ウィズレイ 代表取締役 森山圭
もりやまけい

森山圭

岡山県生まれA型
職業:ウィズレイ 代表取締役
趣味:サイクリング、マラソン
座右の銘:通常の3倍のスピード

2002年3月   岡山大学大学院自然科学研究科修了 博士(薬学)取得
2002年4月~  東京大学先端科学技術研究センター 特任研究員
2004年4月~  就実大学薬学部 助手
2007年4月~  就実大学薬学部 助教
2007年10月~  大塚製薬株式会社製剤研究所 研究員
2013年4月~  就実大学薬学部 講師
2018年4月~  就実大学薬学部 准教授(現職)
2019年7月~  株式会社ウィズレイ 代表取締役(現職・兼任)

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

分光分析を用いることで調剤現場での医薬品の識別が可能となり、薬剤師業務の役に立つであろうことは、2018年のはじめくらいに着想していました。ただ、その時は大学教員の立場であったため、関連するデータを集めて研究し、論文を書いて世に出すことが自分の仕事と思っていました。論文として世に出せば、後はそれを読んだどこかの誰かが、その手法を応用して何か装置の開発でも思いつくかもしれない、という程度の認識でした。ちょうどそのころ、県内の大病院の薬剤部に勤めている大学時代の同級生が研究室に遊びに来たので、上記アイデアを話したところ、「それはビジネスになるから一緒にやろう」という話になりました。ビジネスとして実現可能なものであるのか、半信半疑ではありましたが、2018年11月に岡山で開催された「第一回岡山テックプラングランプリ」(主催:株式会社リバネス)にこのアイデアでプレゼンし、2つの企業賞を受賞したことで確信を得て、そこから一気に会社設立と事業化に向かって動き出しました。

現在の仕事への想い

まだまだビジネスとして立ち上がったばかりで、これから第一弾製品の製品化、市場投入に進むところです。新しい着想、地道な研究、事業パートナーに対する誠実な対応、ぶれないビジョン、効果的な成果公表、こういったところを大事にしながら、決しておごることなく着実に一歩一歩進んでいきたいと思っています。ただ、その一歩一歩のスピードは、人並みでは絶対に勝てません。頭脳も体も、通常の3倍のスピードで動いて始めて、勝負の土俵に上がれるのだと思っています。

あなたにとって覚悟とは

静かな闘志を燃やし続けることだと思っています。「覚悟、覚悟」と外に向かって公表するものではないと思います。心の奥底に宿した燃えさかる情熱の炎は、目指すべきビジョンに向かう際の強大なトルクとなります。

カッコイイ大人とは?

しっかりとした知識、豊富な経験、柔軟な発想力を持ちながら、自分の決めた道をワクワクしながらも着実に進んで行くことのできる人でしょうか。加えるなら、仕事以外のコミュニティ(趣味仲間など)も大事にできる人はカッコイイですね。

今後の展望

現在、病院・薬局向けの粉薬の監査支援装置を第一弾製品として市場投入する準備を進めています。2020年内か2021年初頭には市販化開始を計画しています。この製品による収益を確保しながら、薬剤師の調剤業務支援のための新しい装置を第二弾、第三弾と開発し市販化していきたいと思っています。

若者へのメッセージ

小学生、中学生、高校生が、リアルな世界で様々な経験をたくさんして欲しいと思っています。たくさん積み上げた経験から、若い人なりの視点で新しい価値を創造していってくれるものと信じています。我々大人にできることは、「事業創造」を若者に強要するのではなく、様々な経験ができる場を可能な限り多く作ってあげることだと思います。そこから自然発生的に新しい価値が生まれ、日本の明るいミライにつながっていくものだと思っています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

中部大学 教授 武田邦彦

中部大学 教授
武田邦彦

東京医科大学 泌尿器科学分野 教授 大堀理

東京医科大学 泌尿器科学分野 教授
大堀理

ロック歌手 サンプラザ中野くん

ロック歌手
サンプラザ中野くん

お気に入り

RADO TRUE AUTOMATIC

学生時代、何気なく手に取った腕時計カタログでRADOの腕時計に一目惚れしました。しかし、当時は全くお金のない学生であったため当然購入することもできず、「これを持てる大人になりたい!」と強く願っていました。2019年の岡山イノベーションコンテストで大賞を受賞し、その副賞としてシリコンバレー研修に行った際、また偶然にRADOの時計に出会いました。「ついにこれを手にする日が来たのか!」と心が震えましたね。

ミズノウエーブエンペラージャパン2

マラソンで自己ベスト(2:50:09、とくしまマラソン2017)を出したときに履いていたシューズです。マラソン仲間が続々と2時間50分切りを達成していく中、もがいてもがいて苦しんで、その結果たった9秒足りなかったのは、今となってはいい思い出ですね。少しマラソンから遠ざかって体重も増えた今ではとても履きこなせないシューズですが、当時の情熱や努力や悔しさを思い出させてくれるアイテムとして、研究室の棚に大事に飾っています。