医療法人社団オーエフシー 理事長、おざさ医院 院長 小笹貴夫
おざさたかお

小笹貴夫

神奈川県生まれ
職業:医療法人社団オーエフシー 理事長、おざさ医院 院長
趣味:食器、旅行、読書
座右の銘:継続は力なり

昭和60年3月聖マリアンナ医科大学卒業。聖マリアンナ医科大学第1外科研修医。研修終了後、昭和62年4月聖マリアンナ医科大学大学院入学、同大学院卒業。平成3年3月、医学博士号取得。イギリスオックスフォード大学へ留学し、帰国後も大学病院での勤務を経て、大病院での患者さんとの接し方、実地医科としての患者さんと密接にかかわる開業医に魅力を感じ、平成12年12月11日に往診・訪問看護を重視した家庭医(かかりつけ医)としての機能を中心とする身近なホームドクターを目指しておざさ医院を開院しました。その後、介護事業を通し、国民の将来を考えると、ファインヴィレッジげんき村で行っている健康事業やコミュニティー作りの重要性を強く感じた。現在、本業である医療・介護事業と健康事業・コミュニティー作りに邁進している。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

研修医になった時、何の力もない私が、患者さんから信頼されるにはどうしたらいいのだろうか?と考えた時、私の持ちうる力を、“すべては患者さんのために”使わなくてはと思いました。そして、私にできる事は、日々の仕事をコツコツ積み重ねる患者さんに感んげんする事、”継続は力なり“の思いでした。そして大学院を卒業し医学博士になった時に、日本国内だけではなく、外の世界を見たいという気持ちが芽生えました。そこでイギリスのオックスフォード大学に留学しました。日本の忙しい生活からイギリスの落ち着いた生活がある事に驚きました。イギリスの学問は、奥が深く、懐も深かった。この経験から、物事は全て、本質、根底、根っこの部分から、紐解いていかなければ、解決の糸口を見つける事は難しいと考えるようになりました。帰国後、臨床では定型的癌治療を行っていましたが、徐々に現代医療への違和感を感じるようになりました。これにより癌と共存するという考え方やホリスティック医療にも興味を持ちました。大学病院退職後、開業医となり、第一線の臨床医として働き、患者さんの事が良く見え、より身近な存在に目を向ける様になっていました。仕事は忙しく、日々の仕事をこなすことで精一杯でした。少し立ち止まると、研修医の時に誓った、”すべては患者さんの為に“がいつも蘇ってきました。

現在の仕事への想い

私のポリーシーは、常に、今、目の前にいる人の事だけを考え、その方に誠心誠意全力を尽くす事です。これまでも“すべては患者さんのために”の思いで、日々の仕事をコツコツ積み重ねることで、継続は力となり、自分の進むべき道が開かれてきました。例えば、氣を整えること。朝から仕事場の氣を清め、空気を入れ替え、患者さんにも職員にも、気持ちの良い仕事場空間を作り、1日を始めて貰う。自分を過大評価せず、背伸びもせず、等身大で自分にできる精一杯の事に最大限の力を出し切る仕事をしています。また、基本が重要です。同じことを何度も何度も繰り返す精神のことです。毎回毎回の診察で、念仏のように同じ食事・運動・生活指導をします。そして、人に頼まれたことは、基本的には断らないのです。すると、やらなければならないことは、直ぐに行動に移す事が出来るようになります。私は世のため人の為になる挑戦を続けていきたいです。

あなたにとって覚悟とは

ファインビレッジげんき村がある所が「世界で一番幸せな街」と言われることを夢見た時に始まり、その実現に向けて日々精進していこうと決めた事が私にとっての覚悟の瞬間です。

カッコイイ大人とは?

人々の幸せを追い求め、目の前に起こる障害にも、改善改良で乗り越え、決めたことをやり遂げるために前進する姿を見せている人は素敵です。

今後の展望

自分が心の底から楽しむことで見えてきたものが私のやるべきことです。“世界を元氣と幸せで充たす”を推し進めていきます。今からは病気を診る医者から健康を診る医者へ。診療所では、病気を診て、ファインヴィレッジげんき村では、健康とコミュニティー作りを行います。すべての村民が幸せを感じ、笑顔があり、自然と共生し、仲間を大切にし、最良の仲間と幸せな世界で生活できる。ファインヴィレッジげんき村の村民であることが、幸せを感じる根源であると思える村になる事。そして、この村が、日本全国、全世界に広がることを夢見ています。

若者へのメッセージ

継続が力になるので、どんな事があっても自分の夢(徹底的に楽しいことをやる)に向かってやり続けて下さい。その先に、自分のやらなければならないことが必ず現れ、更なる楽しい人生を送る事が出来きます。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

脳科学者 澤口俊之

脳科学者
澤口俊之

プロボクシング選手 村田諒太

プロボクシング選手
村田諒太

ジャーナリスト 須田慎一郎

ジャーナリスト
須田慎一郎

お気に入り

招き猫の置物

どんな困難も乗り越える勇気をくれます。

憧れの万年筆

持っているだけで安心できます。