覚悟の瞬間(とき)

美相研究家 神代佳代子
かじろかよこ

神代佳代子

千葉県生まれO型
職業:美相研究家
趣味:スイーツ作り、掃除、整理整頓、お風呂美容
座右の銘:ピンチはチャンス

千葉県立大原高等学校卒業。18歳で結婚、19歳で出産、19歳で離婚。その後、アパレル、歯科助手、カネボウ化粧品美容部員、手に職をと思いエステティシャンの道へ。美容歴25年。数々の資格を取得し現在3店舗のサロン経営とスタッフ育成をしている。ピュアーレ・エコはエステティックグランプリ登録店として最高のサービスとおもてなしをしており、ボランティア活動では結婚式場のエステネイルのコンシェルジュも行っている。

オフィシャルサイト オフィシャルブログ

来歴

1 2 3 4 5

幼少~学生時代

幼少期は元気いっぱいな女の子でした。とにかく楽しいことやイベント事は大好き。姉が2人おり、おしゃれも大好きで姉2人が着ていた服、例えばピンクとオレンジのスカートやブルーとグリーンのワンピースみたいに一つのデザインで2回色違いで楽しめる事に「色違いだーわぁーすごーい」と毎回楽しい気分になれたのを覚えています。こんな幼少期でしたからアルバムを見返してみると色違いの服でうつっている写真はどの写真も笑っている写真ばかりでした。そのせいか今でも気に入った物は赤と白など、2つ買うという習慣が身についてしまいました。体育や美術や家庭科の授業は大好きで、「頑張ると章をもらえるんだ」、と知り、何事にも目標に向かいチャレンジ精神を養うことができました。そのころから、何かするならやりがいをもってやりたい、それが結果、「人に喜んでもらえるならもっと楽しい!」と思っていました。学校の行事などでは率先して計画を立てる役を買って出ましたし、少し寂しがりやな子がいると、自分から声をかけてあげるなど、楽しくなる様にいつも心がけていた気がします。

現在の道へ進んだきっかけ

結婚をして、出産をして、離婚もして、「あーこれから働かないと・・」と思っているときに、よくよく考えてみたら「私って何にもできない人なんだ!」ということに気付きました。何たって高校卒業してすぐ結婚をして世の中を知らないまま色々なことが過ぎ去っていったのです。そこでまず初めに働いたのがアパレル関係の仕事でした。もともと服が好きだったので、好きな仕事なら続くだろうと考えた結果でしたが、現実は甘くなく、あえなく退職。その後、歯科助手や美容部員など転々としました。今思えば自分探しをしていた時期だったのかと思います。そしてそのころ、「どうせ一回人生に失敗してやり直しをするのだから、社長になってみたいな!」という考えがふっと頭をよぎり、これから生きていくためには「手に職をつけなければならない」と思い、色々と考え自分の欲求と向き合った結果、ずっと綺麗でいたい、自分の顔のシミをなんとかしたい、そしてそれが女性として必ず喜ばれるサービスであると確信しエステを選びました。決断してからは早かったです。どのようにすれば綺麗になれるのか、シミをなんとかできるのか、そこから試行錯誤の日々が始まりましたが、なんでもすぐ行動し、いくつもの壁を乗り越え、お店のオープンをすることができました。もし自分の顔のシミを別のお店に頼って治していたら、今の仕事はやっていなかったと思います。

覚悟の瞬間

エステサロンをオープンして、うれしかったのもつかの間、半年後にはお客様がゼロになりました。何度ページをみても予約表は真っ白。これから先のことを考えると、いてもたってもいられず、「どうしたらいいのか、なぜこんな状況になってしまったのか」と、自問自答する日々。本当にピンチでした。家賃や光熱費や仕入れた商品代もろもろ、どうすることもできず、ただただ出て行くのはお金だけ。何もかも考えられられなくなり、涙もでませんでした。このときに思ったことが「ピンチはチャンス」です。「何かできることがあるはず!」、そう思って考えていたら何かのテレビか雑誌でたまたま目にした「お掃除をするとお客さまがやってくる」というもの。本当かどうか試してみよう、と即実行。これって本当でした!7月にオープンして12月ではほとんどお客様がおらずで新年どころではなかったのですが、毎日掃除を徹底してやるようになり、1月1日からも出勤してトイレ掃除をしていたらそこに一本の予約の電話が入ったのです!本当に嬉しくて、嬉しくて自然と最高に明るい声で対応したのを今でも思い出します。このときの状況は映像として目に焼き付いていますね。

今後の目標

今年中に今ある3店舗のお店をグレードアップすることと、トータルサロンの確立です。ノウハウや苦難を乗り越えたエピソードを、困っている方へ伝える為に個人としては今後本の出版なども直近で視野に入れています。そして来年ちょうど25周年を迎えるので、お世話になった方々と記念パーティーも計画中です。売上規模としてそのころには3億円規模まで大きくしていき、将来的には海外進出、教育事業を展開していきます。

日本のアカルイ未来のために

今は何でもある時代で、何でもありな世の中ですから、創造性にすぐれ自分を表現するには良い時代です。無から有をつくるのはいろいろな「壁」がありますが、1から2をつくるのは簡単です。スタートダッシュが命です。自分の可能性を知ることは自分への成長に繋がりますし、人生の半分以上は仕事から学ぶものです。チャレンジすれば必ず結果がついてきます。やりたいけど、できずに終わっていく人生よりも、やってみたいけどできずに終わっていく人生よりも、やってみて勇気を与えられ、どんどん自分が磨かれていく方が生きていて充実感も得られるはずです。ときには立ち止まることも必要ですが、過去は考えずにこれからを楽しんでいこう。きっとそうなったら毎日が笑えて楽しい日を過ごせていけるでしょう。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

米国NPO法人コペルニク 共同創設者・CEO  中村俊裕

米国NPO法人コペルニク 共同創設者・CEO
中村俊裕

東京外語大学教授 伊勢崎賢治

東京外語大学教授
伊勢崎賢治

衆議院議員 長島昭久

衆議院議員
長島昭久

お気に入り

ペン

1店舗目オープン当初、ずっと憧れていた品物です。目標達成したら絶対に買おうとに決意し2店舗目出店記念にボールペンです。3店舗目出店の際にはシャープペンシルを購入しました。何かの本で「一流は毎日使う物程、その人の品格を表す」と書かれている言葉が印象的でした。「モンブランに負けない位、素敵な自分になろう!」という気持ちにさせてくれるアイテムです。

プレゼント

全てお誕生日に頂いたものです。ピュアーレ・エコのスタッフは私のことを良く知ってくれていて私が喜ぶものをいつもプレゼントしてくれます。またスタッフの娘様からも頂きました。スタッフが選んでくれているときのことを想像すると、心が癒されます。どれも私の仕事と私生活には無くてはならないものです。