覚悟の瞬間(とき)

ワイズダンスカンパニー主宰者 山口弓貴子
やまぐちゆきこ

山口弓貴子

埼玉県生まれAB型
職業:ワイズダンスカンパニー主宰者
趣味:ねこと遊ぶ、映画鑑賞、子供達と関わる
座右の銘:「心で思いついたことは、必ず実行に移す」

舞踊家。振付・演出家。Y's Dance Company主宰。 幼少よりバレエ、ダンスを学び、様々な作品で主役などを好演。その後、創作作品を多数振付する。ニューヨーク、パリにてバレエ留学。1992年、Y's Dance Companyを創立し、後進の指導にあたる。コンクールにて第1位受賞、指導者として優秀指導者賞受賞。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5

幼少期~学生時代

4才から近所のバレエ教室に通っていました。シャイであまり人前で目立つことが好きではなかったですが、何でもやりたがる子で、母に勧められたお稽古事はなんでもやりました。その中でもバレエは、大好きでした。まだ人の前に出て行くのは苦手でしたが、コンクールで一位、県知事賞をいただきました。このころ将来の夢はバレエの先生でした。中学では、機械体操部に所属し、勉強にもうちこみました。高校時代はバレエに陶酔し、バレエが全てでした。大学になり違う世界にも触れ、大学はリラックスの場所でした。学生時代の友人は今でも大事なものですね。バレエは所属していた先生の指導だけではなく、NYにも短期留学をしたりと色々な経験をつみました。

現在の道へ進んだきっかけ

小学校の頃から漠然とバレエしかないと思っていたと思います。恩師がいわゆる天才肌の人で、本心からバレエ芸術に対する納得を小さいうちから感じてました。そして、家庭環境、運もあったと思います。種々のコンクールで入賞して、新人賞、振り付けコンクールで奨励賞も頂きました。その頃、海外のダンサーや振付家と出会い、プロとして生きていくことをはっきり見た気がします。それがもしかしたら、真のきっかけかもしれません。祖先や父のおかげで家を建てることになり自分のスタジオを持ち、起業する気などありませんでしたが、スタジオを作ったことや税理士の親友の勧めもあって有限会社にしました。そしてかわいい生徒、従業員に恵まれました。

覚悟の瞬間

日本の1日だけの公演活動に疑問を持ち、スタジオパフォーマンスをやっていた時、それに興味を持った主人と出会いました。その出会いはターニングポイントだと思います。子供を持ちながら自由にスタジオをやれるのは主人の真の理解があるからだと思います。そして、長女が初めて出た大きなコンクールで、一位を授賞し、ロンドンのロイヤルバレエスクールに留学したことも今の自分の変化の大きなきっかけとなっていると思います。さらに次女もニューヨークのアメリカンバレエシアターJKOバレエスクールに留学しました。正しい身体の使い方、指導の仕方を模索し、常に疑問に思っていた私は、先生としてだけではなく、母としてスクールの先生方に触れ、指導を感じ、優秀な生徒を間近で見て、感じ、全てが合わさってきたように感じます。さらにこの春、奇異な運の巡り合わせでスペシャルな整体の先生に出会い、更に私は学ばせて頂き、運を感じています。

今後の目標

今私に関わっている、全ての人が、バレエを自分の1ページとして大切に思って貰いたいです。そして、自分が学んだことを、次の世代に伝え、それを基本に更に飛躍できるよう手伝いをしたいですね。同時に、パフォーマンスする、人に伝える大事さを、体験を通じ体感する機会を作りたいと思っています。バレエのレッスンは個人的のものですが、バレエを演じるには一人ではなく、沢山の力が合わさってできていくものであり、長い時間と月日、人間の出会いと成長の上で出きるものです。それを自覚し、自分の足で立ち、歩み、しっかりと人間として成長した真のバレリーナを育てたいと思っています。大切なのは人に教えて貰うのではなく、自分から学ぶ力です。 また、身体を健康に保つために必要な身体の位置は、バレエの基本の立ち方と同じで、楽しく健康に、美しく年を重ねる手助けとなりますロンドンやNYでは、とても普及しているのですが、もっと多くの人に伝えていきたいと思っています。

日本を背負う若者へのメッセージ

夢をしっかり持ってほしいです。そして、あきらめないで。海外で人に接する機会が多く、日本人の素晴らしさ、真面目さ、奥ゆかしさを痛感し、日本人に生まれたことをとても嬉しく思います。一方、もっと、自分の素直な気持ちを身体で、表情や言葉で表し真の関わりを臆することなく持てれば、自分を人が見る世界が変わり、広がるのではとも感じます。みんな、迷いながら模索し生きて行く。だから、自分の心をもっと素直にだし、高めあいながら生きていって貰いたいです。本当に悪い人なんかいないと思います。何かきっかけや運命がそうさせているのだから、心を開き、自分の人生を自らの手で開ければそれは、とても幸せであると思います。そして、沢山自分から勉強して欲しいです。勉強とは、人から教わるのではなく、自分で興味を持ち、学ぶこと、それは一生の宝となるでしょう。いろいろな事がボーダーレスとなっている時代だからこそ自分をしっかり持っている人が強いと思ます。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

放送作家 鈴木おさむ

放送作家
鈴木おさむ

ロボット工学者 大阪大学教授 ATRフェロー 石黒浩

ロボット工学者 大阪大学教授 ATRフェロー
石黒浩

昭和大学横浜市北部病院循環器センター 心臓血管外科 教授 南淵明宏

昭和大学横浜市北部病院循環器センター 心臓血管外科 教授
南淵明宏

お気に入り

猫の写真

我が家の猫たちの写真です。今は6匹飼っています。我が家で一番の中心は猫たちで、母猫が調子が悪く生後1週間からミルクで育てた子が三匹います。自分は人間だと思っているみたいです。私は猫に癒されエネルギーをもらっています。本当に可愛いですね。

DVD

気分転換にDVDを見ます。アメリカのドラマが大好きで、DVDを大人買いしています。人間関係の複雑さ、愛、思想、人種、、とても深くて、深層心理についてがテーマになっていたりしてとても興味があります。