佐久間総合法律事務所 経営者 佐久間篤夫
さくまあつお

佐久間篤夫

神奈川県生まれA型
職業:佐久間総合法律事務所 経営者
趣味:旅行、散歩、写真撮影
座右の銘:継続は力なり

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、デューク大学ロースクール(米国ノースカロライナ州)法律学修士課程(LL.M.)修了。1992年日本国弁護士登録、1997年米国ニューヨーク州弁護士登録、1999年弁理士登録。国内外の法律事務所で勤務した後、2002年独立開業。日本弁護士連合会会員、東京弁護士会会員、日本弁理士会会員、中小企業診断協会会員、日本公認会計士協会会員。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

子どもの頃にテレビドラマで刑事裁判で無罪判決を勝ち取る弁護士の姿を見て、かっこいいいと思い、弁護士という職業に関心を持ちました。親戚にも知り合いにも本物の弁護士はいなかったので、弁護士という職業には妄想しか抱けなかったのですが、学生時代に会社員の父が定年前に肩たたきされ、新入社員の銀行員の兄が終電帰りの毎日でくたくたになっているのを見て、会社員にならずに生きて行く職業として、かつて関心を抱いた弁護士を目指すことにしました。ただ、母からは司法試験というとても難しい試験に合格しなければならないと聞かされており、大学受験で一浪してまで目指した東大法学部には入学できなかったため自信を無くしていましたが、法学部卒でなくても司法試験を受験できることがわかったので、再度受験に失敗した場合の保険のために会社員として就職する選択肢も残しつつ、司法試験の勉強をすることとして、当時の早稲田大学の中では就職に有利と聞いた政経学部に入学しました。

現在の仕事への想い

あこがれていた職業に就いてみて思っていたのと違っていたということは良くあることと思いますが、自分の場合も実際に弁護士になってみて、想定外のことが多くありました。まず、自分は刑事弁護に関心をもっていたのですが、やってみて自分には向いていないと感じ、今は扱っていません。また、弁護士という職業は裁判という手続を通じて困った人を助けられる仕事というイメージを持っていたのですが、実際に裁判で助けてあげようと思っても、事実関係が法律の規定によれば依頼者に有利な結論にならなかったり、争われている依頼者に有利な事実を証明するための証拠がなかったり、裁判所の判断が分かれていて結論がどうなるかわからないことがあったりします。依頼者は勝てる自信を持てないと裁判をしたがらないので、私の方からも困っていることはわかるし何とかしてあげたいけど、勝てるかどうかわからない裁判に無駄な時間と費用を使うよりも、過去のわだかまりは忘れて前を向いて歩いて行くことを考えた方がよいのでは、という話をすることがよくあります。結局、今は裁判で争うよりも、そのような状況にならないようにどうしたらよいか、また、裁判をやっても救済できないが問題を抱えている人たちに、何か別の方策で悩みを解決する方法をお手伝いできないかを考えています。

あなたにとって覚悟とは

最も覚悟したと言えるときは2回あります。新人弁護士の際に就職した法律事務所は国際取引にまつわる法律事務を扱う事務所で、事務所の費用負担で海外留学をさせてもらう制度がありました。自分はそこで仕事を続けて留学をさせてもらうことを考えて入所したのですが、事務所内でいろいろあって3ヶ月で嫌になり、その後は退職して留学することはできないかを様々調査して、目処がついたので自費で留学する覚悟を決めて1年半で辞めました。その後は、机を借りてわずかの給料をいただく事務所で、仕事を半分、残りの時間は自分が嫌いだった英語の勉強をして、留学の準備をして何とかアメリカのロースクールに合格でき自費留学を果たしました。2回目の覚悟は、独立開業の時です。私は留学後にさんざん苦労して見つけたNYの法律事務所を2年弱で辞め、帰国後に所属した事務所も自分の目指したい業務がなくて2年弱でやめ、その後は興味のある仕事ができそうな事務所に籍を置きましたが営業方針が合わず、固定客もほとんどいない状態のまま、逃げるように独立開業しました。最初は自分の城を構えられたことがうれしかった半面、食べて行けるかとても不安でしたが、その後10年余りは赤字にならずに推移しました。覚悟したことで得たものは、留学経験に裏付けられた語学力と独立した地位ですね。

カッコイイ大人とは?

私がかっこいい大人と思える人は、何か1つの固い信念のようなものを持ち、ぶれずにひたむきに、そして決してそれを誇示することなく追求し続けている人だと思います。もう引退してしまいましたが、やはりイチロー選手はすごいと思ってみていました。自分は野球ファンではないので、彼の野球選手としての技量や凄さはよくわかりませんが、毎日決まったルーティーンを淡々と何年も粛々と続けて実力を維持し続け、さまざまな歴史的な記録を作り上げた生き様はさすがだと思いました。また、ノーベル賞を受賞するような科学者たちもすごい人たちですね。受賞会見では明るくさりげなく研究内容を語られる人たちが多いように思いますが、その栄誉を手に入れるまでに想像を絶するような犠牲を払い、努力をされているはずです。そういう大人になるために必要なことと言われれば、何か夢中になって取り組めることを見つけることではないでしょうか。私自身には無理だと思っています。まだ夢中になれることを見つけられていないし、そもそも、飽きっぽい人間で一つのことに何年も脇目も振らずに取り組むことはできないと思うので。

今後の展望

私の人生も先が見えてきて、若い頃には漠然と思っていた目標や夢は、弁護士になって何かをするということであったものの、今は弁護士という職業では自分が考えていた人助けでやりがいを感じられることが難しく、自分の初心に立ち返って職業として何に取り組むべきかを模索しており、今後の具体的展望は描けていません。自分が興味を持てる仕事に巡り合いたいと思いつつ、現状から脱するために仕事とは別に取り組もうとしていることはありますが、それが忙しさに輪を掛けて常に時間に追われる生活であり、残業代も出ないし有給休暇もなくて、学生時代に嫌った会社員になっていた方がましだったかも、と思うこともあります。たまに、上司や同僚、部下の顔色をうかがうことなく、平日に安く温泉へ行ったり旅行したりできるのが、今の立場の利点と言えるかもしれません。

日本を背負う若者へメッセージ

これからは、世界的に見てマイナーな言語である日本語しか話せないというのでは、人生も仕事も狭い範囲に留まってしまうと思うので、ぜひとも若いうちに語学を身に着けて欲しいと思います。英語がすべてではないですが、英語くらいは使えるようになることは、決して無駄にはならないことを保証します。今は日本語以外に外国語が自在に扱えることがプラスに評価されているようですが、いずれ日本語しか扱えないことがハンディになる時代が来ると思います。そして、興味と機会があれば、ぜひ観光ではなく短期留学でもよいから外国に行って住んでみて欲しいです。最低でも3週間、できれば3ヶ月、さらに可能ならば1年間と住んでみることで感じることがあるはずです。自分もそうでしたが、一度日本の外に出て、外から日本を眺めてみると違った印象を持てると思います。外国に住んでみて、外国に住んでいる人と接してみて、日本という国や社会や日本人の考え方がいかに世界的に見て特殊なのかを若いうちに知ることが、その後の生き方を大きく変える可能性があると考えています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

戦場カメラマン 渡部陽一

戦場カメラマン
渡部陽一

作家 志茂田景樹

作家
志茂田景樹

脚本家兼演出家 西田大輔

脚本家兼演出家
西田大輔

お気に入り

コンパクトデジタルカメラ

スマートフォンを買う前から愛用しており、常時携帯しているコンパクトデジタルカメラ。旅行時は旅先でかなりの枚数の写真や動画を撮ります。データをPCに簡単に取り込めるメリットがあり、クラウド経由でないとデータを取り込めないスマートフォンでは写真は撮りません。

ポーチ

クレジットカードフォルダーや保険証、扇子やその他の小物を入れています。ちょっとした買い物に出る時やバックパックの旅行の際にはポーチだけ、又は腰に付けて出かけます。通勤かばんの中に入れっぱなしのため通勤かばんに物を入れられず、別のサブバックを常に持ち歩く羽目になっています。