Snow Fox Japan 代表取締社長 茂住昌子
もずみまさこ

茂住昌子

富山県生まれA型
職業:Snow Fox Japan 代表取締社長
趣味:ヨガ
座右の銘:Growth and comfort do not coexist.

国立富山工業高等専門学校を卒業。新卒でスキンケアブランドに入社。その後、精肉工場の細菌検査技師やプログラマーを経て26歳でカナダに渡加。映画制作の学校でポストプロダクションを学び、サウンドエンジニアとしてカナダで7年以上活躍。その間に自身のヒーリングスパ・サロンを経営。結婚を機にビジネスを売却し、NYに移住。NYハンター大学に入学し、児童心理学と英語を専攻。卒業間近で流産の危機に陥り、学業を中断し出産。その後日本に帰国し、更なる不妊治療を経て2人目を出産後、半年で起業。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

海外で14年程生活し、外からアジア・日本を見た時、日本の教育制度と女性の社会進出の遅れ、ジェンダーフリーへの理解の低さが際立つことが非常に気になっていました。同時に、日本には唯一無二の技術や原料がありながらも、それを世界に紹介できていない事や海外進出への企業の失敗も多く目にしてきました。私は、自分が「どのように社会貢献しながら、1人の人間として生きる目的や使命を果たしていくか」という自分探しで海外にでましたが、結婚・出産・帰国により、母親になることの責任の重大さと、自分がやれること、やりたいことが一気に明確になり、産後半年で、今の会社の起業を決断しました。子供たちに誇れるような生き方をしたいと思っています。

現在の仕事への想い

とにかく小さい時から自分流にこだわって生きてきました。人に常に合わせる生き方をしていては自分を見失います。変わり者、頑固者、普通じゃない、そんなジャッジに迷わされてはいけません。就職して誰かの作ったルールの中で生きる事は学びとしては必要ですが、学ぶものがなければ常に新しい場所を探し、自分が輝ける場所を見つける努力が必要です。ただ、それはしっかりとした目的を持っていなければただの自分勝手です。私の人生と仕事へのこだわりは、ゴールを明確にすること。そのゴールを必ず達成するという確固たる意志を持ち、自分勝手にならないこと。常に調和と愛を理解し自分を大切にしてくれる人を見極める目を養い感謝すること。常に挑戦を忘れず、絶対に諦めないことです。

あなたにとって覚悟とは

第二子を出産し半年後に会社を設立したことは、私が全て捨てて海外に26歳で飛び出した時と同じくらいかそれ以上の覚悟がいることでした。家族がいる分、責任は重大です。なんだかわからないけど、とにかく一歩前に進まなければ、と思いました。出産して子育てが始まり、毎日目まぐるしく日常が過ぎていく中、私が子育てしながらやれることについて常に考えていました。「今はできない、子育てが忙しいから。」ならばいつできるのでしょうか?子育てはきっと一生続きます。では、今立ち上がろう、覚悟の瞬間です。

カッコイイ大人とは?

ブレない大人になることです。これは、自分勝手や頑固になることとは全然違います。それを勘違いしている方は調和を乱す為、一緒に上を目指すことが困難です。愛を忘れず周囲に気を配りながら(女性性ですね)、良い意味で芯を通して自分を貫き通す(男性性です。)このバランスがとても重要です。Snow Fox Skincareを生み出した本国のフィービー・ソングは私にとって、まさにブレないカッコいい女性起業家の1人です。カッコいい大人を目指すならば、カッコいい大人を探し、側にいることやその方の著書を読み、その方の中身を理解することが最も近道です。もし、あなたの側にカッコいい大人が1人もいないならば、今すぐ自分探しの旅にでましょう。

今後の展望

夢は、郷土である富山県産のナチュラル・ヴィーガンスキンケア製品を開発しSnow Fox Japanとして世界に販売することです。更には、自分についてきてくれている女性スタッフが結婚・産後関係なく、世界中どこにいても私と関わり、活躍できるような環境を作ることです。株式会社Snow Fox Japanで働けば、将来女性起業家について学べる、もしくは、結婚や出産後も関係なく世界で活躍できる、そして男性ならば、結婚後も安心して育児に時間を避ける、そんな夢と希望を抱いた人材が集まってくるような企業にしたいです。今はまだヨチヨチ歩きの会社ですが、5年後に年商億を超える企業に成長させ、フィービーと共にアジアの女性起業家の代表格になれたらと思います。

若者へのメッセージ

まだ小さい子供達は親から与えられた空間で人生を一生懸命に生きています。その環境が不幸な子も沢山います。しかし、中学校、高校にはいると、親の環境から出て友人や社会との関わりが増えてきます。幼少期に家庭環境に恵まれなかった子も、徐々に社会との関わりが増えて行くことで平等にチャンスが与えられ始めます。ぜひ部活動やサークル、社会貢献活動に参加し、就職する前に、自分の居心地のいい環境を作る力を養って欲しいと思います。大学も海外の大学をお勧めします。海外は入学後も専攻を自由に変える事ができますし、一つの科目に特化して成績がよければそこをしっかりと評価してもらえます。チャンスは平等にあり、努力こそが全てで、大学に入ってからが勝負です。どうせ学ぶならば、意味のある事を学び、必ずそれを社会に生かせるような大人になってもらいたいと思います。すでに社会に出ている若者には、もっと海外を経験してもらえたらと思います。30代前半までは何も恐れる事なく挑戦し続け、常に自分が輝ける場所を探して生きて欲しいと願います。それは自分勝手に生きるのではなく、愛情と思いやり、感謝を持って行われるべきであることは忘れないでください。世界で戦える人材に自分が成長するための環境を常に探し続けてください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

'98FIFAワールドカップ日本代表 中西永輔

'98FIFAワールドカップ日本代表
中西永輔

ボーカリスト 宇都宮隆

ボーカリスト
宇都宮隆

元自転車競技選手 長塚智広

元自転車競技選手
長塚智広

お気に入り

アークティック ブリーズ レスキュー マスク

手前味噌ですが、Snow Fox Skincareの中でもロングヒットのこのシートマスクは特に愛用品です。日常的にお風呂上がりや運動後に使っています。肌がもっちりしっとりし、44歳の私の肌がハリと艶を取り戻すことができるのが嬉しいです。旅行中も持ち歩き、イベント前に肌の調子を整えるために必ず使うマストアイテムです。

バーバリーのバッグ

辛く苦しかった不妊治療を得て長女を出産した後、マンハッタンのバーバリーで主人が頑張ったご褒美に買ってくれたバッグです。育児をしていたらなかなか使う機会がないのですが、特別なイベントには使っています。このバッグには不妊治療、NYでの生活、長女の誕生の思いが詰まっています。