覚悟の瞬間(とき)

ドラゴン教育革命 代表取締役 坂田聖一郎
さかたせいいちろう

坂田聖一郎

愛知県生まれA型
職業:ドラゴン教育革命 代表取締役
趣味:学び、お笑い、食べ歩き
座右の銘:すべて自分が作り出している

愛知教育大学教育学部卒業。その後、フリーターとなり、東京NSC9期に入学。同期だった現在「しずる」村上純とコンビを結成するも解散。その後、再びフリーターとなるも、愛知教育大学大学院に入学。大学院生の傍ら、定時制高校で非常勤講師として国語を教える。卒業後、愛知県豊田市の正規教員として小学校に勤務。5年目に中学校へ転勤。11年目に中学3年生の学年主任と進路指導を兼務。同年、鴨頭嘉人さんの「話し方の学校」に入学。そこで退職を決意し、3月に正規教員を退職。その後1年間小学校で講師として担任をしながら学び、2020年4月に「楽読(速読)豊田鴨頭スクール」をオープン。2020年7月には「株式会社ドラゴン教育革命」を設立し、代表取締役に就任。8月には単独講演会に100名以上が参加。2021年1月からは「ママタメ集客力の教室」をスタート。2021年9月には「Lステップ正規代理店」となる。2022年2月に、株式会社デンソーの有志団体D-SPRINGsにて500名以上が参加する単独講演会を実施。2022年3月には「ママためコーチング塾」をスタート。

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

10年以上勤めた公立小中学校教師を退職し、楽読(速読)豊田鴨頭スクールのマネージャーになったのは、YouTube講演家の鴨頭嘉人さんに声をかけていただいたからです。その後、鴨頭さんの「話し方の学校」の講師にも就任しました。すると「自分のオリジナルセミナーをやりたい!」という思いが強くなり「ママため集客力の教室」などの講座をリリースしました。その中で「自分の強みをもっと増やしたい!」と公式LINEのパワーアップシステムである「Lステップ」の正規代理店となりました。集客やマーケティングだけでなく、スピーチやコーチング、ライティングなどオールインワンで学べる「ママためコーチング塾」を2022年1月にスタート(予定)。今後は無料で学べる「子どものための学校(仮)」をスタート予定しています。2024年10月には地元豊田スタジアム45,000席を満席にする「ママため革命祭」に向けて、「ママためフェス」を毎年開催していきます。

現在の仕事への想い

子どもたちが毎日笑顔でワクワクできる社会を創ります。そのためにこの命を使い切ります。そんな使命のもと、「ママの笑顔が最高の教育」というコンセプトの会社「株式会社ドラゴン教育革命」を設立しました。そのためには、まずは自分を整えること。次に自分の妻や娘を笑顔にさせること。スタッフとワクワク仕事をすること。お客様と楽しみながら成長していくこと。これらを強くイメージすれば、必ず現実化すると信じ切って仕事をしています。

あなたにとって覚悟とは

11年間続けた教師の仕事を辞めると決心した時です。妻に「学校の先生を辞めて、講演家になりたいんだ」と言うと、即答で「アナタならできるよ」と言われました。その時、「ああ、オレが教育を変えるんだな」と確信し、妻を幸せにながら、学校教育に革命を起こす覚悟を決めました。

カッコイイ大人とは?

自立している人です。外側の情報に左右されることなく、自分の内側とつながっている状態にある人です。他人の評価や情報ではなく、「自分が本当にしたいこと」に常にフォーカスし続け、行動し続ける人こそ、カッコイイ大人です。

今後の展望

3年後の2024年10月に、地元愛知県豊田市にある「豊田スタジアム」45,000席を満席にする「ママため革命祭」を行います!ここに向けて、毎年「ママためフェス」を行ったり、お母さん向けの講演会を行ったり、ママためのセミナーをリリースしたりしていきます!すべては子どもたちの未来のためです。

若者へのメッセージ

1人の例外もなく、若者たちは本当に優秀です。それは10年以上小中学校の教師をしていたおかげでよく分かりました。でも、日本では「若者は未熟者」という価値観のままです。これからは子どもたちや若者から学ぶ時代です。子どもたちの可能性を100%信じる、そんな社会を創ります。そのためには変わるべきは大人たちです。私はこれからも大人たちのマインドから変えていきます。そして、私たちが得た経験を次世代の皆さんに伝えていきます。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

東京医科大学 泌尿器科学分野 教授 大堀理

東京医科大学 泌尿器科学分野 教授
大堀理

スタジアムDJ パトリック・ユウ

スタジアムDJ
パトリック・ユウ

元自転車競技選手 長塚智広

元自転車競技選手
長塚智広

お気に入り

メガネ

やはり顔回りの印象を決定付けるアイテムだからです。普段パソコンやスマホを見る機会が多いため、ブルーライトカットは欠かせません。

ボストンバック

イタリア製の大きなボストンバックです。シンプルなデザインで気に入っています。たくさん収納できるため、出張の際はキャリーケースとともに必ず使っています。