覚悟の瞬間(とき)

KonaOahu 経営者 金沢圭樹
かなざわよしき

金沢圭樹

大阪府生まれB型
職業:KonaOahu 経営者
趣味:ジム活、ジョギング、テニス、プログラミング、読書
座右の銘:やりきる!挑戦!成長が全て!

信州大学理学部を卒業。新卒で某ソフトウェアハウスに入社。数社IT企業を転職し30歳の折にホノルルマラソンに参加したことをきっかけに起業を決意。Javaの業務系アプリのデザイン、開発に強みを持ち、バックエンドエンジニアとして活躍中。趣味はトレーニング、フィットネス、ジョギング、プログラミングです。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

IT業界に入ったのは新卒で入社したのがソフトウェアハウスだったからです。学部が理学部数学科だったので、理数系的な仕事を探していて、ちょうど自分で趣味でプログラミングをしていたのでIT業界を志望していました。起業しようと思ったきっかけは健康作りのために通っていたジムで30歳の機会にホノルルマラソンのツアーに誘われた時ですね。ホノルルマラソンに参加しているときの周りの歓声と、前を走るランナーの背中に勇気づけられて完走することができその時に日本に帰ったら何かしようと思って起業しました。

現在の仕事への想い

仕事をする上でこれはというものはその仕事の目標を設定することですね。僕は人生の目標は充実した人生を送ることだと思っていますが充実した人生を送るためには仕事を充実させる必要があると思います。平日の一日8時間は仕事をするので、単純計算で人生の1/3は仕事をしていますしね。自分が関わる全ての仕事がやりがいのある仕事であれば理想的ですがそうでない場合がほとんどで中にはしょうもない仕事もあります。ですが仕事は仕事ですので、やらないといけない。そうなったときに、そのしょうもない仕事の中でも目標を設定し、その目標を達成することができれば達成感が得られますから、しょうもない仕事にも充実感が得られるようになりますからね。

あなたにとって覚悟とは

覚悟をしたタイミングは起業をしようと思ったときもありますが、ホノルルマラソンに参加しようと思った時の方が大きいですね。ツアーで1週間ほどでしたが、参加者は全国から来るので、言葉も思うように通じない見知らぬ土地で見知らぬ人たちと1週間過ごしフルマラソンを完走できるのだろうかという不安が大きかったですが、周りの勧めもあったのでこれも経験と思い参加しました。ホノルルマラソンのツアーは毎年ホノルルマラソンに参加する人がいるのも分かるぐらい素晴らしい体験でした。そこで得たものはチャレンジし、最後までやりきることの大切さですね。言語化するのが難しいですが、チャレンジしたことを最後までやり抜くと、何かしら得られるものがあるものです。

カッコイイ大人とは?

頑張っている人が挫けそうになった時、その人にもう一度立ち上がる勇気を与えられる人ですね。僕もホノルルマラソンを走っている最中に30km付近で何をしても足が痛くなり、走るのを諦めそうになりましたが、その時ふっと後からスパイダーマンの仮装をした人がヘロヘロになりながら追い抜いていきました。仮装をした人でもヘロヘロになりながら走っているのだから自分も頑張って走ろうと勇気が沸き、完走することができました。本当にかっこいい人というのはそういう周りの人にプラスの影響を与えられる人だと思います。

今後の展望

僕の最終的な目標は人生の最後に「すごく充実した人生だったな」と思えることです。充実した人生だったとはどういう人生かというと、一生を通して何ができたか?だと思います。起業家であれば自分が起こした会社を一流企業に育て上げることや、世に素晴らしいサービスを送り出すことがそうかもしれませんし、ビジネスパーソンであれば会社で出世することや自分の好きな仕事に没頭することがそうかもしれませんし、趣味に生きる人やそれ以外の人も人それぞれ何かこれができれば充実感が得られるというものがあるものと思います。それを人生を通して頑張っていくことが充実した人生を送ることであり人生の目標だと思います。

若者へのメッセージ

突き放すような言い方かもしれませんが、自分の未来を明るくできるのは自分次第だと思います。僕は人生はマラソンのようなものと思っていますが、マラソンでは周りの声援や他のランナーの走る姿が勇気になりますが結局は自分が走らなければゴールまで辿り着けませんし、ショートカットもありませんから、地道にその足を一歩一歩進めていくしかありません。人生もそれと同じで、途中で雨も降ることもありますし、坂道できつかったり、思いもよらないアクシデントに遭遇することがあるかもしれません。しかし、それでもゴールするためには走り続けなければいいけませんし、その一歩一歩は自分が踏み出すしかありませんが、ゴールすると何かしら得られるものがあると思います。そのゴールで得られるものが人生においてかけがえのないものだと信じて一歩一歩頑張っていってください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ウォーキングドクター デューク更家

ウォーキングドクター
デューク更家

元プロ野球選手 小宮山悟

元プロ野球選手
小宮山悟

編集者 見城徹

編集者
見城徹

お気に入り

AppleWatch

僕はよく有酸素運動をするのですが、運動時の消費カロリーが見れるので便利です。電子マネーも使えるので、最近現金払いをした記憶があまりありません。

iPhone

もう生活になくてはならないものですね。本当のイノベーションとは世界を変えることではなく、新しい日常になることだと思います。