株式会社火の魂カンパニー 代表取締役 野沢賢司
のざわけんじ

野沢賢司

埼玉県生まれB型
職業:株式会社火の魂カンパニー 代表取締役
趣味:ゴルフ
座右の銘:誰だってなりたい自分に必ずなれる

高校卒業後、和食の料理人を目指しロイヤルホテルに就職。社内でも評価され賞を受賞するが2年後退職し、当時得意であったパチンコでプロとなり5年間勝ち続ける。そしてパチプロを卒業し、趣味であったネットゲームに5年間のめり込み、数千万人がプレイしているゲームで世界ランカーとなる。その後30歳になるタイミングでラーメン店を開業する。現在は“誰だってなりたい自分に必ずなれる”をモットーに1人でも多くの人生を変えていける会社に出来るように事業拡大中。

オフィシャルサイト

来歴

1 2 3 4 5 6

なぜ今の仕事に?

きっかけは尊敬する経営者の方との出会いこの時、すでに私には妻子がおり、パチプロで儲けた資金も目減りしていき、それがきっかけで妻が仕事を始めますが、夫の職業欄に何も記載できないと言われ、このままではいけないと思い、尊敬する先輩経営者と出会いました。そこで私の可能性を信じて下さり、これまでの自分の生き方を見直し、今後の人生の為に、今の自分に何が出来るかを真剣に考えました。料理が出来る、ラーメンが好きということから食の道へ進むと決意しました。

現在の仕事への想い

私には大切にしている人生理念(信条)が3つあり、これらは2006年の創業時、自分の生き方として決意したことです。1つ目は身近の大切な人(家族、社員)を幸せにすること、2つ目は一生挑戦し、人生の最後の最後まで生涯成長すること、3つ目は誰だってなりたい自分になれるということ、この生き方は自分が20代生きてきた人生観との反対の考え方です。

あなたにとって覚悟とは

私にとっての覚悟の瞬間は30歳で起業した創業時です。人は人との出会いで自分の人生が変わると思います。自分にとってそれが尊敬する先輩経営者との出会いで、“人生は待っていても変わらない、自分で変わるしかない!”と気づき、そこからどんな人生にしたいかを考えました。自分の決断に納得していることが大切であり、後はその決意したことを“成功にするまで諦めない”ことです。この諦めないと強く心に誓った時、それが覚悟の瞬間です。自分がそうであったように、人は1人じゃない、自分1人で変われない人でも、支えてくれる家族、仲間で変わることが出来ます。

カッコイイ大人とは?

一言でいうと、人の心を動かすことが出来る人です。駅伝(マラソン)の例え話にはなりますが、独走する選手は確かに素晴らしいし、かっこいいです。しかし、私が思うかっこいい大人とは、どれだけ遅くても、最後まで走り続け、絶対に諦めない姿勢を仲間に見せ続けることができる人です。そこには仲間からの支えがあり、仲間の為にも頑張れる強い意志を持っています。圧倒的なリーダーよりも仲間と歩幅を合わせるリーダーに、何でも上手くできるリーダーより、失敗を恐れず一生懸命諦めない姿こそカッコいいリーダーだと思います。人はそういうリーダーの方が心は動きます。自分で決めた事を必死に向き合い我武者羅に自分の人生に挑戦している姿がキラキラ輝いてカッコイイです。

今後に向かって

なりたい自分になれる人を1人でも多くすることが目標です。誰だって幼い時、パイロットになりたい!、お花屋さんになりたい!といった純粋な想い=夢があったと思います。大人になればそれが色んなバイアスにかかってしまい、純粋になりたい自分を見失う人が今の日本には多いです。社会人になると、ああいう大人になりたい!という理想の先輩が自分の夢になると思います。人生は人との出会いで変わります。私と出会い、人の魂に火が着き、成長した私の火の意志を受け継ぐ仲間達が1人でも多くの人に伝承されていくことが目標です。そして弊社ではなりたいと思われる大人を育成していき、仕事を通して、なりたい理想の自分になれる人を多く生み出すことが夢です。

若者へのメッセージ

前向きに挑戦して生きても、後ろ向きに逃げて生きても人生は一度きり。たった一度の大切な貴方の人生だから思いっきり挑戦した人生の方が面白い。私が30歳まで夢もやりたいことも分からないまま生きてきたから、今の若者たちの気持ちは良く分かる。「誰だってなりたい自分に必ずなれる」から、出来ないことにチャレンジして欲しいし、見た事のないものを見たり、行った事のないところに行動を起こして新しい世界に一歩踏み出してほしい。私にも可能性があったように、貴方が行動を起こし続ければ可能性を開花させる「人・物・事」の出会いが必ずあります。私に出会い、誰かの人生に良い影響を与えられる様な人間になりたいです。

おすすめ動画※この動画を見た人はこの人の動画も観ています

作家 里中李生

作家
里中李生

米国NPO法人コペルニク 共同創設者・CEO  中村俊裕

米国NPO法人コペルニク 共同創設者・CEO
中村俊裕

スポーツ庁 長官 鈴木大地

スポーツ庁 長官
鈴木大地

お気に入り

ゴルフクラブ

価値観の合う仲間とゴルフに行くことで、ゴルフを通して多くの人に出会うことができ、お互いを知ることができます。

経営方針書

私が無職の30歳から社長として大切にしてきた考え方を社員に共有するために書き上げた魂の一冊です。