私のカクゴ

IKIZAMA CIO 笠松将志
かさまつしょうし

笠松将志

神奈川県生まれO型
職業:IKIZAMA CIO
趣味:ボクシング、キックボクシング、登山
座右の銘:全て、自分が行動するかどうかで決まる。

立教大学大学院理学部(数学)卒業。新卒で株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)へ入社し、15年勤務。採用支援サービスの営業、マネジメント、営業企画、商品企画、人事採用(RPO)、新規事業立ち上げ(Saasプロダクト)を経て、2021年に卒業。現在は、株式会社IKIZAMAにて、人事(採用)、マーケティング・営業代行、仕組み化(評価制度、フロー整備、マニュアル化等)、事業開発(Saas立ち上げ)の領域で活動中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)に新卒で入り、法人営業、営業企画、プロダクト企画、営業マネジメント、人事(RPO)、Saas事業開発と、多岐に渡るミッションに挑戦させてもらえました。当時は目の前にある役割に対して、必死にもがいているだけでしたが、今思えば、組織が事業を推進していく上で必要な要素を学べたのだと思います。これは単に、知見やスキルだけに限らず、パーパスやビジョンを言語化し、自ら意義や意味をもたせるということもその1つです。売上UP(営業組織)、業務工数やコスト(バックオフィス)、企画やコーポレートの仕組み、制度等、物事を考える上で、切り口を変えて考えることができる点は、特に活用余地が高いです。勿論、営業や人事採用、新規事業の立ち上げなど、実行側の経験もあるので、戦略や戦術を設計する思考だけでなく、オペレーションとして自分でも行動できる点は役に立っています。

現在の仕事への想い

人、組織の生き様を磨き、輝かせたいというのが私の大切にしたいことです。「生き様」とは、全ての人に必ず存在する「在りたい姿」を指し、組織に置き換えると、パーパスやビジョンのようなものです。既に目的が明確ならば、それを磨くお手伝いをします。一方で、自分に自信がもてない、周囲と比較し劣っている、今目の前にやるべきことがあるなど、理由は異なりますが、まだ自信をもって語れない人や、気づかないフリをして振舞っている人の方が多いです。人生1回、全力で楽しんでる方がいいんじゃないかなと。人や環境など外部影響を強烈に受けるのが人間ですが、だからこそ、誰と一緒にいるかが大切だと考えています。そのために、利害関係を超越し、長く一緒に居られる家族のような存在でありたいというのが根底にあります。ビジネスに置き換えると、組織が成長していく過程で必ず通る道として、売上、採用、仕組み、事業開発の4つを整理しました。現在はすぐに貢献できる範囲(営業、人事、マーケティング(web)、事業開発の領域)で活動中です。

あなたにとって覚悟とは

自ら人生の目的を決めて、行動し続けることです。上手くいかないことや、落ち込むこと、イライラすること、人から否定されることなど、起こりうる障壁を想像した上で、それを乗り越えて目的まで到達させてやる、という強い意志や、意義、意味を設定する。これが覚悟です。私の場合は、独立の判断がまさに覚悟です。新卒からお世話になった会社を辞める不安や葛藤を打ち消すために、自らが納得して行動に移すまで言語化したことです。挑戦の過程で、大半のことは上手くいかないと分かっていて、それさえも楽しみ、ワクワクしながら生きていけるのが最大の利点に思えます。人生ワクワク生きる、とか、世界の全員と友達(仲間)になる、世界平和に貢献するなど、こうで在りたいというイメージに近づくように、仮に足を引っ張られたとしても、改善する理由を自分自身において前に進みます。

カッコイイ大人とは?

信念をもち、ずっと笑っていられる人です。もう少し言うと、全てをポジティブに受け入れ、周囲を明るく照らせる人、真剣に馬鹿をやれる人のことですね。まず、大人という言葉を自分なりに定義すると、正や負の感情をコントロールし、ポジティブに活用している人のことを指します。騙したり、自慢したり、おとしめたり、否定したりと自分本位で考える人ではなく、私にとっては、相手ファーストで動ける人が大人ですね。

今後の展望

展望と言うほど大それたことではありませんが、人生楽しい!仕事最高!と言っている人を増やしたいですね。他者に尽くした結果として、自らの幸せにも繋がっている、という人が増えたら理想的ではあります。現在は、採用、評価制度、事業開発、マーケティングに関するご支援が主事業になっていますが、私自身、人や社会にとって必要、という前提があれば事業内容にこだわりはないので、目的からはブラさずに、新しいことへの挑戦が続きます。教育(学校法人)、Saasプロダクト、エンターテーメント等、既に頭の片隅にあるものは実行に移しつつ、仲間の力を借りて、事業を通じて表現、還元していければ最高です。

若者へのメッセージ

今まさに挑戦中の身ではありますが、手段に固執せず、目的重視。人、信念を大切に。そしてすぐ行動をすることが重要です。生きていく上で必要なお金を稼ぐ必要はありますが、お金は手段にしかなりません。何のために、そしてそれを自らの言葉で意義、意味付けしていくことが重要に思います。また、得意、不得意があるはずです。人同士の良いところを組み合わせ、不得意なことは任せてしまう。分からない人には教えてあげればいいし、自分ができないところは学べばいい。とにかく、人の良いところに着眼し、頼る、頼られるの関係がいいです。何より、仲間はたくさんいた方が楽しいですから。そして、結果は行動の先にしか存在しません。僕は新しいことや苦手なことをやるときに、腰が重たいタイプですが、それでも何とか乗り越えようと行動する意識をもっています。やる前は憂鬱な時もありますが、やってみると意外と出来る経験ないですか?やって失敗する心配よりも、やらないで気づかないうちに後退している方が危険、と自分に言い聞かせています。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

弁護士(元農林水産大臣) 山田正彦

弁護士(元農林水産大臣)
山田正彦

元パラリンピック車椅子バスケット選手 京谷和幸

元パラリンピック車椅子バスケット選手
京谷和幸

評論家 石平

評論家
石平

お気に入り

タンブラー

目覚めのブラックコーヒーは、スイッチの切り替えとして重宝。僕にとって、朝一から理系脳を動かすための必須アイテムです。

ボクシンググローブ

健康のために始めたボクシング。スポーツとして奥深く、はまり症の僕に相性ピッタリですね。週4回を維持することで、日常や仕事へも好影響があります。