覚悟の瞬間(とき)

グローバルビューティークリニック 院長 杉崎裕斗
すぎさきゆうと

杉崎裕斗

福岡県生まれB型
職業:グローバルビューティークリニック 院長
趣味:仕事
座右の銘:人生一度しかない

鳥取大学医学部医学科卒業。卒業研修後は心臓血管外科医として医師の道をスタートした。心臓手術も多数経験したが、その後に自身がレーシック手術を受けた事をきっかけに、美容外科医の道へと進むことを決意して、美容外科医に転身し、2011年に大手美容外科に入職。2012年には大手美容外科の大阪駅前院の院長に就任。その後は3年連続でクリニックの業績を成長させ続けた。そして、2016年に自分で理想のクリニックを作ると決意し、大阪でグローバルビューティークリニックを独立開業。現在も全国から多数の患者が手術を希望し、来院している。

オフィシャルサイト オフィシャルブログ

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

まず、医師になろうとはっきりと思ったのは中学生の頃でした。具体的にこれといった出来事があったわけではないですが、一生涯やっていく仕事として何が良いかなと考えた時に、自分自身もやりがいがありそうで、かつ人の役にも立てる素晴らしい職業であろうと思い、医師になろうと思いました。そして医師となった後、最初に選んだのは心臓血管外科の道でした。仕事はとてもハードでしたが、幸いに恵まれた環境で、どんどんと技術も高まっているのも実感し、とてもやりがいのある毎日を過ごしていました。そんな中、心臓血管外科よりも美容外科の道に進みたいと強く思い始めるきっかけとなる出来事がありました。それは、『レーシック手術』という近視矯正手術を受けたことでした。それまでは両目とも0.01~0.02程度の近視であったため、コンタクトレンズや眼鏡が手放せなかったのですが、レーシック手術を受け、朝起きた時から視界がクリアであることにとても衝撃でした。まだ若く健康な自分が手術を受けることでこんなにも今後の数十年という人生が激変するのかと感動しました。それをきっかけに、自分のコンプレックスや悩みを改善することで、さらに人生の質を高めることができ、さらに幸福な人生を生きることができる、その手助けができる美容外科の医師になりたいと思うようになりました。さらに、美容外科は健康な人が対象であり、人生をさらにプラスに高める必要があるため、マイナスにするようなことがあってはならない。その為には、普通の病院の医師よりもさらに高い技術や知識が要求される分野だと考え、それこそが自分が求められる世界だと思い、美容外科の世界に飛び込みました。

現在の仕事への想い

仕事で一番大切にしている事は、常に向上心を持ち続け、努力を続けることです。普段の努力があるからこそ、少ないチャンスを生かすことができるのだと思います。心臓外科を辞めて美容外科医になると決めた後も、この道に進んだからには、絶対にその道でトップを目指そうと決めていたので、がむしゃらに努力しました。美容外科の世界は全くの素人ですが、先輩の持つ技術はすべて吸収し、さらに自分の工夫を加えてもっと良い手術法を研究したりして、経験を積んでいく毎に自分の成長がわかり、ずっと楽しくて仕方なかったです。よく人になんでそんなに向上心が強いの?と聞かれたこともありますが、自分は極度に負けず嫌いですので、常に向上心がなくなることがないのです。負けず嫌いといっても、常に他の人やライバルと競争しているわけではありません。一番の敵は自分自身で、過去の自分には絶対に負けたくないというのが最も強いです。過去の自分に負けないように努力を続けていれば、自然と成長していきますし、成長するとまた新しい世界が見えてきます。そうするとまたさらに上の目標が見えてきますので、終わりがないのです。おそらく一生満足することはないかもしれませんね。

あなたにとって覚悟とは

覚悟の瞬間というと、誰でも人生で勝負に出ないといけない大きな転機というのは何度かあると思います。僕にとっても、勝負に出た人生の転機というのは、何度かありました。例えば、大学受験や、医師国家試験などの受験も勝負の時と言えるでしょうし、医者になってから進む道を選択するときも人生を左右する選択ですから覚悟がいりますね。美容外科医に転向する時も覚悟がいりましたし、自分で独立してクリニックを立ち上げると決めた時も覚悟がいりました。どんなことでも勝負に出るには覚悟がいりますが、覚悟とはいったいなんなのかと考えると、自分の選択に責任を持つことかなと思います。そう考えると、普段の日常の中にも覚悟の瞬間はたくさんあります。毎日やっている手術も、1件1件に責任がありますので、毎回覚悟が必要です。自分で選択して決定し、その結果に自分ですべて責任を持つ。そう思うことが覚悟の瞬間なのではないでしょうか。

カッコイイ大人とは?

カッコイイ大人というのは、常に高い目標を持ち、それに向かって常に努力を続けている人だと思います。僕自身が昔からカッコイイ男になりたいと思い続けて生きてきましたので、これからもずっと自分の理想とする生き方をできるように頑張り続けたいと思っています。

今後に向かって

グローバルビューティークリニックというクリニックを開業して、今はまだ始まったばかりですが、その名の通り、世界に名の通るようなクリニックを作っていきたいと思っています。やるからには世界一のクリニックを目指して、理想のクリニックを実現して見せます。

若者へのメッセージ

これから生きていく上で、人生にはたくさんの選択肢があると思います。そのどれを選んでも、全力で努力していれば後悔することはないと思います。全力でやって失敗したことからは、次への糧になる何かが得られますので、自分も成長できます。しかし、何もしなければ何も得ることはできません。『人生一度しかない』というのが私の座右の銘です。一度しかない人生ですから、やって失敗した後悔よりも、やらなかった後悔の方が大きいと思っています。だから、失敗を恐れずに何でもやってみたいことにはトライする勇気を持ってほしいと思います。僕の尊敬する人の言葉に、『人生に失敗の経験はない。あるのは成功の経験と、学習の体験のみである』というものがあります。一時的には失敗して後悔する瞬間があるかもしれませんが、それは次のステップへの学習の体験にすぎないのです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

落語家 桂米團冶

落語家
桂米團冶

ロダン21 代表 品川隆幸

ロダン21 代表
品川隆幸

ラジオDJ マーキー 

ラジオDJ
マーキー 

お気に入り

持針器

普段手術に使用している持針器です。毎日使っており、自分の手の一部のように使えます。

骨膜剥離子(こつまくはくりし)

自分の得意な鼻の手術でプロテーゼ(インプラント)を入れる時に用います。これで確実に骨膜下にプロテーゼを留置できます。