パーソナルナビHD 代表取締役 漆沢祐樹
うるしざわゆうき

漆沢祐樹

埼玉県生まれB型
職業:パーソナルナビHD 代表取締役
趣味:フットサル、トレーニング、ゴルフ
座右の銘:先を見据えて今を生きる

18歳で完全歩合制の営業を始め、19歳で起業。投資助言業の会社などいくつかの会社で役員を務め事業譲渡などM&Aを経験。一般社団法人日本国際芸術文化協会の代表理事も務め各国の大統領や首相、大使に浮世絵外交を行い、浮世絵セミナーなどを展開しながら世界各国を周り、2019年にはフィリピンのドゥテルテ大統領に浮世絵を寄贈したことがニュースになり話題になった。現在は7社のホールディングス会社である株式会社パーソナルナビHDの代表取締役を務め、イギリス国立大学の海外MBA candidateでもある。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私が初めて起業したのは2007年19歳の時で、その後2010年22歳で人の可能性に特化したDATAコンサルティング事業をスタートさせ、これまで延べ3,000名以上の方に実施してきました。その中で多くの人の人生には『ロマン(夢)』と『そろばん(お金や計画)』そして、自分自身の可能性に気づき成長していける『羅針盤』が今の時代に必要だと感じています。その経験を活かし、現在は20代経営者の育成と営業力やITスキル人材の教育をしております。

現在の仕事への想い

現在私のグループ会社や顧問先企業を含めると「今を変えたい、未来をより良くしたい」と志す20代の方が200名以上います。その中には20代前半で経営をしている方も多くいますが、皆生まれ持った才能や秀でる能力があったわけではなく、今の時代に多くある「誰でも簡単に」などのツールや仕組みに頼ることなく、自分の可能性を信じて正しいスキルを素直に身につけて努力した方ばかりです。つまり、誰でも平等に「未来をより良く変えることができる」ということです。私はそんな若者をこの日本により多く輩出できるような環境を作っていきたいと考えています。

あなたにとって覚悟とは

本来の教育というものには、教える側にも責任というものがありそれを意識していくことが覚悟だと私は感じています。誰に何かを教える上で、その方の考え方や方向性を大きく変えてしまうことが当然あるわけで、ならば先に生まれると書いて「先生」である立場の人が本気でその子の可能性を信じて正しい道や生き方、あり方を教えることが今の時代に必要なのだと思っています。もちろん、教えられる側にも覚悟は必要です。自分が本気で決断したことから決して逃げずに常に自分に矢印を向けて、やり切るだけでいいのです。「信念」という漢字は今の心を信じると書きます。決断したことに信念を持ち続けて行動を止めないことも私は覚悟だと思っています。

カッコイイ大人とは?

大人ができることはただ一つです。それは上記でも書いた「責任」です。責任と書くと少し重く問わられる方も多くいるかもしれませんが、ここでいう責任は責任を果たすではなく、責任感を常に持つという意味合いです。どんな人でも全ての責任を完璧に果たせる人はいません。けれど、責任というものを意識し続ける行動は取れると思っています。どんな大人も子供から見れば、大人でしかありません。ならばその大人が常に自分の行動や周りに責任感を持ち、生きている姿を子供たちや後輩に見せるべきです。そのような大人や先輩を見て、子供や後輩は「カッコイイな」と感じ自分もそうなりたいと未来への希望を抱くのだと私は思います。

今後の展望

私の20代後半からの生きる理念は「人の可能性を豊かにする」です。その人という対象には2つあります。それは自分と関係のある人とそうでない人です。関係がある人であれば私や会社でその人の可能性を豊かにできる教育やきっかけ、環境を提供できますが、世界の発展途上国など貧困や差別に苦しんでいる人全員とは一生かかっても関わることができません。そのような関わりが持てない人に対しても、日本の技術や知恵を提供することでその国の子供達の未来の可能性を豊かにできるような事業もしていきたいと思っています。なので2024年までは国内の事業中心でそれ以降は海外での事業展開を考えています。

若者へのメッセージ

日本と海外の違い、それは「自分を信じる力=自信」の強さだと思っています。日本人は遺伝子的に海外の人と比べて物事をポジティブに考えることが苦手だと言われています。もちろん、その冷静さから日本の「おもてなし」の心が生まれたことはとても良いことだと思っています。しかし、これからの日本が世界で活躍するためにはその冷静な部分と一緒に自分の未知なる可能性を信じてチャレンジできる自信を持つことが必要だと思っています。日本人は歴史から見ても、想像力や独自性があると言われています。あまり知られていませんが、江戸時代の浮世絵などが世界に影響を与えたことが良い例です。ならば、その日本人として誇りを持って世界に出て活躍することがこれからの日本の未来を明るくできるきっかけになると私は信じています。共に一人の日本人として、高みを目指して歩む仲間になりましょう!私も一人でも多くの方の可能性を引き出し、心が豊かになれる世界を目指して社会に貢献していきたいと思います。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

俳優/画家 片岡鶴太郎

俳優/画家
片岡鶴太郎

米国NPO法人コペルニク 共同創設者・CEO  中村俊裕

米国NPO法人コペルニク 共同創設者・CEO
中村俊裕

プロフリークライマー 野口啓代

プロフリークライマー
野口啓代

お気に入り

Mont Blancのボールペン

銀座オフィスへ移転した時に妻からいただきました。オフィスでの契約書などのサインはこれを使用しています。

ルチルクォーツのブレスレット

妻と沖縄旅行に行った際に今の事業発展を願い、購入したものです。いつも仕事の先は右手に付けています。