覚悟の瞬間(とき)

パットコーポレーション 代表 尾﨑卓治
おざきたくじ

尾﨑卓治

愛知県生まれO型
職業:パットコーポレーション 代表
趣味:音楽鑑賞、映画鑑賞、野球観戦
座右の銘:着眼大局、着手小局

プロシンガーを目指し20歳で上京。レッスンを重ねながら当時ではまだ珍しかった登録型派遣会社に登録スタッフとしてさまざまな仕事に携わる。後に派遣会社に就職。上場を目指した社の発展に寄与した後に独立を果たし、2004年9月に株式会社パットコーポレーションを設立した。2009年には待機児童問題など育児の諸問題に対し取り組むことを決意し、総合子育て支援事業部を立ち上げる。現在、渋谷区代々木にキラキラキッズナーサリーを保育施設として運営している。

オフィシャルサイト オフィシャルブログ

来歴

1 2 3 4

幼少~学生時代

小さいころから何かと精力的に取り組んでいました。高校時代では生徒会長をしたり、バンド活動に励んだりと人一倍行動していたように思います。友人から誘われ始めたバンド活動は「プロミュージシャンになる」と決意し、20歳になると同時に上京するまでに至りました。一度始めたらとことんやらなければ気がすまない性格は今でも変わっていないかもしれませんね(笑)

社会人時代

20歳になると音楽活動のため、上京しました。毎日、本当に真剣に音楽に打ち込んだ日々は今になってはとても良い思い出です。その後、一時的に病気を患うことなどが重なり、ミュージシャンの夢を諦めることに。それからはビジネスに打ち込むようになり、プライベートの時間よりも仕事にがむしゃらに取り組みましたね。

覚悟の瞬間

社会人として働き始めて数年後、気付けば起業をし、社長業に身を置いていました。会社の経営も軌道に乗り、少し時間の余裕も出てきたころ、娘の保育園行事にも参加できるようにもなりました。 そこで、保育園のすばらしさに感動したのです。子どもたちのキラキラ輝かせる目を見ていると、無限大の可能性を感じるとともに、「この子どもたちが将来、日本の未来を背負う時が必ずくるんだ。その子供たちの可能性と触れ合える保育園はなんて意義のあるものなんだ」とい強く思うようになりました。もともと経営する会社も人材を扱う事業であったこともあり、「キラキラキッズナーサリー」という音楽に特化した今の保育園を立ち上げました。

今後の目標

保育園「キラキラキッズナーサリー」は現在、音楽に特化したカリキュラムを組んでいますが、今後は音楽だけに捉われず、より子どもたちの大きな可能性を見出せる環境を創っていきたいと考えています。子どもたちの可能性は無限大です。将来、自分の保育園に通った子どもが成長し、大人になった時に「あそこの保育園に行って本当に良かった。」「あの保育園があったから今がある」と言ってもらえるような、長いお付き合いができる場所を創ることが私の目標です。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

戦場カメラマン 渡部陽一

戦場カメラマン
渡部陽一

モデル 長谷川理恵

モデル
長谷川理恵

独立総合研究所社長・作家 青山繁晴

独立総合研究所社長・作家
青山繁晴

お気に入り

スーパーボール

大事な商談当日の朝、家族で朝食を食べていた時、その商談に対する不安げな思いを妻と話していたら徐に娘から渡された。このボールを私だと思って頑張ってね!と。これも大事なお守りの一つです。これを持って商談に挑むと必ず良い結果が生まれます。

ボールペン

誕生日に妻からプレゼントしてもらったもの。娘と一緒に選んだらしく、デザイン、握り心地ともに抜群です。大事な契約書には必ずこのボールペンでサインします。今や大切なお守りも兼ねていますね。