覚悟の瞬間(とき)

BRIDGE 理事長 佐々木隆介
ささきりゅうすけ

佐々木隆介

愛媛県生まれA型
職業:BRIDGE 理事長
趣味:佐々木塾、ジェットスキー
座右の銘:人を想い、良き架け橋へ

福岡県立山田高等学校(現 福岡県立嘉穂総合高等学校)卒業後、歯科技工士・鉄筋工・人材派遣・運送業・飲食店・NTT設計・運送業・建築業・造園業・読売新聞・ 広告会社・飲食店経営・コンサル業を経て現在、雇用環境整備士・総合コンサル・佐々木塾(人財育成)にて活動を行っています。佐々木塾は毎週木曜日19時から開催しており、日本経営振興会(商談会)は毎月第3木曜日19時から開催しております。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

幼少期(3歳)に母を亡くし、祖母に育てられました。いつも祖母は自分の事より、他の「人」を中心に物事を考えていました。例えば、1つしかないおにぎりがあるとします。そのおにぎりを自分以外の「人」に与える「人」です。いつも祖母が口癖で言っていた事が「人を想い、大切にしなさい」そんな祖母も今年の1月2日で92歳です。いくつになっても変わらず、お世話になった「人」への「想い」、その「想い」を次の世代へ伝える為に「人」と「人」を繋ぎ、良き「架け橋」になる為に一般社団法人BRIDGEを設立しました。

現在の仕事への想い

常に同じフィールドに立ち、人の思いを汲み取ることを重要視しています。やりたいことをするためには一緒に理由を見つけて、後押しをします。反対にできない理由は一緒に手を取り進みます。時間がかかっても、その方が一歩前に出れるのであればいいんです。まずは自分が進み、共に歩んでいきます。仕事は別ですが、考え方や取り組み想いは一つなんです。考えるな感じろ!一緒に手を取り、何事も一生懸命に行う、これが私の仕事(志事)です。

あなたにとって覚悟とは

お会いした方の想いをカタチに変えたいです。これを感じるときには毎回覚悟の瞬間ですね。おもうという文字を連想して、同じ言葉、同じ漢字であっても相手の心を想う方は少ないです。これは自分本位か他人本位かの違いなんです。この捉え方によって行動が全く変わってきます。一緒に一歩を踏み出すことで変われます。そんな取り組みが僕は好きなんです。好きなことをして安らぎも感じられるから続けられるんです。このように感じられる方を増やしていきたいです。

カッコイイ大人とは?

相手の「志」を大切に想える方だと思います。自分の不得意なことを私は塾生の方にさらけ出しています。伝えることが役割だから恥ずかしくはないです。自分を大切にして愛してあげることができるからこそ人を愛することができ、気づいてあげることができるのです。

今後の展望

学びがあり、ユーモアもあり、そこにお仕事があります。そのようなきっかけができる複合化施設を目指しています。大手企業を動かすためには「人財」、人の力が必要です。そこにメンバーが参入し、バトンを回して自分の役割を果たします。これを実現するために、全国を飛び回り、私は走り続けます。

若者へのメッセージ

まず自分から相手に求めるのではなく、一歩前へ、自分ができていないことについて考えても、先には進めません。つまり、前進はありません。考えるな!感じろ!一歩先へ!必ずできます。応援しています。頑張ってください!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

プロライフセーバー 飯沼誠司

プロライフセーバー
飯沼誠司

Liverty 代表 家入一真

Liverty 代表
家入一真

編集者 見城徹

編集者
見城徹

お気に入り

写真「志友」

いつどんな時でも怒ってくれる、支えてくれる、傍にいてくれる「志友」を大切にしています。そんな「志友」との写真です。

本「同じことが起こっても、、、AさんBさん」

本を読むのがとても苦手な私ですが、「NPO法人小さな天使club」、「同じことが起こっても、、、AさんBさん」のこれらの本だけは、そんな私でも全て読むことができました。「NPO法人小さな天使club」は私の活動の原点ともなっています。