覚悟の瞬間(とき)

腹話術師 いっこく堂
いっこくどう

いっこく堂

生まれA型
職業:腹話術師
趣味:語学勉強
座右の銘:自分を信じる。

1963年に神奈川県で生まれ、その後沖縄県で育つ。高校卒業後は、日本映画学校に入学。同校卒業後、1986年に劇団民藝に入団。1992年からは劇団を休団し、個人活動を開始、独学で腹話術を始める。翌年、芸名を「いっこく堂」に改め、人形2体を同時に操る腹話術を始める。同年、ラスベガス「世界腹話術フェスティバル」でオープニングを飾る。以後、腹話術で全米ツアーやアジアツアーを回るなどワールドワイドに活躍。

オフィシャルサイト オフィシャルブログ

来歴

1 2 3 4 5

幼少~学生時代

生まれは神奈川県なのですが、5歳まで過ごした後は沖縄県で育ちました。父も母も忙しく働いていたので、わりと自由な幼少でしたね。いたずら仲間と一緒に、基地に忍び込んで怒られたりすることもしばしばでした。

腹話術の道へ進んだきっかけ

高校を卒業して劇団に入ったものの、思い悩む日々が続いていた時期がありました。その時に「みんなと一緒に何かやるより、自分一人でやっている方がいきいきしているぞ」と言葉をかけてくださったのが米倉斉加年氏でした。その言葉を聞いて劇団を休団し、何か一人でできることはないかと考えていた時に、中学校の時にテレビで見た腹話術を思い出したのです。そこから、独学で腹話術を学び始めました。

覚悟の瞬間

腹話術を始めて半年くらいは、アルバイトをしながら気楽にやっていたものでした。しかしながら、ある日の公演後に言われた「あなた、緊張していたわね」という言葉が私のスタンスを大きく変えるスイッチとなったのです。腹話術師として有名になり、世間に認められなければ喜んでもらえないのだと、芸の世界の厳しさに触れた瞬間でしたね。それからは「プロになる!」と覚悟をし、1日8時間の稽古を365日こなしていくことになりました。

今後の目標

最終的には、世界を回りながら腹話術を披露することが目標です。そのためには世界でも認められること。それが私の第一命題だと思っています。

日本のアカルイ未来のために

人生の中で何かを始める時、「遅い」ということは決してありません。思い立った時に、始めましょう。皆さんの経験が生きる時が必ずやってきます。自分を信じて、頑張ってください。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

ミスユニバース2007 森理世

ミスユニバース2007
森理世

元プロ野球選手 小宮山悟

元プロ野球選手
小宮山悟

書道家 武田双雲

書道家
武田双雲

お気に入り

韓国語学習テキスト

いろんな言語に興味がありこれまでもいくつか勉強してきましたが、今は韓国語を勉強しています。もちろん新しいネタにもつながりますし、海外公演などにもつながればいいなと思っています。

携帯用空気清浄機

首からかけて、自分が吸う空気をきれいにしてくれるアイテムです。喉のケアはそこまで神経質にしていると言う訳ではありませんが、最低限の注意はしているつもりです。ただ、声の調子を整えるにはやはり睡眠が一番ですね(笑)