岡板金 代表取締役 岡孝次
おかこうじ

岡孝次

愛知県生まれA型
職業:岡板金 代表取締役
趣味:サーフィン、家族旅行
座右の銘:やらなきゃ始まらないやらなきゃ終わらない

1975年、愛知県一宮市に生まれる。1991年、高校入学するが、楽しさを見いだせず中退。同年地元の板金屋さんに入社。お世話になる。1999年、人間関係をきっかけに退社。趣味のサーフィン三昧で、時々仕事をするような日々を過ごす。自由な時間が最初は楽しかったが、張り合いやりがいのない日常だと気づく。2002年、愛知県東海市にある板金事業所の下請外注工事業者として個人事業主になる。任されることの嬉しさに気づき、仕事三昧に。2008年、法人として岡板金株式会社を設立。現在に至る。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

入学した高校での生活が何か違うと感じ、ふらふらとした暮らしを送っていたところ先輩から「バイトを紹介してやるから」と紹介されたのが板金屋さんでした。その先輩には「後で型枠大工になってむかえにくる」と言われてましたが、その迎えはありませんでした。板金屋さんの仕事を続けていくうちに、仕事のやりがいや、任されることが嬉しくなりました。その後その板金屋さんでしばらくお世話になりましたが、人間関係をきっかけに辞めることになりました。たまたま、その時の同僚が「岡さんのあとをついていきたい」と申し出てくれたため、さらにやる気が起き、岡板金を始めることになりました。いまでも一緒に働いてくれており、現場を任せられる存在でいてくれて感謝しております。

現在の仕事への想い

仕事を始めてから30年近く経ち、板金に関わる資格はすべて取得し、日々の実務で積み重ねてきた経験も増え、今が職人として一番脂がのっていると自分では感じています。ゼネコン、施主様から満足してもらえる仕事をできるようになったことが一番うれしく感じます。経営者ですが、社長というよりは職人として、体力の続く限りは現場主義でいたいと考えています。職人として、従業員と足並みを揃えて技術や段取りを下の世代、後輩へと伝えていきたいと思います。また、同業の板金屋さんが嫌がるような仕事も板金の仕事であるなら何でもこなせる、請け負えるようになりたいと思っています。板金の仕事は屋根、外壁、樋、それらの下地なども含むため、覚えるにも時間がかかり、またそれを下に伝えるにも時間、経験が必要で、そういう意味では自分はまだ発展途上です!

あなたにとって覚悟とは

覚悟という言葉は正直あまりピンときません。やっていることは、目の前にあることを確実にこなしていくこと。時にはさぼることもありますが、でもそれ以外は日々ストイックに。なによりも、どんなことも継続が一番難しいと思っています。潜在的な覚悟を持っているから、今日まで30年の日々の継続ができているのかもしれません。あとは、自分の後についてきてくれる誰かがいるうちは自分は絶対に引き下がれないという思いでやっています。もし、だれも付いてきてくれなかったら、こんなにも頑張れていないのかもしれません。

カッコイイ大人とは?

現場仕事なのでいろんな職種の人と一緒に仕事をします。その中で職人気質でなんでもできるんだろうなという雰囲気が出ている人はカッコいいと思います。職人ならではの「カチッ」としているかっこよさが出てる人は、どんな仕事をするのか気になります。仕事できるなと思う人は身なりがかっこいいなと思う人です。真似しようと思える人はかっこいいです。

今後の展望

日々をきちんと継続していけば、必ず後から結果がついてくると思っています。以前にした仕事の仕上がりや、仕事のやりかた、自分の人となりが評価されて、次の仕事へつながっていくのが一番のやりがいです。「岡板金さんにおねがいしたい!」ともっと言っていただけるように日々精進していきたいです。また、継続が結果として表れるには時間が必要、簡単にあきらめたり、少しの経験でダメだと判断しないで、とこれからの若い世代の人やうちに今後入社してきてくれる人には伝えていきたいです。今後は自分も少しは歳と経験を重ねた者として、若い世代の成長の何かお役に立てればいいなと思います。

若者へのメッセージ

仕事の楽しさはすぐにはわかりません。継続すれば、できることが増え、誰かに喜んでもらえることが増え、自分が楽しくなります。その楽しさが実感できるまでに諦めないでください。仕事に向き合うには、プライベートを充実させることも必要だと思います。仕事ばかりしなくていいんです!

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

陶芸家 岡崎裕子

陶芸家
岡崎裕子

書道家 武田双雲

書道家
武田双雲

水中写真家 古見きゅう

水中写真家
古見きゅう

お気に入り

Apple Watch

ありきたりですが、現場作業中に電話着信を時計で対応したいと思い購入。デジタル系は苦手分野ですが、購入し使ってみると思ったより簡単で素晴らしく便利でお気に入りです。同時にAirPodsもお気に入りです。

AirPods

ものづくりの仕事なので電話を持っていなくてもAirPodsとApple Watchがあればなんでもできるのでとても便利です!