覚悟の瞬間(とき)

中原眼科 院長 中原将光
なかはらまさみつ

中原将光

東京都生まれA型
職業:中原眼科 院長
趣味:手術
座右の銘:手術道を極める!技術に優るものはない

1978年東京都武蔵野市生まれ。日本眼科学会認定専門医。国立浜松医科大学医学部卒業。東京医科歯科大学眼科、横浜市大センター病院眼科、国際親善病院、県立足柄上病院部長、深作眼科副院長を経てフリーランスの眼科手術専門として活動。全国の医院で高い手術技術を広める。2021年、手術専門の中原眼科を設立。科学と人体の融合したデジタル眼科手術の先駆け。著書に「最高の白内障手術」(幻冬社)。手術における技術力の重要性を発信し続けている。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

幼少期より手先が器用で体力にも自信がありました。子供の時、両親のおかげで勉学に関する環境は整っていました。自分では意識はしていませんでしたが、自然と医師を目指していました。医学部に入学してからは、眼科というものには全く興味がありませんでした。心臓外科や消化器外科、脳神経外科そんなドラマにもなるような格好よく技術で勝負できる科を目指していました。しかしある時、眼科の手術が海外では一番難しいと評価されているという話を聞きました。当時から眼科はマイナー科と言われ、格下に見られていました。しかしながら、手術技術で勝負をする、私の理想の科だと思い選択しました。医師になってからは、ひたすら手術技術を磨けるような環境を選んで現在に至ります。

現在の仕事への想い

医師にとって人としての思いやりや優しさはもちろん重要ですが、それと共に重要なのが技術だと思っています。患者さんは病気を治しにくるわけですから、診断技術も治療技術もしっかりしていなければ意味がありません。もちろん技術だけあっても、思いやりがなければ真の安心を患者さんに与えることはできませんから、両方とも重要です。医療は日進月歩です。そして技術は努力なくして得ることはできません、また技術職には年齢の老いも関係してきます。患者さんが自分へ眼の一生を託してくれることにしっかりと応えることができる日々の努力が重要だと思います。

あなたにとって覚悟とは

今まで何万件も行ってきた手術、その一件一件に患者さんの人生がかかっていて、そのすべての時が覚悟している時だと思います。誰一人、同じ目というものはありません。人の眼にメスを入れるという、限られた医師のみにしか許されていない行為、このことの重さを常に胸に持ちながら、患者さん一人一人に向き合っています。自分自身の手術技術はすでに完成しているものと思っています。しかしながら、人間であるが故のブレや誤差、常に状況に合わせてフィックスさせていくこと、そしてこの技術を維持していくこと、これは日々手術を続けることで得られる物だと思います。

カッコイイ大人とは?

人には優しく、自分に厳しく、博愛の精神を持ち、仕事に一切の妥協があってはいけなく、全ての結果に責任とこだわりをもつ、それが私の理想の大人です。そのためには日々の努力は欠かせず、精神力を鍛える必要もあり、万全の状態で手術に臨むために肉体的なコンディションも管理が重要です。手術において患者さんには次がありません。術中は集中力を絶やさず、強い意志を持って最高の手術を目指すことが重要です。

今後の展望

多くの患者さんに手術をさせていただき維持しているこの技術、より多くの人に提供する義務が私にはあると思っております。最高の技術をもってすれば、最高の結果になるのが眼の手術の良いところです。逆に言えば技術が足りなければダメにしてしまうこともあるのも手術です。だからこそ技術がとても重要です。

若者へのメッセージ

日本国内はもちろん海外、必要だと思うところには自ら足を運ぶ、そしてよく見て観察して習得する。最近はインターネットで現地に行かなくても体験できてしまうことが多いかもしれないですが、その場に行かないとわからないこともたくさんあります。努力なくしては、どんな技術も得ることはできないということ、もちろん効率も大切だけれど、地道に努力することが技術屋にとっては一番の近道だということを知っていただきたいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

バレーボール全日本女子監督 眞鍋政義

バレーボール全日本女子監督
眞鍋政義

フリープロデューサー 木村政雄

フリープロデューサー
木村政雄

ピアニスト 清塚信也

ピアニスト
清塚信也

お気に入り

ダイヤモンドメス

金属のナイフに比べダイヤモンドの切れ味は格別です。ダイヤモンドメスは使用者を選び、高い技術を必要としますが、使いこなせた時の仕上がりは最高のものを提供してくれます。

レンズ

手術を行うにおいて診断技術はとても重要です。目の中のどんな小さいことも見逃さないよう、自分の体の一部として馴染んでいる道具が大切です。