覚悟の瞬間(とき)

尾澤歯科医院 院長 尾澤文貞
おざわふみさだ

尾澤文貞

東京都生まれB型
職業:尾澤歯科医院 院長
趣味:ゴルフ・家庭菜園・旅行(海外)
座右の銘:無条件実行・論より証拠

東京都生まれ。東京医科歯科大学卒業。尾澤歯科医院高輪の現役医師。
日本歯科東洋医学会副会長であり、日本口腔インプラント学会監事、全身咬合研究会会長就任、1993年~日本全身咬合学会副会長就任、デンタルホリスチック医学研究会会長、日本 歯科先端技術研究所副会長と多岐に渡りパイオニアとして活躍中。
1994年南カリフォルニア大学院にてPh.D学位取得。現役ドクターとして咬み合わせによる治療法・健康法を啓蒙している。健康長寿とかみ合わせ(幻冬舎出版)など著書多数。

オフィシャルサイト オフィシャルブログ

来歴

1 2 3 4 5

幼少期~学生時代について

東京都の足立区出身。母が病院に務めておりまして、その関係で自分の息子を医者にしたいという考えがありました。特にお医者さんは歯のことを知らないので、歯の勉強をしてほしい、ということで、
医科歯科大学の受験をし、合格しその道に進学しました。

現在の道へ進んだきっかけ

学生時代に歯の治療のこと、症状のことを学びましたが、
今の歯科は、入れ歯・虫歯の治療、歯槽膿漏などを治して健康を保つためにやっているわけですけど、咬み合わせを治したら、いろいろな症状が取れた、ということが様々なことから分かりました。咬み合わせが全身の私はその”咬み合わせ”という分野を専門に研究していこうと決意しました。

覚悟の瞬間

認知症、腰痛などで困っている患者さんは、歯の治療をまず受けてみることです。整形外科に行っても、入れ歯を作ってくれたお医者さんに行っても治らない症状は、大体歯が原因で治らないのです。
入れ歯がたった少しずれているだけでも影響があり、腰痛のひどい患者さんの少しの咬み合わせのズレを治しただけで、私の病院に来るときには3時間かかったものが、スムーズに歩けて1時間で帰れた、という話もいただきました。
これからの医療は更に咬み合わせをきちんと医師も理解をしていくことが必要だと感じています。血圧の高い患者さんも咬み合わせを治せば血圧が下がる。
認知症の人も咬み合わせを治すことで認知症が進むことを食い止めることができる。
咬み合わせが全身に影響していると分かったので、これは私の一生の仕事だと思い、日本全身咬合医学会を設立しました。

今後の目標

咬み合わせが原因で悩んでいる患者さんを助けたい。肩こりやめまい、認知症など、咬み合わせが原因で起こっている症状の治療することが私の使命であると考えています。
私の長年の治療の成果として腕に刻まれているものを、若い先生たちに
知らせていきたいなと、思っております。
歯のことを知らないで患者さんが薬漬け・検査漬けになってしまうのは非常にもったいないなと思うのです。これからの医療は、咬み合わせが全身に影響している、ということを積極的に理解していくことが必要です。そして、それを積極的に理解し、治療できるのは歯医者にしかできないことです。それを積極的に取り組んでいただきたい。
またこの現状をお医者さんにも理解していただきたい、それが目標ですね。

日本を背負う若者へのメッセージ

無条件実行。それをできる方がかっこいいなと思いますね。
やりたいなと思うこと、それが世のため、人のためになるようなことをやることです。生きるためには無条件で実行できるということが大切だと感じています。また、人に感謝できる人。感謝できるということは、健康で元気で生きているからこそできることです。健康に、元気で生き人に感謝できる人であること。これが一番ではないでしょうか。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

柔道家 瀧本誠

柔道家
瀧本誠

服飾評論家 市田ひろみ

服飾評論家
市田ひろみ

元WBA世界ライトフライ級王者 具志堅用高

元WBA世界ライトフライ級王者
具志堅用高

お気に入り

時計

一秒もくるわない時計です。以前使っていたお気に入りのスイス製の時計が止まってしまったので、タイ行きの飛行機内で購入しました。
高いものではありませんが、水にも強く治療時や物を洗う時にも時計をつけたままでいられるので、お気に入りで毎日つけています。

波動水(情報水)

体を浄化し、健康が維持できる水です。自分の体を分析して自分に合うように作ってあります。
免疫力も高くなり、健康維持のための水です。
200ccくらいをいつも持ち歩いていて、水に薄めて飲んでいます。