P.V.C. Financial Consulting Firm 代表取締役 兼 Executive Financial Connoisseur 三上哲人
みかみてつと

三上哲人

広島県生まれA型
職業:P.V.C. Financial Consulting Firm 代表取締役 兼 Executive Financial Connoisseur
趣味:ゴルフ、庭いじり
座右の銘:初志貫徹

広島県出身、1978年生まれ。      
2001年3月に山口大学 経済学部 国際経済学科を卒業し、
2001年4月に石川島播磨重工業株式会社(現:株式会社IHI)に入社。
その後、2008年8月にソニー生命保険株式会社に入社し、10年間努めた後、
2018年12月に、株式会社P.V.C. Financial Consulting Firm
を立ち上げ、代表取締役に就任。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

学生時代に経営コンサルタントになりたいという目標を立てるも、学力不足を感じ断念。有名な経営者を多く輩出している石川島播磨重工業に入社をしました。7年働いたタイミングで、経営理念に共感したソニー生命からお声掛け頂き、ライフプランナーとして参画し、10年間勤務。その後、同社のプレミアエージェンシー制度を活用し、ライフプランナーをより上のステージへ志向するため独立起業をしました。

現在の仕事への想い

弁護士や医者など、多くの専門職はクライアントの過去に起こった問題に対して取り組みをしますが、当社は将来にコミットする取り組みをしています。その為、クライアントの将来ビジョンをより明確にすることを心掛けています。当社の仕事の全ては、クライアントの「将来ビジョン」の達成を唯一/最大の目的として活動しています。財務・金融のコンサルタントとして、クライアントに最適/最良/最新の情報とソリューションを提供し、継続的に実行支援を行っています。また、「将来ビジョン」は人によって違い、答えが決まっていない為、金融業界特有の「売って終わり」ではなく、当社はご契約を頂いてからがスタートだと考えています。

あなたにとって覚悟とは

毎日の仕事が覚悟の連続です。というのも、個人/法人の資産に直接触れる仕事であるため、高い倫理観とコンプライアンス意識が日々問われます。また、クライアントの一生に寄り添う仕事であるため、『仕事=覚悟』という認識をしています。他にも、当社教育事業の受講生の将来に対しても成果をコミットしているため、全ての事業において、覚悟を前提としています。

カッコイイ大人とは?

責任感をもって物事に取り組んでいる人です。大人は何かしらの仕事をしていると思います。具体的には、業界の中でも高いパフォーマンスを発揮しながら、『人材を残す=後進の育成に尽力している』人がカッコイイ大人だと思います。私には10年以上の付き合いになる師匠がいますが、その方も保険・金融コンサルタントを20年以上に渡って、高いパフォーマンスで活動されており、カッコイイ大人として背中を追いかけたくなる存在です。

今後の展望

今後の展望は、自身も一コンサルタントとして高いパフォーマンスを維持しながら、当社の経営理念を共有でき、且つ高いパフォーマンスを発揮し続けることのできる10名のコンサルタント(Financial Connoisseurs)を育成することです。また、「あなたにお願いして良かった」と言っていただけるような、より多くの方に支持される集団となって、広く社会に貢献して、当社の理念が拡がっていくことが最大の夢です。

若者へのメッセージ

「クライアントに喜んでいただくこと」が全ての仕事に共通することだと思います。ですから、好き嫌いで仕事を選ばずに、自分の役割や出来ることを知って、自分のパフォーマンスが高められる環境を作ってください。その上で、とにかくとことん突き詰めてやってみる。そうして先のステージに進むと、初めて見える新しい景色があります。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

内閣総理大臣補佐官 衛藤晟一

内閣総理大臣補佐官
衛藤晟一

有限会社エスアールシーカンパニー 代表取締役 佐藤弘道

有限会社エスアールシーカンパニー 代表取締役
佐藤弘道

ミスユニバース2007 森理世

ミスユニバース2007
森理世

お気に入り

A.LANGE&SOHNE

派手な時計ではないですが、時計好きの方は知っている時計。保険業界の優績者の集まりMDRTの最上位資格Top of the Tableに認定された際に記念として購入。

ボールペン

MONTBLANCのマイシュターシュティック。キャリアをスタートした大手重工業メーカーから、金融機関への転身を機に購入。クライアントとの契約(=遠い約束)を締結する際に使用。