覚悟の瞬間(とき)

株式会社oriharamiki design office 代表取締役 折原美紀
おりはらみき

折原美紀

宮城県生まれA型
職業:株式会社oriharamiki design office 代表取締役
趣味:バンド演奏、観劇
座右の銘:明日死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学びなさい

銀行員から独学でデザインを学び1996年仙台拠点に個人事務所アートフォルム設立。のちに友人2人と共に法人化。2007年東京オフィスを立ち上げる。2011年oriharamiki design officeを設立し現在株式会社oriharamiki designofficeに法人化。レジャーホテル、飲食を中心にデザイン。特にバー、キャバクラ、レジャーホテルなど男性主体と考えられていたジャンルを女性の立場からの視点に着眼しデザインを構築。昨年からは飲食業態にてデザインと業態開発、ブランディング、プロデユースを同時に行っている。JCDデザインアワードなどデザイン賞受賞、入選多数。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

銀行を寿退社し、主人と飲食店の道へ進み、幸せな結婚生活を送っていましたが、ある事が引き金となり離婚。銀行に戻ることも考えましたが、当時幼かった娘を育てるため、これから一生働かなくてはならなくなるであろう。それなら好きな仕事に就き、娘に幸せな顔を見せて過ごしたいと考え店舗設計の仕事を目標に進路を決めていきました。

現在の仕事への想い

商業のお仕事がほとんどなので、先ずはクライアントの仕事が成功するお手伝いをすることを目標にしています。必ず行うのはデザインの前の業態提案やコンテンツなどしっかりとクライアントと向き合ってコミュニケーションを深め、意思疎通を図ります。そこから初めてデザインの草案を固めていきます。何か目には見えない周波数のようなものを、合わせつつ営業開始した時に全てが重なり合って相乗効果を出すような、そんなことを目標にしています。

あなたにとって覚悟とは

やはりこの仕事をすることを目標に、無経験、知識は本から、の状態でデザイン事務所に飛び込み、睡眠時間2時間半、往復180Kmを毎日車で通勤していた頃、眠気との戦いが「もしかしたら今日死んでしまうかも」と思いながら通っていました。なんにも知識もスキルもない私が人並みに追いつけるのは、「人が寝てる間に学ぶ事」しかなかったので必死でした。今思えばその時が人生で最大の覚悟の時だったと思います。

カッコイイ大人とは?

様々な他人の意見に耳を傾け、常に謙虚である人は、一生成長していけると思うのです。「穏やかであって、自分に厳しく人に優しい」そんな風に歳を重ねたいです。

今後に向かって

言葉や施工など難しい問題もありますが、やはり海外でも仕事をしたいです。日本人として、様々な角度から熟慮した「デザインの答え」を紹介していき、すでに活躍している私以外の日本人デザイナーのあとに続いていきたいと思っております。

若者へのメッセージ

一生に一度は、必ずどうしても頑張らなくてはいけない時があると思うのです。その山が大きければ大きいほどその後の人生が様々なことを乗り越えられるチカラとなります。辛いときほどチャンスなので思いっきりトライして欲しいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元プロ野球選手 広澤克実

元プロ野球選手
広澤克実

デザインディレクター 川崎和男

デザインディレクター
川崎和男

元女子モーグル日本代表 上村愛子

元女子モーグル日本代表
上村愛子

お気に入り

指輪

娘が一昨年の誕生日にくれた指輪。娘の友人の作家のもので華奢なデザインがとても気に入っています。

ワイヤレスイヤホン

音楽が欠かせないので移動の時も常に持参してます。Bluetoothでありながら音質が良くて気に入っています。