覚悟の瞬間(とき)

MINATO総合事務所 代表 湊秀樹
みなとひでき

湊秀樹

北海道生まれO型
職業:MINATO総合事務所 代表
趣味:ジム、カラオケ
座右の銘:失敗は成功の架け橋である

獨協大学卒業後、社会保険労務士・行政書士事務所、会計・経営コンサルタント事務所勤務を経て、2006年11月「MINATO総合事務所」および「MINATOコンサル株式会社」を設立。平成25年4月1日「労働保険事務組合北海道労務経営協会」認可。平成25年4月1日「北海道労務経営一人親方組合」認可。平成27年7月17日「一般社団法人MIRAI相互創造推進協会」設立。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

正直言いますとたまたまです。私は生まれも育ちも北海道の札幌市なのですが、大学が埼玉の大学でして、卒業後札幌に戻りました。学生時代はアルバイトとジム通いばかりでまったく就職活動を行っておりませんでしたので、生まれて初めてハローワークに行き、求人票を見て行政書士と社会保険労務士の事務所に応募したのがきっかけです。そんな私ですが、なぜが就職できてしまいまして。当時は行政書士や社会保険労務士がどのような仕事をするのかなど調べもせずに勢いで就職してしまいました。当時から将来は個人の力で何かしたいと考えていましたので、士業事務所を就職先に選択したのはそんな想いがあったからかもしれません。結局、3つの事務所でお仕事をさせていただき、平成18年11月に独立開業いたしました。

現在の仕事への想い

「お客様の為にできることを探求し、お客様の成長に貢献する術を追求すること」です。今の自分があるのはお客様のおかげです。私は、社会保険労務士という仕事を通じて、これまで1,000人を超える社長様とお仕事をさせていただいております。皆が様々な個性や考え方をお持ちになっています。社会の常識も全くわからなかった私に、経営者の考え方、人としての在り方などをお客様が教えてくれました。そして、今でもたくさんのことを学ばせていただいております。ですから、私自身多くのことを学び、私の知識や経験をお客様の成長のお役に立てていただき、お客様と共に成長し続けて行くことが、お客様への恩返しだと思っております。また、社会保険労務士という仕事を通じて、お客様と喜びだけではなく苦しみや悲しみも共に乗り越えてまいりました。これからも、お客様の良き理解者であり、支援者であり、時として指導者となるべく日々努力することが私の使命であると考えております。

あなたにとって覚悟とは

独立を考えたときです。何年か仕事をしていると、自分の仕事の色が出来てきます。しかし、自分ではお客様のために役立ち正しいと思う言動が、当時の勤務先の事業主にはなかなか理解してもらえない機会が増えてきました。事業主の考えに基づいて妥協もしましたが、私なりにどちらが正しいかを考え、自分の行動を貫くことが正義と考えました。そのためには自己責任で行動しなければならず、独立を決心しました。ただし、その前に社会保険労務士試験に合格しなければなりません。実務上の知識と経験は十分積んでいましたが、資格勉強は真剣に行っていなかったので、働きながら独学で資格取得の勉強を始めました。平日は遅くまで仕事をしていましたので、土曜日や日曜日の時間を利用しました。そして、なんとか社会保険労務士試験に合格することができました。普段の業務が多忙でしたので、心に決めた想いがなかったら合格も開業もなかったと思います。今思えば独立した時は3人目の子供が生まれたばかりでしたので、よく実行したなとも思います。支えてくれた家族とお客様に感謝の気持ちでいっぱいです。

カッコイイ大人とは?

その場の空気をとっさに変えられる人には憧れます。こういう人は、いるだけで存在感があり、周りに安心感を与えられる人が多く、自然と周りに人が集まってきます。経験値が高く、洞察力があり、自信があり、精神的余裕を兼ね備えている必要があると思います。個性はとても大事で、その個性を存分に出している方は素敵だと思います。そのうえで、自己中心的にならずに、スマートに周りを巻き込むことができる人になりたいと思います。あとは、年を重ねても新しいことにチャレンジする人。自分自身にまだまだ満足できる器ではないので、常に前を向いて行動する方には憧れます。年をとってからの失敗は怖いものですが、失敗を恐れず、失敗しても謙虚に受け入れ、次の成功のために進み続ける。思いがあっても行動しなければ始まらないので、日々前進できるようにありたいと思います。

今後に向かって

ITやAIの技術革新により、今後の雇用形態や社会保険労務士の仕事にもさまざまな変化が見られてくると思います。それでも、人と人のつながりが無くなることはありません。技術革新をプラスに考え、これまでできなかった新しい何かをお客様にご提案していきたいと思います。そして、どのような環境下であっても、時代に合った術を探求しお客様と共に成長を続けて行きたいと思います。そのためにも、社会保険労務士という枠にこだわらずに、士業・コンサルタント・技術者等、多くの方と協力していければと考えています。私の想いを理解して付いてきてくれている今の職員たちがいます。今後も同じ想いを持てる方と共に仕事をしていきたいですし、場所が離れていてもネットワークを組みながら連携できる仲間を増やしていければと考えております。

若者へのメッセージ

私の20代は決して誉められるようなものではなく、今の20代の方のほうがよっぽどしっかりされていると思います。ですから、大したことは言えないのですが、若いからこそ失敗と成功をたくさん経験していただきたいと思います。失敗は誰もが嫌なものです。失敗せずに行動できるのがベストでしょうし、最初から失敗したくてする人もいないでしょう。でも、もし失敗してしまったら・・・その時は何が悪かったのかを謙虚に分析し、次の機会で克服すれば成功に繋げられます。成功は自信になり、自分を成長させてくれます。大事なことは失敗を次に進むための過程だと信じることではないかと思います。仕事も人生も次のステージがあるはずです。日々無難に1日が終わる毎日もそれはそれでいい毎日かもしれません。でも、自分の可能性を信じて前向きにいろいろな経験を積んでステージを上がり続けていると、いつの間にか周りから認められ、頼りにされる存在になっているのではないかと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

アテネ・北京五輪体操メダリスト 冨田洋之

アテネ・北京五輪体操メダリスト
冨田洋之

ソムリエ 田崎真也

ソムリエ
田崎真也

ベリーダンサー 木村カスミ

ベリーダンサー
木村カスミ

お気に入り

かばん

北海道を代表する鞄工房「いたがき」のビジネスバッグです。受注製作のため、持っている方も少なく、お気に入りのかばんです。同じく北海道を代表する革ブランドである「ソメスサドル」のダレスバッグと、用途に合わせて使い分けております。

名刺入れ

初めて東京で仕事をすることになった時にお会いした社長様が使用していたブランドの名刺入れです。同じブランドを好きな方とは、名刺交換から盛り上がり、今でもつながりの深い関係を築かせていただいております。