Worldutility 代表取締役 柴山稔樹
しばやまとしき

柴山稔樹

島根県生まれAB型
職業:Worldutility 代表取締役
趣味:ドラム
座右の銘:まごころと損得勘定のバランス

事務所への所属とツアーが決定したタイミングで音楽活動に専念する為17歳の時に高校を中退。バンドメンバーとの方向性の違いによりまさかの1年半後にバンド解散。その後は4年間サラリーマン(2年:地元中小企業、2年:上場企業)をしていたがチャレンジしていない環境は自分らしくないと思い22歳で脱サラをし会社設立。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

正直に言うと完全に成り行きです。一緒に起業した役員と同じ会社に勤めていたのですが、自分で会社を立ち上げたいから脱サラすると言ってきました。実際そのタイミングまでは、起業というワード自体が自分の頭の中にはなかったですし1つの業種、職種を極めたわけではありませんでしたので自信はなかったです。もともとその創業メンバーの役員とは高校時代から一緒にバンド活動を行っていた仲間です。当時から「売れたい」「攻めたい」という気持ちはお互い人一倍強かったので、思い切ってチャレンジする度胸は持ち合わせていたみたいです。

現在の仕事への想い

企業ブランディングを行っている弊社のvalueは「迷ったら面白い方を選べ」です。これを中心にブランディングを行い、弊社Missionである「クライアントバリューを1%以上上げる」を企業使命として仕事をしています。どの案件もクライアント企業の企業価値に関わる大切な仕事なので毎回プレッシャーは半端ないです。長く続く企業ほど舵が切れず苦労しています。ときにはその葛藤に寄り添いながら、企業で大切にされてきた理念や想いを細かく紐解いて、一緒にブランドを作っています。この仕事の醍醐味は、業種を超えて多種多様な企業と関わり、企業の武器となるものを作って貢献することにあります。制作したものが世に出るので、その分結果を求められますが、自分たちが作った戦略がぴったりはまったときの喜びは何物にも代えられません。上手く行くことも、行かないことも様々ですが、クライアントから「会社が変わった」「受注が増えている」「採用応募が増加した」など嬉しい反応はとても達成感が得られますね。

あなたにとって覚悟とは

挑戦もしくは判断そのものが覚悟であり、大小関係なく、すべての判断が覚悟です。そもそも若輩で業界の繋がりもない、ど田舎の会社が他エリアに進出すること自体異次元の判断なので、多大な覚悟の上日々送っています。会社を経営していること自体が覚悟です。そもそも自分みたいなタイプは生きていること自体が覚悟です。

カッコイイ大人とは?

自分がやりたいことに対して常にまっすぐで信念を曲げることなく最後までやり切る人がかっこいいと思います。自分以外の人に対しては、その人に合わせた視点で発言が出来、様々な状況に合わせて適切に柔軟に判断ができる人がかっこいいと思います。

今後の展望

このままの勢いで規模拡大をする事を前提とし、その中でも更に強烈なセクションをどんどん切り離しながらブラッシュアップさせていくことです。要は分社化させてホールディングス化を目指しています。弊社Visionである「志高きものすべてが平等に挑戦できる世界を創る」これの実現に向けてやるべき事をやっていくことが今後の展望です。

若者へのメッセージ

子供たちに対して、かっこいい大人たちがどれだけその姿を見せることができるかにかかってますね。基本的に平等教育から競争意識が低下している子供たちが多いので、「こんな大人になりたい」と、いかに多くの子供たちに思ってもらうことができるかです。過去の日本は先代たちが作ってきた日本であり、今の日本は私たち大人たちが作っている日本なので、明るい未来は導いていけるものではないかと思います。教えても多分わからないので、「魅せる場面」「触れ合う場面」を多くすることにより、子供たちなりに気づきがあると思います。あとは、しっかりその子たちの意見を尊重して時には軌道修正の手助けをしながら導いていくことが日本の明るい未来の実現への近道です。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

元WBA世界スーパーウェルター級暫定王者 石田順裕

元WBA世界スーパーウェルター級暫定王者
石田順裕

元スピードスケート選手 黒岩敏幸

元スピードスケート選手
黒岩敏幸

元宮崎県知事 東国原英夫

元宮崎県知事
東国原英夫

お気に入り

時計

起業したときから6年間ずっと同じ、苦楽を共にしてきた時計です。

スネア

音楽活動を一生懸命しているときに使用していたスネアです。今では社長室のインテリアです。