私のカクゴ

ギフテッド 理事長 寺尾明美
てらおあけみ

寺尾明美

新潟県生まれB型
職業:ギフテッド 理事長
趣味:カポエイラ、1人カラオケ、温泉
座右の銘:誰もが神様からの贈り物

看護師、保育士として病院や保育園で働く。上越市に今までなかった重症心身障害児や医療的ケア児が利用できる重症児デイサービスを作るため、2021年にNPO法人ギフテッドを設立。同年5月にSMiD(重症児)デイサービスSoraを開所する。著書に胎内記憶の絵本「おもいだしたよ」(リーブル出版)や合同著書「やりたいことをやると決めた女たちの覚悟の瞬間」(Rashisa出版)がある。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

看護師としての最初は重症心身障害児者の病棟でした。昔から子供が好きで、子供達と関わる仕事がしたいと思っていたため、独学で保育士の資格もとりました。子ども達は純粋で、自由な発想をするのが面白いと思いました。それは障害のあるなしに関わらず、それぞれに個性がありました。ギフテッドという言葉を知ったのは、自分の子供の発達に悩んでいた時です。障害は個性の1つで、神様から与えられた贈り物と考えられるようになりました。世間で言うギフテッドの意味は「神様から与えられし特別な才能。天才。」それだと選ばれた誰かだけが特別になってしまう。そうではなく、誰もが特別で、神様から与えられた個性があると伝えたかった。始めは病院での余暇活動のボランティアから少しずつ同じ思いの仲間が集まってきました。そして2021年NPO法人ギフテッドを立ち上げ、今まで地域になかった、重症心身障害児や医療的ケア児の子どもが通えるデイサービス施設を創ることになりました。

現在の仕事への想い

デイサービスの名前を「Sora」にしたのは、国境のない空のような共生社会を目指したいという思いです。社会には様々なルールや枠組みがあり、そこから飛び出したいと思っていました。社会には何でも賛成派と反対派がありそれぞれに正義があるため、どちらか1つには絶対にならない。だったら排除し合うのをやめて、認め合う方が楽だと思いました。枠を外して共生する。マスクをする人としない人が手を繋いで歩く。それが私たちの目指す共生社会で、私にとっての理想郷です。この会社のこだわりは、ピラミッド型ではなくアメーバ型であることです。上下関係を作らず、理事長であっても現場で働き、みんなと同じ目線で話します。誰もが自由に意見が言えて、自由に選択できることが大事だと考えていて、たとえ違った意見でも、認め合うことで価値観が広がります。

あなたにとって覚悟とは

これまでの自分は、「正しいかどうか」で物事を決めていて、正しさの正解は人それぞれだから、正解が分からずにもがいていました。だけど、「楽しいかどうか」で判断したら、それは自分だけが感じられることなので、明確でした。2018年の平成から令和に生まれ変わる時、自分の中で「令和は、ワクワクしたことだけやる!ワクワクしないことはやらない!」と、勝手に宣言してみました。それを実践した結果が、今に繋がりました。福祉という難しい文野で、障害児支援というと社会貢献のように言われますが、ただ子ども達と遊ぶことが楽しいからやってるだけなんです。だからいつも、何か決める事がきた時は、自分の内側に聞いてみます。ワクワクしたら、それがサインだと思っています。

カッコイイ大人とは?

100%自分で責任をとれる人。あの人がこう言ったからとか、国がこう言ったからとかで判断していると、何か問題が起きた時に誰かや何かのせいにしてしまいますよね。でも自分で決めたことなら納得できる。だからみんな、何でも自分で決めた方がいいと思います。また、他人に花を持たせられる人です。昔読んだ本で、「他人に花を持たせよう。自分に花の香りが残る」という一文がありました。自分の中が満たされると、豊かさが溢れて周りに与えようと思うんですよね。だから、与えてる人ほど満たされていると感じる。手放しにも似ていて、満たされている人って、簡単に誰かに手放せると言うか。しかもそれを恩着せがましくする訳でなく、気にしてないみたいな。とてもカッコいいと思います。

今後の展望

実は、会社を広げようとは思ってなくて、小さいままで良いと思ってます。ニーズがあるから協力してくれる誰かが現れて、事業自体は拡大していきましたが、むしろ常に「今、辞めてもきっと大丈夫」と思いながらやってきました。それは信頼できる人に囲まれていると感じたからです。自分がいなくても、思いが常にそこにある感じ。自分以外に、覚悟を決めた人が、次々と立ち上がっていくことが理想です。昔から、目に見えるものより目に見えないことに魅力を感じていました。箱は小さくても、思いは自由に広がります。いつしか、NPO法人ギフテッドという会社が、自分の意思を持って歩き始めたという感覚がありました。「霊主体従」。思いが先にあり、形ができていく。理事長としての自分の使命は、会社の手となり、口となり、動いていくことかなと思っています。

若者へのメッセージ

ギフテッドのシンボルマークに願いを込めました。シンボルマークの上には、ジョンレノンのイマジンの一節、英語で「世界はひとつ」と入れました。それは、いつも恐怖にフォーカスしてきて不安や心配でいっぱいだった自分が、フォーカスしている矢印の向きを喜びや感謝に変えた時、見ている世界が一変した実体験が元になっています。明るい未来のために、自分たちができることは小さな単位から仲良くすることだと思うんです。家庭から、職場から。でも一番小さい単位は自分です。まずは自分と仲良くなることが大切です。自分が何を見たいのか、もう自分で選んでいい時代です。全ては自分次第。何が自分にとって大切なのか、良く選んでください。そして、せっかく地球に生まれてきたのだから、思い切り人生を遊んでください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

作家 室井祐月

作家
室井祐月

スカッシュプレーヤー 松井千夏

スカッシュプレーヤー
松井千夏

愛知県知事 大村秀章

愛知県知事
大村秀章

お気に入り

ギフテッドTシャツ

ギフテッドのシンボルマークが入ったTシャツです。他にも、動物占いのキャラクターなど、それぞれの個性溢れるTシャツで仕事をしています。

アタバキ

アタバキというブラジルの楽器。趣味のカポエイラで、楽器を奏でながらポルトガル語の歌を歌うと懐かしい気持ちになります。