経営支援センター 代表取締役 髙濵有志
たかはまゆうし

髙濵有志

東京都生まれA型
職業:経営支援センター 代表取締役
趣味:スキューバダイビング
座右の銘:仁義禮智信

東京都生まれ。大学卒業後、金融機関勤務を経て、税理士業界へ転職。長崎の税理士業界で16年の実務経験。2015年に税理士法人から独立し、株式会社経営支援センターを設立、代表取締役に就任。内閣府事業プロフェッショナル人材事業、長崎県プロフェッショナル人材戦略拠点参与。独立行政法人中小企業基盤整備機構、中小企業大学校・直方校講師、中小企業支援アドバイザー、事業承継、引継ぎ支援アドバイザーなど、多方面で活動中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

企業に伺い様々な相談に応じる中で、事業承継に関する事案が増加してきたためです。自分の親が昭和23年の第一次ベビーブーム世代で、私が昭和48年の第二次ベビーブーム世代です。そういった世代としての使命を感じて、事業承継に特化した経営支援を行うことにしました。

現在の仕事への想い

事業承継は、それぞれの事情に合わせて完全にオーダーメードです。引継ぎ方法や時期など、それぞれ相談しながら進めていきます。渡す方の意見、受け継ぐ方の意見、事業に関わる従業員や家族の意見、そういった様々な意見を集約し、一つの方向性を出して、確実に実行していくことが事業承継では大切です。時間はかかりますが、泥臭く、寄り添いながら事業承継支援を行っています。

あなたにとって覚悟とは

覚悟の瞬間は、税理士法人から独立するときです。税理士法人の代表税理士と話し合い、税理士法人に在籍したままでは、税理士の法定業務に追われて、地域企業に対して十分な事業承継支援サービスができないとの結論にいたり、税理士法人からの独立を進められました。独立は、当初予定していなかったのですが、独立に併せて、私自身も事業承継支援の仕事について深く考えることになり、大切にしたいもの、仕事に対する想いをしっかり認識できました。

カッコイイ大人とは?

自分のやりたいことや得意なことを見つけて、それを仕事にしている大人です。自分の好きなことをしている瞬間こそ、1番かっこいいと思います。私自身も現在好きなことを仕事にさせていただいて、多くの企業様の支援をさせていただいています。だからこそ、勉強という自己投資をして今後も維持継続をしていきたいです。

今後の展望

日本経済の活性化は、全国の中小企業の活性化です。地方の中小企業が元気でなければ、日本全体の活性化にはなりません。地方の中小企業は、地域の雇用の場を生み出し、地域で人が生活し続ける環境を生み出します。事業承継は、まさに、地域経済の要である、地域の雇用の場を確保し続けることです。事業承継が円滑に行われ、事業に関わる人々が継続して事業を行えるようにしていきたいです。事業承継支援を通じて、地域経済に貢献し、長崎から上場企業を輩出していきたいです。

若者へのメッセージ

やりたいことを思いっきり全力でやってください。人の役に立つこと、世の中の役に立つこと、自分自身が思い描いた人物像に向かって全力で突き進んでほしいです。全力でやり切ることができれば自分の進みたい道にたどり着けると思うので頑張ってください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ウエイトリフティング選手 三宅宏実

ウエイトリフティング選手
三宅宏実

元大相撲力士 小錦八十吉

元大相撲力士
小錦八十吉

青森県八戸市議会議員 藤川優里

青森県八戸市議会議員
藤川優里

お気に入り

パソコン

打合せや資料作成等でパソコンを使用しています。外出先での使用も多いので、軽くて丈夫なパソコンを使っています。富士通のパソコンは大学時代から何台も愛用しています。

ランダッシュのボールペン

打合せのメモだったり、書類作成時に使用しています。カランダッシュのボールペンは、手になじみ、ちょうど良い重さもあり、書き味なめらかで使いやすいです。