株式会社ルピナスファクトリー 代表取締役 須賀慎
すがまこと

須賀慎

東京都生まれAB型
職業:株式会社ルピナスファクトリー 代表取締役
趣味:フットサル
座右の銘:努力は必ず報われる

東京電子専門学校情報ビジネス科卒業。19歳でサラリーマンとして社会人のキャリアをスタートし、23歳でシステム開発会社に転職。25歳で同社監査役となり、27歳で取締役に昇進。その後、エンジニアとしての実力を買われて大手システム会社に移籍し、部長職をまかされた。30歳で独立して3年間フリーランスとして活動したあと、2015年に株式会社ルピナスファクトリーを設立して代表取締役に就任。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

専門学生のときに、授業でプログラミングを初めて経験しました。同じものを作りたくても人によって実現方法が異なっている場合があり、それでも同じように動く、そんなプログラミングの奥深さと楽しさを感じたことから、エンジニアを職にしました。答えのないものに対して、自分の色を出せる、今でもその面白さが仕事の軸にもなっています。

現在の仕事への想い

プロフェッショナルであることを意識し、顧客に満足頂けるシステムを構築することを心がけています。お金をもらう以上プロであることは、自分の年齢や職歴は関係ありません。自分自身が手がけているという責任感を必ず持って、社員に対しても成長の場を提供できるように、顧客との信頼関係構築を大切にしています。

あなたにとって覚悟とは

独立しようと考えた時が、一番覚悟を決めたときだと思います。法人にし、社員を雇う以上、社員が個で現場で戦える力を付けてもらう、何があっても社員を守ると考えました。会社員で役員をした時期もありましたが、自分も周りに流されるのではないかという恐怖心もありました。独立をしたことで、会社員のときは聞くことができなかった、顧客からの声を間近で聞くことができるようになり、それは今のやりがいにも繋がっています、また、会社という環境に守られていた自分自身への甘えに気づけたことは、独立して得ることのできた価値だと思っています。

カッコイイ大人とは?

目的をもって、常にチャレンジや努力をしている人はカッコイイと思います。誰かのために、何かをやる目標を持つ、そんな考え方で、今の私や会社をサポートしてくださる方もいて、そのスタイルは本当にカッコよく、尊敬しています。

今後の展望

顧客ニーズに対して、誠意を持ってしっかりと応えていくことです。長い年月をかけてでも地道に続けていくことが、成功への最短距離だと思っているので、顧客との信頼関係の確立を目標に精進致します。そうした日々の地道な努力、個々の信頼関係が、社員獲得と社員および私自身、そして会社の成長に繋がっていくこと思っています。

若者へのメッセージ

失敗を絶対に恐れずに、若手であればあるほど何事にもチャレンジしてほしいです。誰にでも必ず向いているものはあります。失敗を恐れず、迷わず飛び込んでいく、その第一歩が一番大事だと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

サッカー日本女子代表 澤穂希

サッカー日本女子代表
澤穂希

ロシナンテス 理事長 川原尚行

ロシナンテス 理事長
川原尚行

元参議院議員 大江康弘

元参議院議員
大江康弘

お気に入り

パソコン

常に持ち歩くので小さくて軽量で使いやすいので気に入っています。

かばん

リュック、手持ちと2wayで使えるので気に入っています。