2浪までは許すので今は好きな事をしてその後頑張るよう応援してくれました。現役受験の時、兄が東京歯科行ってるので、受験度胸をつけるため東京歯科を受けたところ受かってしまい、浪人するつもりだったのですが、歯医者も悪くないと考え直し、当時は安易な気持ちで歯科医になりました。

現在の仕事への想い

あるデータによれば、世界の薬の半分が日本で消費されているそうです。石油が原料の薬は病気を治しているのではなく症状を消しているだけで、病気を治しているわけではありません。薬は飲み続けると徐々に身体は弱っていき様々な病気になりやすくなります。それに対し現在の医療で原因不明と言われているリュウマチ、ヒポクラテスが今から2000年以上前歯を抜いたらリュウマチが治ったと記しています。歯は血管と直通のため歯にできた病巣、細菌は直接血液の中に入っていき、あらゆる病気の原因となります。口の中をキレイにすると肺炎やインフルエンザが10分の1になると言われています。噛み合わせが悪いと身体が歪み血流が悪くなり免疫力が下がり病気を引き起こす原因となります。薬を使わない三浦式波動反射法を駆使した歯科治療は病気を根本から治せることが多くあります。この素晴らしい治療法を世の中に広め世の中から病気をなくし、笑顔あふれる日本にしたいです。

あなたにとって覚悟とは

私にはどん底の時期がありました。どうにもならず毎日1時間くらいで目が覚めてしまいました。そんな不眠症が1ヶ月程続き、自殺も考えました。そんなとき、昔読んだ本を思いだし、過去のことをくよくよ考えても仕方ない、今日出来ることを精一杯すればいいじゃないか、と思えた時少し楽になりました。それからは、あらゆるセミナーを受講し、毎晩最終電車までひたすら勉強しました。そんな生活が4年ほどつづいたある日、「あれ、この人はここが悪い。こうすれば治るぞ」と判るようになってきました。三浦式波動反射法を開発した瞬間でした。それ以来あらゆる病気が歯科治療で改善し、アスリート達の運動能力を格段に上げれるようになりました。どん底だった自分がここまで成れたのは、両親や、家族、沢山の方達の励ましのおかげです。私は何としても成功し、皆さんに恩返しをし、世のため人のためにこの治療法を広めると決め、どんな困難にも立ち向かう覚悟をしました。

カッコイイ大人とは?

自分の信じた道を極めるためひたすら努力し続ける。その際広い視点で常識にとらわれない自由な発想を持ち、他人から見て大変と思うようなことにも常に笑顔で挑戦する人。大変なことを大変と感じさせず、一緒にいると思わず応援したくなるような、懐の広い人。南極越冬隊第一次隊長の西堀栄三郎さんのような、どんな状況でも悠々としていて、決して他人に強制することなく、様々な工夫をこなして皆をその気にさせる。さらにどんな失敗に対しても寛大で自分には厳しく他人には優しく、相手の失敗をフォローし、落ち込んでいる人を励まし、かといって手を貸しすぎず、全て自分でやり遂げられるように見守ってあげるような人。家族など、身近な人を大切にし、外見もお洒落で常に清潔感が漂うような、それでいてファッショナブルな人。

今後に向かって

高齢化が進む日本の税収入55兆円に対し医療費は42兆円で10年後には60兆円になるとも言われています。借金にまみれた日本の予算は年間100兆円を越え医療費の問題は、日本を破綻に導く元凶になっています。薬は絶対に必要なものですが、薬を飲み続けると免疫力はどんどん下がり、あらゆる病気を増やし、この状態が続けば日本の財政は破綻し、病人だらけの活力のない国になってしまいます。病気の96%は活性酸素が原因と言われており、それを唯一中和できるのが水素です。歯科治療とともに、水素はあらゆる病気を改善する可能性があります。ある高名な大学教授が、あらゆる水素を試したところ、ほとんどの水素水などが数分で水素を出さなくなったのに対し、水素セレブのみが21時間水素を出し続けたそうで、数ある水素の中で格段の効果があります。水素セレブと歯科治療で日本を病気のない活気ある国にします。

若者へのメッセージ

人生は山あり谷あり、特に若い時は理想と現実のギャップに苦しむことも多々あると思います。何度やっても上手くいかず心が折れそうになることもあると思います。どうしてほかの人は上手くいってるのに、自分は上手くいかないのだろう等々様々な困難が降りかかります。その時大切なことは、悲壮感を持たないことです。悲壮感に被われてしまうと視野が狭まり、思考力が下がります。苦痛がどんどん大きくなり、だんだんとやらないための理由を探し始めます。こんな世の中だし、上手くいくわけがない。これを続けても何の意味があるんだ。こんなのできるわけがない、などとにかくやらないように言い訳をして、どんどん当初の理想を忘れ、妥協をしていくようになります。しかしそれでは本当の万足は得られません。人間とことん追い詰められたとき、真の力、未知の自分に出会うことができます。全ては自分次第で思い通りの人生が描けます。人間の能力無限です。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

演出家 小池博史

演出家
小池博史

デザインディレクター 川崎和男

デザインディレクター
川崎和男

バレーボール全日本女子監督 眞鍋政義

バレーボール全日本女子監督
眞鍋政義

お気に入り

デンタルフロス

歯と歯の間を清掃するだけの道具と思われるかもしれませんがこれを使うことで体調が改善されるとおっしゃる患者様もおり、感動してくれるので、大変気に入っています。

スマホ

現在はスマホ社会と言われるように、スマホが無ければ成り立たないほど生活の中心になっています。
大変便利で、進歩の早い医療業界の情報を私はスマホから得ることも多く、様々な情報が得られるので、大変助かってます。