覚悟の瞬間(とき)

医療法人光美会ルーチェ東京美容クリニック 理事長 院長 加藤晴之輔
かとうはるのすけ

加藤晴之輔

長野県生まれB型
職業:医療法人光美会ルーチェ東京美容クリニック 理事長 院長
趣味:仕事
座右の銘:Vision & Work hard

岐阜大学医学部卒業。東京大学附属病院形成外科美容外科、国家公務員共済組合連合会 虎の門病院勤務、その後東京大学大学院医学系研究科にて医学博士取得。 ルーチェ東京美容クリニックを開院し、現在院長兼医療法人社団光美会 理事長。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

もともと美術や彫刻が好きでした。小中学生の時は絵画のコンクール等で多数表彰されたりしました。細かな作業が好きで、こまごましたところにこだわって作品を作っていた気がします。今となっては、そのあたりが今の自分のルーツなのではないかと思っております。自分で言うのもなんですが、センスと器用さはその頃自然と磨いていたような気がします。その一方で、宇宙や物理や生物等が好きで、何故こうなっているんだろう?何故このようなことが起きるのだろう?と本を読んだり考えることも好きでした。医学を勉強し始めてからはどの領域も意義があり興味をそそるものでしたが、最も心を射抜かれたのはアートと技術が最も融合してセンスが求められる形成外科・美容外科でした。気が付くと自然とその領域に向かって走り出していました。その道を更に突き詰めたくて、大学院に入って基礎研究に携わりました。人体・生命・細胞・遺伝子等それらの原理・神秘を知れば知るほど、その可能性から生み出される形成・美容・アンチエイジングにつながりうる新たな医療に興奮しました。自分の世界観をぐっと広げることができました。大したものではないですが、自分が培ったものを全部結晶化して、これからはできうる限り社会に還元しようと思い、現在に至っております。

現在の仕事への想い

今の仕事を天職だと思っています。大変で苦しいことも多々ありますが、とても楽しくて充実しています。一番うれしいのは、やはり患者様が笑顔で「良かったです。」「ありがとう。」と言って下さる時です。「ここの施術のおかげで結婚がきまりました!」「夫になんかきれいになったね、と言われました。」「友人になんかやせた?と言われました。」このような言葉を聞くたびに、頑張ってよかったなあと思えます。すべての勉強、努力、クリニックの運営等のいろいろは、患者様の満足のためだと考えています。私たちは、昔よりはるかに安全で確実な医療を受けることができるようになりました。それどころか、メスで切らなくともレーザーや注入だけ例えばしみ・しわをとることができ、再生医療を駆使して自分の細胞を用いて組織・細胞レベルで若返ることができる時代に突入しました。しかし、患者様の悩みはそれぞれで、肌質、骨格はそれぞれ異なり、その人にあった最適な治療法は千差万別です。常に一人一人の患者様を自分の大事な家族・友人だと思い、安全で質の高い最適な診療・治療を提供することを大切にしています。

あなたにとって覚悟とは

覚悟の瞬間は開業を決めた時です。開業するか、大学病院等に所属して研究や診療に専念するかをずっと悩んでいました。最終的に現在のクリニックを開業する決断を下しました。大学病院という大きな組織に所属していれば安定が保証されますし、先輩後輩もいれば科を超えて相談することもでき、安心感たるや半端じゃありません。ですが、開業となると医学以外に経営のことを考えねばらず、当たり前ですが最終的に誰一人守ってはくれませんし、すべての判断を自ら下し、アドバイスは頂けても結果はすべて自己責任になります。恐ろしさと言ったら半端じゃありません。それでもこの道を選んだ理由は、自分が集中したいことに徹底的に集中したかったし、自分が進みたいところへの最短で合理的なルートであると考えたからです。今でもたとえ小さな判断でさえ本当にこれでよいのかと不安になりますが、いつも瞬間瞬間に全身全霊をかけて真剣勝負しています。5年後10年後、目標はあっても果たして実際どうなっているのか心配で想像もつきませんが、少なくとも覚悟を決めたあの瞬間に今、後悔はしていません。よかったと胸を張って言えます。

カッコイイ大人とは?

大きな目標を達成しても飽き足らず、更に先へ先へと進み続ける人でしょうか。そういった方は熱がありますし、周囲を巻き込んで大きな夢に向かう姿は素敵だと思います。そこから生み出されたものがまた社会を豊かにするものであれば、なお素晴らしいと思います。

今後に向かって

ダイヤモンドが光り輝く理由はダイヤモンドカットによるものです。そのダイヤモンドカットを開発した人は知られてはいません。ですが、今も多くのジェリーショップで光り輝くダイヤモンドが並び、沢山の人々に幸せを運びます。いつか私自身も、名は知られずとも100年200年残る、もしくは礎となるような医療・治療を開発して、自分がそこにいなくても多くの人々が笑顔になれるものを生み出すことができたら、これに勝るものはありません。そのためにも、目の前一人一人の患者様を大事にすることは大前提として、そこで頂いた対価を研究や開発につなげて、より広い大きな社会貢献につながればうれしいなあと考えております。

若者へのメッセージ

正直なところ、私自身がまだまだ若輩者で大したこともしていないのでたいそうなことはとてもじゃありませんが言えません。強いて挙げるならば、その時々で人との出会いを大切にしてきた気がします。師匠と思える方々に恵まれて、沢山学ばさせて頂きました。真似てみたり、真意はわからずとも、ひとまずやってみて続けたら見えてきたり、目からウロコの見方に気づかされたり、それら一つ一つを大切な自分の糧としてきました。また、今の自分を支えて下さる素晴らしい家族や友人、スタッフに巡り合うことができました。一緒に頑張ってくれる以上に、幸せで還元しないといけないなあと日々思っております。どのような出会いでも、もしなかったら今日の自分はないと思っていますし、一期一会、一つ一つの出会いに感謝しつつ、この先の未来も進むことが大切なことの一つではないかと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元宮崎県知事 東国原英夫

元宮崎県知事
東国原英夫

ロダン21 代表 品川隆幸

ロダン21 代表
品川隆幸

メンター 会長 藤田隆志

メンター 会長
藤田隆志

お気に入り

拡大鏡(ルーペ)

ルーペを使用することで、手術視野から得られる情報がグッと高まります。その結果、より綺麗になるように切り、より綺麗になるように縫合できます。手術結果と患者様の満足度を高める大事なアイテムです。

一眼レフカメラ

形成外科医になってからずっと使い続けているもの。形成外科・美容外科医の実力を評価する重要なポイントの1つは写真。Before/Afterを綺麗に安定して撮影できるのがこの一眼レフカメラです。