私のカクゴ

マロニエ矯正歯科クリニック 矯正歯科医師 栗田容輔
くりたようすけ

栗田容輔

埼玉県生まれB型
職業:マロニエ矯正歯科クリニック 矯正歯科医師
趣味:仕事、観劇、ペット、ゲーム、ちいかわ
座右の銘:ちょっと考えてわかることをちょっと考える

東京歯科大学卒業。卒業後同大学歯科矯正学講座に入局。千葉病院にて3年間、水道橋病院にて3年間、診療・教育・研究に従事し、矯正歯科医療の基礎を学ぶ。日本矯正歯科学会認定医を取得し、草加の地に矯正歯科専門歯科医院を開業。以降、地域医療に貢献する。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

私の親は歯科医師ではありませんが、高校時代に親から歯科医師になることを提案され、自分に向いていると直感しました。将来的には開院したいと考えていましたが、いざ歯科大学に入学してみると歯科医師過剰時代と言われ、普通にやっていては経営が成り立たないことを知りました。学生の8割が歯科医師の跡取りである中、後ろ盾のない自分には武器が必要なのだと思いました。国民の虫歯が減っている現状から考えたときに、生まれつきの歯並びに対する需要は無くならないと思い、矯正治療を主とする道を選択しました。それは矯正以外の治療を捨てる選択でもありましたが、自分にはそれしかないと思いました。矯正科に入局してからは寝る間も惜しんで修行を積み、31歳になった時に草加の地に矯正専門医院の開業を実現しました。高校時代からの夢が叶い、6年経過した現在は、多くのスタッフや患者さんに恵まれ、忙しい日々を過ごしています。

現在の仕事への想い

「患者さんの人生を変える」を信条にしています。矯正治療はとても高額です。同じ金額で出来ることは様々あり、それらは人生を変えるものです。矯正にかける患者さんの想いは強く、変わりたいという願いを叶えるのが矯正歯科医師の使命です。「先生」と呼ばれる職業を選んだからには、責任をもってすべての患者さんを等しく治療したいと思っています。しかし、矯正治療は費用も期間もかかり、患者さんへの負担も重く、大変な道のりです。軽い気持ちで始めて良いものではなく、患者さんには「覚悟」してもらう必要があります。やるかどうかは患者さんの気持ち次第であり、やるからには共に頑張っていくのが矯正治療です。やった方がいいなどと背中を押すことはしません。しっかり覚悟していただくために、正しく情報を提供するのが歯科医師の役割だと考えています。患者さんにとって矯正歯科医師は人生で私一人だけということを忘れてはいけません。

あなたにとって覚悟とは

覚悟とは、退路を断つことです。そして、行動による結果を受け入れることです。歯科医師になる覚悟、矯正歯科医師になるためにその他の治療を捨てる覚悟、開業に失敗すれば借金を抱えて廃業するかもしれない覚悟など、人生は覚悟の連続です。そして、今は患者さんの人生を背負う覚悟をしています。もし治療を失敗してしまえば患者さんの人生を台無しにしてしまうかもしれません。私の選択には責任が伴い、失敗や妥協は許されないと思っています。また、嘘をつかないという覚悟をしています。本当の事を言ってしまえば、もう言い逃れることは出来ません。逃げ道が無くなれば「やるしかない」ので、物事がとてもシンプルになります。覚悟することは自分の原動力ともなり、迷いを打ち消してくれるのです。

カッコイイ大人とは?

自分にとってカッコイイ大人は、自分に嘘をつかない人です。自分の思想や行動は、常に自分自身によって監視されています。信念や目標を間違えてしまった時、自分は間違っていない、自分はよくやっていると思ってしまいがちですが、それは自分をごまかして生きているのと同じになるはずです。誰よりも自分に厳しく、他人の評価を気にせず、自分にガッカリされないように生きている人は、誰しもカッコよく見えます。自分の理想像から逃げなければ、いつか理想にたどり着くはずです。自分のことを心からカッコイイと思えたら、いい大人になったということです。

今後の展望

矯正歯科医師として成長したい、医院を大きくしたい、より多くの患者さんを治療したいという自分自身の目標はありますが、自分が関われない患者さんを助けてあげることは出来ません。私自身も頑張りますが、日本中の歯科医師がしっかり患者さんを治療できるように矯正治療を広めていきたいと思っています。また、歯並びに悩める日本中の患者さんの疑問を解消できるように、矯正治療の啓蒙活動をしたいと考えています。それは、単純に矯正治療をやる方を増やすのではなく、むしろ安易にはじめてしまい後悔する人を減らすことが目的です。矯正の良いところと良くないところを矯正歯科医師側から広めていくべきです。矯正治療によって悲しい想いをする人がいなくなり、経験した人がみんな幸せになってくれるのが夢ですね。

若者へのメッセージ

日本の明るい未来のためにとありますが、日本の未来が明るいと思える人はどれほどいるでしょうか。これは悲観や投げやりではなく、ここから上向きにならないことをみんなが理解しているからこその閉塞感だと思います。昔のJ-popのように、いつか夢は叶うなどと言われても納得いかないでしょう。ただ、幸せかどうかは自分自身が決めるものであり、大事なのは、自分の人生は自分で決めることです。親や国や環境のせいにせず、その時その時で最善と思える選択をしましょう。自分で自分を認めることが出来れば、きっと幸せになれるはずです。個の時代ですから、日本が明るくなくとも、自分自身が明るくなれば、明るい人が増えていけば、日本も明るくなってくるかもしれません。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

落語家 桂米團冶

落語家
桂米團冶

美容家・タレント IKKO

美容家・タレント
IKKO

漫画家 倉田真由美

漫画家
倉田真由美

お気に入り

ホワイトワイヤー

矯正治療で使用するワイヤーといえば銀色のイメージがあると思いますが、当院は目立たないホワイトワイヤーを全症例に使用しています。特にナノホワイトワイヤーはコーティングが剥げにくいので重宝しています。

うさぎ

うさぎが好きで、ちいかわのグッズを収集しています。ペットとしても飼っていますし、歯を連想する動物ということで医院のイメージキャラクターもうさぎです。将来は大量のうさぎに囲まれて生活するのが夢です。