吉和の森 代表取締役 森和吉
もりかずよし

森和吉

青森県生まれA型
職業:吉和の森 代表取締役
趣味:食べ歩き、季節の花を見ること、奥さん
座右の銘:笑顔

立正大学経済学部卒業後、郵便局勤務を経て週刊誌編集者に。その後、雑誌のデジタル化や着メロ着うたの立ち上げ・運用を行う。キャリア公式サイトやソーシャルゲーム制作、流通やメーカーの会員サイト、不動産デジタルマーケティングを経て、不動産投資クラウドファンディングの立ち上げ・集客・運用に携わる。令和元年11月株式会社吉和の森を設立。現在は、デジタルマーケティングや組織育成、経営戦略など多方面で活躍中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

会社員として60歳まで働き、定年退職後2、3年給料を低くしながら嘱託社員で働き、その後アルバイトをしながら年金で暮らしつつ残りの住宅ローンを返していくような生き方をふと考えたときに、ちっちゃい城ながらでも、60歳、70歳になっても自分のノウハウを活かして働ける場所が欲しいと思いまして、デジタルマーケティングで起業しました。また、今まで会社員の中だと制約があり、できなかった出身である青森県への貢献を行っていきたいという想いもあります。

現在の仕事への想い

「情には情、恩には恩、義理には義理」ということを大事にしています。縁は、お金では買えないものであり、長い間培ってきた信用がものをいうことをふまえて、人のつながりは常に大事に考えています。実際に自分がピンチになった時に、人のつながりで助けてもらったことは数知れずです。社会人になっても親友ってできるんだなあと感じています。

あなたにとって覚悟とは

起業した時ですかね。家族もいますし、毎月給与をもらえることもなく、看板もなくなり、50歳間近ということで多少は不安はありました。2年やってみて、幸いなことに人に恵まれていて案件は続きますし、自分の会社を作ってもなんとかなるかと思っています。

カッコイイ大人とは?

年齢を重ねてくると、自分の考えや行動を変えることができなくなる人も多いのですが、柔軟に対応していければと思っています、自分自身、注意しているのは、相手がどんな方でも見下ろすのではなく見上げるように接しています。

今後の展望

会社でいうと、現在1人会社ですが、1人で売上年商1億は目指していきたいです。そのためには、ビジネスモデルを変えなければならないこともあると思います。また、地方での仕事をやっていきたいです。特に、生まれ育った青森県へ貢献をしていきたいと考えています。

若者へのメッセージ

自分で責任を取ることができる範囲ならば、何をやってもいいと思います。若いときには年齢で区切ってしまうのですが、意外と20代には20代の、30代には30代の、40代には40代のチャンスがあります。夢をかなえるには、年齢はないと思います。いかにいろいろな経験をしていくことが糧になると考えています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

腹話術師 いっこく堂

腹話術師
いっこく堂

ウエイトリフティング選手 三宅宏実

ウエイトリフティング選手
三宅宏実

政策工房 代表 原英史

政策工房 代表
原英史

お気に入り

ノート

紙を綴じているリングがやわらかいタイプのノートです。メモをよく取る方なので、ついついメモしています。ただ、急いでなぐり書くことが多く、後で確認すると、何を書いているかわからないという悲劇もあります。

奥さんが作った羊毛フェルトの人形

コロナになって、オンラインでのセミナー登壇の機会が増えました。オンラインに慣れるために、カメラの横にこの人形を置いて、この人形に話すことで、カメラ目線でオンラインに参加することができるようにしています。